ナガンM1895

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナガンM1895
MWP Nagant.JPG
ナガンM1895
ナガンM1895
種類 回転式拳銃
製造国 ベルギーの旗 ベルギー
ロシア帝国の旗 ロシア帝国(ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦)
設計・製造 ナガン社
トゥーラ造兵廠
イズマッシュ
仕様
種別 回転式拳銃
口径 7.62mm
銃身長 114mm
使用弾薬 7.62x38mmナガン弾
装弾数 7発
作動方式 ダブルアクション
全長 230mm
重量 750g
銃口初速 272m/s
有効射程 50m
歴史
設計年 1895年
製造期間 1895年-1945年
配備期間 1895年-
配備先 ロシア軍
関連戦争・紛争 日露戦争
第一次世界大戦
第二次世界大戦など
テンプレートを表示

ナガンM1895は、1890年代初期にナガン兄弟によってベルギーで開発された回転式拳銃である。

概要[編集]

ナガン兄弟は兄であるエミール・ナガン(Emile Nagant)と弟であるレオン・ナガン(Leon Nagant)の2人を指す。ナガンのリボルバースウェーデンポーランドなど多くの国で使用されたが、最も熱心な顧客はソビエト連邦(後のロシア)であった。M1895という名前はロシア政府が採用した年が1895年であったことに由来している(ベルギーから輸出されたのは1898年)。

口径は7.62mmで、弾丸は専用の7.62x38mmナガン弾を使用する。装弾数は当時としては珍しい7発であり、ダブルアクションタイプのリボルバーであった。本銃の特徴として、回転弾倉の内側にガスシーラーとして機能する円柱状のパーツがあることがあげられる。撃発と同時にカートリッジごとガスシーラーは前進してバレルシリンダーの隙間をふさぐ。さらに、ナガン弾は弾頭の周囲をカートリッジがすっぽり覆っていて、激発と同時に発射ガスによりこのカートリッジのふちが広がり、バレルの内側に密着し、ガスの漏れを防ぐ。このため、リボルバーの最大の弱点である燃焼ガス漏れがほぼ完全に解消でき、弱装弾であっても十分に使用することができる。また、この特異な機構により、リボルバーとしては珍しくサプレッサーが使用可能である。サプレッサーはブラミット・デバイス(Bramit device)と呼ばれ、後の赤軍ソ連軍将校特殊部隊が使用したという。ハンマー露出式だがダブルアクションのみで使用とされており、ハンマーから長く伸びたファイアリングピンを折りたたむことで安全に携行できる(馬上での使用のため、ダブルアクションが重宝されたと言われる)。

しかしながら、本銃はシリンダーをスイングオープンできないタイプの旧式リボルバーであり(装填・排莢は右側のローディングゲートから1発ずつ行う)、S&Wコルトのリボルバーがスイングオープンを採用した1900年代初頭にはすでに時代遅れの銃となった。しかし、社会主義体制下のソ連では1930年まで標準的な拳銃であり、後継のトカレフTT-33と共に1950年頃までは生産が続けられたと言われている(第二次世界大戦時にはドイツの拳銃は9mm口径アメリカの拳銃は45口径(11.43mm)が標準であったのにも関わらずである)。その後もスポーツタイプとして7.62mm弾と.22LR弾を使用するタイプが作られたとされるが、詳細は不明である。

バリエーション[編集]

  • 詳細は不明
  • レッド・アーミー・スペシャル
ダブルアクションオンリーの改造型。一説にはサプレッサー標準装備。

登場作品[編集]

映画[編集]

シャーロック・ホームズ
サプレッサー装備のものが登場。
スターリングラード (2001年の映画)
ソビエト軍将校が使用。

漫画[編集]

『独立戦車隊』
「ウクライナ混成旅団~幻の豹」にて、UPA幹部のリアシェンコの主武器として登場。暴動の際、赤軍看守1名を本銃で射殺する他、スパイとしてUPAに潜伏していた遠藤を射殺する際にも使用。

小説[編集]

ホワイトアウト
過激派グループ「赤い月」残党がAK-47とともにロシアから密輸して使用。漫画版ではトカレフTT-33に変更されている。

ゲーム[編集]

Red Orchestra 2 Heroes of Stalingrad
Team Fortress 2
メダル・オブ・オナー アライドアサルト リロード

関連項目[編集]

外部リンク[編集]