ナタリア・マーマドワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナタリア・マーマドワ
Natalya Mammadova
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン
生年月日 (1984-12-02) 1984年12月2日(32歳)
出身地 ソビエト連邦の旗 ドネツィク
ラテン文字 Natalya Mammadova
身長 195cm
体重 75kg
選手情報
所属 スイスの旗 VBCチューリッヒ
ポジション WS
スパイク 305cm
ブロック 298cm
テンプレートを表示

ナタリア・マーマドワ(Natalya Mammadova, 1984年12月2日 - )は、アゼルバイジャン国籍の女子バレーボール選手。ソビエト連邦ドネツィク出身(現在のウクライナ、当時のウクライナ・ソビエト社会主義共和国)。ポジションはウイングスパイカーバレーボールアゼルバイジャン女子代表

来歴[編集]

2004年にアゼルバイジャン国籍を取得し、アゼルバイジャン代表となる。

2005年2005年バレーボール女子欧州選手権で4位入賞の原動力となり、同年に開催された2006ワールドグランプリ欧州予選と世界選手権のヨーロッパ大陸予選の1位突破に大きく貢献する。

195cmの長身から繰り出される独特のフォームで重厚なスパイクを決め、代表チーム内でも圧倒的なスパイク数で得点を量産する。

欧州チャンピオンズリーグでは2004-05年から2006-07年にかけて3大会連続でベストスコアラーに輝いている。2004-05年大会ではベストスパイカーも受賞している。

その後代表チームではレフトでレセプションに参加するようになる(今までは攻撃専門)。理由は198㎝のポリーナ・ラヒモワや200㎝のヤナ・マティアソフスカ=アガエワなどの長身で攻撃専門の選手を同時にコートに起用する為だった。しかし守備が不安定である為に、対戦国からサーブを集中的に狙われ、今までのような強力な攻撃力は息を潜めてしまい、アゼルバイジャン代表も低迷し始めている。

2010年から所属するラビタ・バクーではキャプテンを務めている。

キャプテンとして代表に招集され、2014年早々に行われた世界選手権の欧州予選では、セルビアを破る快挙で2大会ぶりに出場権を獲得。全日本と同組に入り対戦する。

所属クラブ[編集]