ナゴヤ球場正門前駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ナゴヤ球場正門前駅
駅入口(1994年9月21日撮影)
駅入口(1994年9月21日撮影)
なごやきゅうじょうせいもんまえ
Nagoyakyūjōseimon-mae
名古屋 (2.5km)
(5.5km) 名古屋港
所在地 名古屋市中川区露橋二丁目
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 東海道本線貨物支線
(通称:名古屋港線
キロ程 0.7km(山王信号場起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1987年昭和62年)7月1日
廃止年月日 1994年平成6年)10月8日
備考 臨時駅
テンプレートを表示

ナゴヤ球場正門前駅(ナゴヤきゅうじょうせいもんまええき)は、愛知県名古屋市中川区露橋2丁目の東海道本線の貨物支線(通称:名古屋港線)上に、1987年7月1日から1994年10月8日までナゴヤ球場による野球観戦者の便を図って設置されていた臨時駅(現在は廃駅)。最終営業当日は、ナゴヤ球場で10.8決戦があったことでも有名。(後述)

駅設置の経緯[編集]

ホーム(1994年9月21日撮影)

現在、中日ドラゴンズホームグラウンド名古屋市東区にあるナゴヤドームとなっているが、それが完成する1996年までは名古屋駅 - 金山駅間で東海道本線中央本線東海道新幹線名鉄名古屋本線などから眺められる中川区のナゴヤ球場であった。

名古屋鉄道では、1944年に開業した名古屋本線上にある山王駅1956年 - 1974年の間「中日球場前駅」、1975年 - 2005年の間「ナゴヤ球場前駅」と改称し、試合開催日には特急・急行電車を臨時停車させるなどして輸送に努めていた。

1987年4月1日国鉄分割民営化によって発足した東海旅客鉄道(JR東海)では、名鉄線より球場に近いところを通っている日本貨物鉄道(JR貨物)の名古屋港線貨物線)の第二種鉄道事業を取得してこの観客輸送に加わろうと考えた。これは、同年のシーズン入り前に、落合博満日本プロ野球界初の1億円プレーヤーとして中日入団を決めていたことも契機となったと考えられる[1]

この構想はこの時が初めてではなく、昭和20 - 30年代にも球場近くに仮設ホームを置いて、貨物列車最後部に客車を増結する形で観客輸送を行っていたことがあった。初は1949年(昭和24年)10月の日米親善野球試合の際で、この時は「中日球場前駅」を名乗っていたという。しかしこの時はデーゲームに限られたものであり、更に運行本数も日1往復と微々たる物であったため、同線の貨物列車削減と共にいつしか消滅した。

駅概要[編集]

駅名が示す通り、この貨物線は一番距離の短い所ではナゴヤ球場から徒歩1分の所を通っていたため、JR東海では新幹線の高架脇で、同線と球場前の道が交差する現在踏切となっている所から南側にかけて、長さ135mの6両編成停車可能なプラットホームを設置した。名鉄のナゴヤ球場前駅から球場へは徒歩で10分程度を要していたため、利便性ではこちらが上であった。

なお、名古屋港線は東海道本線の支線という扱いではあるが、名古屋港線の分岐点である山王信号場中央線上にあるという性格上、当駅行きの列車は中央線を通らなければならなかったため、名古屋駅から当駅行きの臨時列車の標示は中央線の発車標上に表示されていた[要出典]

臨時駅ということもあって、ホームは新幹線高架に接する側に片面のみ、鉄骨で組んだという簡素なものであったが、帰り客への対応をかねて切符売り場も設置されていた[要出典]。主要駅から当駅までの通し運賃は開業時、名古屋駅からが140円、岡崎駅からが700円、勝川駅尾張一宮駅からが300円、岐阜駅からが540円、桑名駅からが460円であった[1]。 この運賃は1989年(平成元年)4月1日の消費税添加により改定されている。なお、当時は名古屋駅から140円で行ける(すなわち3km以内の)常設駅は存在しなかったため、正門前駅営業日のみ名古屋駅からナゴヤ球場正門前の片道および往復乗車券が券売機でおよび窓口で発売された。※券売機では普段はボタンにプラスチックの蓋をしていた。窓口では1991年(平成3年)まで硬券を発売していた。

JRの特定都区市内制度の「名古屋市内」駅としての取り扱いは名古屋港線が貨物会社線という事もあり、行われていなかった[2]

