ナタンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナタンズ
نطنز
1304年に建立されたアブド・サマド・イスファハーニーの廟
ナタンズの位置(イラン内)
ナタンズ
ナタンズ
座標: 北緯33度30分48秒 東経51度54分59秒 / 北緯33.51333度 東経51.91639度 / 33.51333; 51.91639
イランの旗 イラン
エスファハーン州
ナタンズ郡
人口 (2006)
 - 計 12,060人
等時帯 IRST (UTC+3:30)
 - 夏時間 IRDT(夏時間) (UTC+4:30)

ナタンズペルシア語: نطنز‎、Natanz/Naţanz[1])は、イラン都市エスファハーン州ナタンズ郡の郡都に定められている。2006年当時に行われた国勢調査では、人口12,060人、3,411世帯[2]カーシャーンの南東70kmに位置する。

ナタンズはザグロス山脈に含まれるケルケス(キャスキャス)山地の北側に建ち、町の南西には標高3,895mのケルケス山英語版(Kuh-e Karkas)がそびえる[3]テヘランエスファハーンを結ぶ高速道路のルートからは外れており、カーシャーンとヤズドを結ぶ幹線道路から19km奥まった地点に位置する[3]

ナタンズの特産品としてナシの果実が知られている[4]

イランがイスラーム化される前から、ナタンズはイラン高原中央部の交通の要地となっていた[3]。ナタンズに存在する霊廟はスーフィーのアブド・サマド・イスファハーニーの墓として知られている[4]。霊廟はアブド・サマドの弟子であるイルハン朝ワズィール(宰相)ザイヌルディーンによって建立されたものである。1304年から現在に至るまで複数回行われた増築・修復によって、霊廟にはハーンカームカルナスといった設備が増築されていった。また、ナタンズにはセルジューク朝時代の遺構も多く残る[3]

核施設[編集]

ナタンズ核施設に設置された高射砲

町の北北西30kmの地点にはナタンズ核施設が置かれ、主要な高速道路の近くに位置している。ナタンズ核施設は現在19,000基を超える遠心分離機が稼動するイラン中央のウラン濃縮施設であり、半数近くの遠心分離機によって六フッ化ウランが供給されていると一般に認められている。[5]

2002年8月にイラン国民抵抗評議会によってナタンズで核燃料製造施設の建設が秘密裏に進められていることが明らかにされ、イラン政府は原子力関連の施設の建設が事実であることを認め、平和的目標のために建設したものだと主張した[6]。翌2003年2月に国際原子力機関(IAEA)にナタンズのウラン濃縮施設を正式に申告し、IAEAによる施設の検証活動が開始された[6]。 ヨーロッパ諸国との交渉を経て、2004年7月にナタンズ核施設でのウランの濃縮は停止された。しかし、2006年にイラン政府はウランの濃縮の再開を発表した。2007年1月にイラン政府はナタンズ核施設での3,000基の遠心分離機の設置作業を開始したことを明らかにした[7]

2013年1月にイラン原子力庁長官のフェレイドン・アッバシ・ダバニから「ナタンズでは5%の濃縮ウランの製造を続けており、ナタンズとフォルドでわが国の需要を満たすだけの20%の濃縮ウランの製造を続ける」という旨の声明が出された。2013年11月にイラン政府とP5+1英語版の間に成立した共同行動包括計画の合意の一環として、IAEAによる日常的なナタンズ核施設の検査が承認される[8]

2015年7月にイラン政府はEU3+3(アメリカイギリスフランスドイツロシア中国)と包括的共同作業計画に合意し、ナタンズの遠心分離機の規模、ウラン濃縮度などに制限が課された[9]

脚注[編集]

  1. ^ ナタンズはGEOnet Names Serverこのリンクで見つけることができる。特別な検索ボックスを開け、「Unique Feature Id」で「-3076691」を入力し、「Search Database」をクリックする。
  2. ^ "Census of the Islamic Republic of Iran, 1385 (2006)". Islamic Republic of Iran. Archived from the original (Excel) on 2011-11-11. 
  3. ^ a b c d 鈴木「ナタンズ」『世界地名大事典』3、699-700頁
  4. ^ a b Bamford, James. "The Secret War." Wired. June 12, 2013. "2. Retrieved on June 14, 2013.
  5. ^ Implementation of the NPT Safeguards Agreement and relevant provisions of Security Council Resolutions 1737 (2006), 1747 (2007) and 1803 (2008) in the Islamic Republic of Iran, September 15, 2008 (PDF)”. 2012年6月19日閲覧。
  6. ^ a b イランの核問題(2015年12月閲覧)
  7. ^ <イラン核問題>遠心分離機3000基の設置を開始、政府高官 - イラン(2015年12月閲覧)
  8. ^ “Iran nuclear deal: Key points”. BBC News. (2013年11月24日). http://www.bbc.co.uk/news/world-middle-east-25080217 2013年11月25日閲覧。 
  9. ^ https://www.jaea.go.jp/04/iscn/archive/nptrend/nptrend_01-06.pdf(2015年12月閲覧)

参考文献[編集]

  • 鈴木均「ナタンズ」『世界地名大事典』3収録(朝倉書店, 2012年11月)