ナジョージュヌイ (砕氷艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ナジョージュヌイ
クラースヌイ・オクチャーブリ
カピターン・ダヴィードフ
ダヴィードフ
KrasnyyOktyabr1924ostrovVrangel.jpg
1924年のヴランゲリ島探検の際に撮影された
氷上の砲艦クラースヌイ・オクチャーブリ
艦歴
ナジョージュヌイ
Надежный
起工 1896年 ブルマイスター&ヴァイン造船所
進水 1896年11月12日
竣工 1897年5月27日
所属 Naval Ensign of Russia.svg ロシア帝国海軍太平洋艦隊
Naval Ensign of Japan.svg 大日本帝国海軍(1918年6月20日 - )
除籍 1921年1月
修復 1922年10月 - (赤軍による)
クラースヌイ・オクチャーブリ
Красный Октябрь
編入 1924年2月27日
所属 Red Army flag.svg 赤色海軍太平洋艦隊
カピターン・ダヴィードフ
Капитан Давыдов
改称 1925年
所属 Red Army flag.svg 赤色海軍太平洋艦隊
ダヴィードフ
Давыдов
所属 Red Army flag.svg 赤色海軍太平洋艦隊
Naval Ensign of the Soviet Union.svg ソ連海軍太平洋艦隊
退役 1956年
除籍 1957年5月21日
要目
艦種 港湾砕氷艦砲艦
艦型 ナジョージュヌイ級
排水量 1525 t
全長 54.9 m
全幅 12.9 m
喫水 3.9 m
機関 垂直2倍膨張式蒸気機関 1 基
出力 2920 hp
シリンダー 4 基
スクリュー 1 基
電源 ディーゼル発電機BTU-63 2 基
発電 52900 kWt
速力 最大速度 13.5 kn
公試速度 14.9 kn
航続距離 2040 nm/9 kn
乗員 士官 4 名
水兵 42 名
武装 120 mm単装(1924年時) 4 門
装甲 なし
砕氷装備 幅183 m、厚さ25.4 mmの鋼板

ナジョージュヌイ(ロシア語:Надежныйナジョージュヌィイ)は、ロシア帝国の港湾砕氷艦(Портовый ледокол)である。艦名は「頼りになる」といった意味のロシア語の形容詞である。

概要[編集]

1896年コペンハーゲンブルマイスター・ウント・ヴァイン造船所で起工された。同年11月12日には進水1897年5月27日には竣工した。艦はデンマーク人の指揮の下スエズ運河を経由してヴラジヴォストークへ回航され、太平洋艦隊に編入された。

1904年から行われた日露戦争では、ナジョージュヌイは非力ながら太平洋艦隊の1艦として活動した。

1917年ロシア革命が勃発すると、1918年春には港は放棄された。6月20日にはシベリア出兵の干渉軍によって捕獲され、1921年1月には干渉軍によって艦隊から除籍された。

1922年10月には、赤軍の手によって復旧された。1924年2月27日には「十月」という意味のクラースヌイ・オクチャーブリ(Красный Октябрьクラースヌィイ・アクチャーブリ)と改称され、砲艦に種別を変更された。このときの武装は、日本製の120 mm4 門であった。

7月20日には、全ロシア中央執行委員会の革命名誉称号を受けた。同日から10月29日にかけて、ボリース・ダヴィードフの指揮下、クラースヌイ・オクチャーブリはヴランゲリ島に赤軍部隊を上陸させ、この地を占領した。

この偉業を讃え、1925年には艦名がカピターン・ダヴィードフ(Капитан Давыдовカピターン・ダヴィーダフ)に変更された。のち、艦はたんにダヴィードフ(Давыдов)と呼ばれるようになった。

1925年3月2日からダヴィードフは港湾警備に就いた。1926年には、種別が港湾砕氷艦に戻された。

大祖国戦争時には、武装の上、砕氷任務を伴う実戦活動に投入された。1943年9月10日から12月11日にかけては、カナダバンクーバーにてオーバーホールを施工された。

1956年には実用から外され、保管状態に入れられた。1957年5月21日には海軍より除籍された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]