ナタリア・ギンズブルグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナタリア・ギンズブルグ
Natalia Ginzburg
誕生 1916年7月14日
イタリアの旗イタリアシチリアパレルモ
死没 1991年10月7日(満75歳没)
フランスの旗フランスパリ
職業 小説家
配偶者 レオーネ・ギンズブルグ英語版
子供 カルロ・ギンズブルグ
テンプレートを表示

ナタリア・ギンズブルグNatalia Ginzburg1916年7月14日1991年10月7日 )は、イタリア人小説家である。「ナタリーア・ギンツブルグ」と表記されることもある。

1916年、イタリアのシチリアパレルモ生まれ。17歳の時、短篇「不在」を文芸誌「ソラリア」に発表する。

1942年、最初の長篇小説『町へゆく道』を刊行。

1963年にストレーガ賞を受賞した。

息子は歴史家カルロ・ギンズブルグ

随筆家の須賀敦子は「書くという私にとって息をするのとおなじくらい大切なことを、作品を通して教えてくれた、かけがえのない師」(『トリエステの坂道』)として、ナタリアに私淑していた。

受賞歴[編集]

  • ヴェイロン賞 1952年『わたしたちのすべての昨日』
  • ヴィアレッジョ賞 1957年『ヴァレンティーノ』
  • ストレーガ賞 1963年『ある家族の会話』

主な作品[編集]

小説[編集]

  • La strada che va in città 『町へゆく道』1942年
  • È stato così(The Dry Heart) 『こんな風でした』1947年
  • Tutti i nostri ieri(A Light for Fools,All our yesterdays) 『わたしたちのすべての昨日』1952年
  • Valentino 『ヴァレンティーノ』1957年
  • Sagittario 『射手座』1957年
  • Le voci della sera(Voices in the Evening) 『夜の声』1961年
  • Le piccole virtù(The Little Virtues) 『小さな美徳』1962年
  • Lessico famigliare(Family Sayings)『ある家族の会話』1963年
  • Mai devi domandarmi(Never must you ask me) 1970年
  • Caro Michele 1973年
  • Vita immaginaria 1974年
  • La famiglia Manzoni『マンゾーニ家の人々』1983年
  • La città e la casa(The City and the House)『モンテ・フェルモの丘の家』1984年

ドラマ[編集]

  • Ti ho sposato per allegria (1965)
  • L'Inserzione(The Advertisement) (1969)

日本語訳された作品[編集]

  • 『拝啓ミケーレ君』 千種堅訳、早川書房、1982年
  • 『ある家族の会話』 須賀敦子訳、白水社、1985年
  • 『マンゾーニ家の人々』 須賀敦子訳、白水社、1988年
  • 『モンテ・フェルモの丘の家』 須賀敦子訳、筑摩書房、1991年
  • 『わたしたちのすべての昨日』 望月紀子訳、未知谷、2014年
  • 『夜の声』 望月紀子訳、未知谷、2016年
    • 「こんな風でした」「夜の声」「わたしの夫」を収録
  • 『町へゆく道』 望月紀子訳、未知谷、2016年
    • 「ヴァレンティーノ」「射手座」「町へゆく道」「母親」「不在」「海辺の家」を収録