ナチスが最も恐れた男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナチスが最も恐れた男
Max Manus
監督 エスペン・サンドベリ
ヨアヒム・ローニング
脚本 トマス・ノルゼス=ティレル
製作 スヴァイニュン・ゴリモ
製作総指揮 ヨーン・M・ヤコブセン
出演者 アクセル・ヘニー
音楽 トロンド・ビャルクネス
撮影 ガイア・ハルトリ・アンドレセン
編集 アナス・レフン
公開 ノルウェーの旗 2008年12月19日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 110分
製作国  ノルウェー
言語 ノルウェー語
製作費 NOK55,000,000[1]
テンプレートを表示

ナチスが最も恐れた男』(原題:Max Manus)は、2008年制作のノルウェー映画。日本では劇場未公開。

第二次世界大戦中ナチス占領下のノルウェーで反独レジスタンス運動のリーダーとして活躍したマックス・マヌスノルウェー語版を描いた。

ノルウェーのアカデミー賞にあたるアマンダ賞で11部門にノミネートされ、7部門を受賞[2][3]、また、第82回アカデミー賞外国語映画賞ノルウェー代表作品としてノミネートされた。

あらすじ[編集]

1940年フィンランドソ連との戦いに参加していた青年マックス・マヌスは反ナチスの思いから、ナチス占領下のノルウェーに帰国する。

レジスタンス運動に加わったマックスは捕まってしまうがすぐに脱走し、スコットランドに逃げる。そこで破壊工作員としての訓練を受けたマックスは再びノルウェーに舞い戻り、反ナチレジスタンスの中心人物となっていく。

キャスト[編集]

  • マックス・マヌス:アクセル・ヘニー
  • ニコライ・クレーベ・ブロック
  • クリスティアン・ルーベク
  • クヌート・ヨーネル
  • マッツ・エルドーン
  • アグネス・キッテルセン
  • ヴィクトリア・ヴィンゲ
  • キレ・ハウゲン・シドネス
  • オリヴァー・ストコウスキ

脚注[編集]

  1. ^ Selås, Jon (2008年12月17日). “Spår folkevandring til «Max Manus»-filmen”. VG. 2008年12月20日閲覧。
  2. ^ Max Manus - Awards - IMDb
  3. ^ Amanda Awards, Norway (2009)

外部リンク[編集]