ナイト・マネジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナイト・マネジャー
The Night Manager
著者 ジョン・ル・カレ
訳者 村上博基
発行日 イギリスの旗 1993年6月28日[1]
日本の旗 1994年7月
発行元 イギリスの旗 Hodder & Stoughton
日本の旗 早川書房
ジャンル スパイ小説
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
形態 ハードカバー
ページ数 443
前作 影の巡礼者 (1990年)
次作 われらのゲーム (1996年)
コード ISBN 0-679-42513-6
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ナイト・マネジャー』(The Night Manager)は、、イギリスの作家、ジョン・ル・カレが1993年に発表したスパイ小説および同名のテレビドラマシリーズ。本国イギリスではベストセラー2位、アメリカでは『ニューヨーク・タイムズ』のベストセラー・リスト3位に輝いた[2]

イギリスBBC Oneアメリカ合衆国AMCの共同制作によりトム・ヒドルストン主演でテレビドラマシリーズ化された。2016年から放送されている。

テレビドラマ[編集]

ホテルのナイト・マネジャー(夜間支配人)で元イギリス軍兵士であるジョナサン・パイン(トム・ヒドルストン)は英情報機関のスパイとなり、武器業者に潜入して違法な武器取引を暴こうとする。

1993年に刊行された同名の小説に基づくが、舞台を現代に移している。2016年のプライムタイム・エミー賞の監督賞と作曲賞、ゴールデングローブ賞のドラマ部門主演男優賞、助演男優賞、助演女優賞を受賞している。2017年3月、シーズン2の製作が発表された[3]

日本では全6話を全8話に編集してAmazonビデオで配信された。2018年4月よりBSテレビ局のDlifeにて放送。

シーズン1のあらすじ[編集]

2011年のエジプト革命のさなか、カイロのネフェルティティ・ホテルでナイト・マネジャーを務めていたジョナサン・パインは、地元の有力者フレディー・ハミドの愛人ソフィーと親しくなり、武器業者リチャード・ローパーの違法な武器取引の情報を英国情報部の国際執行機関に通報する。だが情報が洩れてソフィーは殺される。

4年後、ツェルマットのホテルでナイト・マネジャーとして働くパインは、ローパーと再会する。戦争の残虐性を知り、ソフィーの復讐を望むパインは再び国際執行機関に情報を渡し、バーの勧誘を受けてスパイとなる。新たな身分を得たパインは、イギリスで故意に暴力事件を起こして経歴を偽装する。バーとアメリカ国務省のステッドマンは密かに協力してローパーを倒すための計画"リンペット"を実行する。マジョルカでローパーの息子ダニエルの誘拐が仕組まれ、パインは重傷を負いながらダニエルを救い出してローパーに恩を売る。回復したパインは、ローパーの右腕のコーキーに疑われながらもローパーの仲間に加わる。

バーはローパーの弁護士であるアポーストルに接近する。MI6CIAはリンペットを妨害しようとし、バーの上司である英国外務省のメイヒューを脅迫する。パインは、トレードパス社を隠れ蓑にした農業機械に偽装した武器取引の情報をバーに伝える。ローパーは酒癖の悪いコーキーからトレードパス社の経営を取り上げてパインに任せる。パインはローパーの愛人のジェドと親しくなる。バーは、MI6のドロムグールとCIAのヴァンドンがローパーから賄賂を受け取っていることを知る。だが外務次官はバーに知られたことをドロムグールに伝え、情報漏洩を疑われたアポーストルが殺される。バーは安全のためにパインを離脱させようとするがパインは拒否する。

ローパーの一行はトルコに設けた基地に行き、顧客に売り物の武器を見せる。英米両政府の上層部はリンペットをつぶそうとする。メイヒューは異動させられ、ステッドマンは帰国させられる。ローパーは情報漏れを疑い、基地にジェドも呼び寄せる。パインは夜に基地を抜け出してバーに武器運搬の情報を伝え、それを見とがめたコーキーを素手で撲殺する。バーの奔走によりアメリカ軍がトラックの一団をシリア国境で止めて監査するが、積み荷に武器は見つからない。失敗を犯した国際執行機関は閉鎖され、バーの夫が襲われて重傷を負う。

ローパーの一行はカイロのネフェルティティ・ホテルに移動し、ハミドの立ち合いのもとで武器取引をまとめる。パインから連絡を受けたバーはステッドマンとともにカイロに来て、ジェドが突き止めた金庫の暗証番号で武器密輸の証拠となる積み荷の書類を盗み出す。パインはハミドからソフィーが自分をかばったために死んだと聞き出し、ハミドを殺す。パインは書類を使って積み荷を調べ、爆弾を仕掛けたうえで代金の3億ドルを口座から引き出す。ジェドの裏切りを知ったローパーはジェドを拷問させるが、バーが救出する。パインは武器の買い手の目の前で積み荷を爆破し、ローパーは3億ドルの前金を返却できない羽目になる。内通の証拠を突き付けられたドロムグールは、助けを求めるローパーの電話を無視する。ローパーの一味はエジプト警察に逮捕されるが、護送の警察車を運転するのは怒った武器購入者で、それに気づいたローパーは狂乱する。ジェドは息子に会うためにアメリカに戻り、パインに見送られる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

ジョナサン・パイン (Jonathan Pine)
演 - トム・ヒドルストン中川慶一
ホテルのナイトマネジャー(夜間支配人)。元英軍兵士、のちにスパイ
リチャード・ローパー (Richard Onslow Roper)
演 - ヒュー・ローリー家中宏
武器業者の億万長者
アンジェラ・バー (Angela Burr)
演 - オリヴィア・コールマン高尾まみ
国際執行機関員
コーコラン(コーキー) (Major "Corky" Lance Corkoran)
演 - トム・ホランダー佐々木義人
ローパーの右腕
ジェド・マーシャル (Jemima "Jed" Marshall)
演 - エリザベス・デビッキ堀越知恵
ローパーの愛人
ラングボーン卿/アレクサンダー・"サンディ"・ラングボーン (Alexander "Sandy" Langbourne, the Lord Langbourne)
演 - Alistair Petrie
ローパーの仲間
ラングボーン卿夫人/キャロライン・ラングボーン (Caroline Langbourne, Lady Langbourne)
演 - Natasha Little
ラングボーン卿の妻
レックス・メイヒュー (Rex Mayhew)
演 - Douglas Hodge
外務省の官僚。バーの上司
ジョエル・ステッドマン (Joel Steadman)
演 - デヴィッド・ヘアウッド
武器業者を取り締まる米国務省職員
ジョフリー・ドロムグール (Geoffrey Dromgoole)
演 - トビアス・メンジーズ
MI6の幹部
ジュアン・アポーストル (Juan Apostol)
演 - アントニオ・デ・ラ・トーレ
ローパー弁護士。スペイン人
ロブ・シンハル (Rob Singhal)
演 - Adeel Akhtar
バーの部下
フリスキー (Frisky)
演 - Michael Nardone
ローパーの手下

脚注[編集]

  1. ^ The Night Manager by John le Carré - Goodreads
  2. ^ アダム・シズマン『ジョン・ル・カレ伝 <下>』加賀山卓朗、鈴木和博訳、早川書房、2018年5月25日、265-266頁。
  3. ^ BBC wins rights to make second series of The Night Manager starring returnees Tom Hiddleston and Olivia Colman”. The Sun (2017年3月8日). 2017年5月9日閲覧。

外部リンク[編集]