ナイルの放物線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ナイルの放物線(ナイルのほうぶつせん、英語:Neil's parabola)とは、自由落下する物体地球自転の影響を受けて描く経路(曲線)のことである。名前はイギリス数学者ウィリアム・ニールにちなむ。

方程式[編集]

落下の初期位置を含む鉛直線地表の交点を原点とし、鉛直上方にz軸、の方向にy軸をとると、落体が描く経路は、

という方程式で表される。ここで、

である。

関連項目[編集]