運行[編集]

同線の分岐点は、前述したように名古屋駅から中央本線の線路を1.8km進んだ所にあった山王信号場であり、そこから当駅までは0.7kmに過ぎなかった。しかし、当駅には折り返し設備が無いため、当駅南にある八幡信号場か、5.5km離れた名古屋港駅まで回送させて折り返していた[要出典]。輸送は、試合開始前は名古屋駅から当駅へ、試合後半からは当駅から名古屋駅方面への一方的なものになるため、車両留置も名古屋港駅で行っていた[要出典]

中日 - 広島戦が開催された1987年7月1日に当駅は営業を開始した。

当初当駅行き列車は5本が設定されたが、下りの名古屋駅行きについては、試合の経過具合によって6つのパターンが用意され、8回終了前頃からほぼ10分間隔の運行とした。なお、「JR時刻表」には試合が大幅に延びた場合は試合終了前に運行を打ち切ることがある旨が記載されていた。

JR東海では、名鉄ナゴヤ球場前駅の利用客の数%の移行を予想していたが、実際には球場の目の前にあるという便利さから、開業初日から名鉄利用客の1割程度が流れる[3]など利用率は高く、2 - 3割が名鉄利用から流れたとも言われた[要出典]

車両は、貨物線が非電化であったことから高山本線直通急行列車のりくら」に使用されていたキハ58系や、1992年まで紀勢本線特急列車南紀」に使用され、余剰になっていたキハ82系を使用した。特に後者に関しては、「南紀」がキハ85系に置き換えられて定期運用から外れた以後もキハ82系が運用されていたことで鉄道ファンからも注目され、更に元特急車両グリーン車も無料開放したことから、普通列車としてはグレードの高いものとなった(キハ58系のグリーン車も同様)。

なお、同線は日本貨物鉄道(JR貨物)が保有する路線であり、JR東海はJR貨物に線路使用料を支払う形で運行されていたが、前述の車両回送の都合で、営業区間0.7kmのみでなく名古屋港線全区間の6.2kmを営業線として計算していた。

尾頭橋駅への交代[編集]

この駅は予想以上の好評となり、地元民からは常設駅にしてほしいという要望があがった。当時ナゴヤドームの建設が始まっていたが、中央競馬の場外馬券売場であるウインズ名古屋に近いこともあって、利用者は見込めると考えたJR東海は、東海道本線の本線上に尾頭橋駅を設置することを決定し、1995年3月16日に開業させた。

これに伴って本駅はその使命を終え、1994年10月8日のシーズン終了をもって廃止となった。なお、最終日は中日 - 巨人戦で勝利したほうがセントラル・リーグ制覇という、同率首位チーム同士(両チームの勝敗数も69勝60敗)の運命の直接対決「10.8決戦」の当日であった。そのため観客数は相当な数となり、またお別れを記念しての式典も行われた[4]。なお、この試合で中日が勝利してリーグ優勝していた場合は日本シリーズ開催期間まで営業を延長する予定であったが、中日が敗れたため当初計画通り同日限りで廃止となった[4]。開業から廃止までの約7年(2656日)間、約5600本の列車が運行され、約200万人の乗客を運んだ[4]

隣の駅[編集]

名古屋駅 - (山王信号場) - ナゴヤ球場正門前駅 - (八幡信号場) - 名古屋港駅

廃駅後の状況[編集]

駅の出入り口である「ナゴヤ球場正門前駅」の駅名板がかかっていた高架線には「尾頭橋駅」への案内表示が代わりに置かれ、ホームが撤去された跡は歩行者と軽車両が通行できる踏切となった。しかし、壁の一部に現役当時に描かれた選手の絵が残されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b 中日新聞1987年6月18日 夕刊第二社会面 8頁「観戦JR列車に免許 来月からナイター開催日 ナゴヤ球場」
  2. ^ 他のJR線の特定都区市内区間にある臨時駅では、かつて仙山線西仙台ハイランド駅八ツ森駅が長期休業中ながら「仙台市内」駅に含まれていた。
  3. ^ 鉄道ジャーナル』第21巻第11号、鉄道ジャーナル社、1987年9月、 125頁。
  4. ^ a b c 朝日新聞』1994年10月8日朝刊 東海総合面 29頁「今日でお別れ『ナイター列車』新駅開業で役目終える