ナイト・ウォッチ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナイト・ウォッチ
Ночной дозор
監督 ティムール・ベクマンベトフ
脚本 レータ・カログリディス
ティムール・ベクマンベトフ
原作 セルゲイ・ルキヤネンコ
製作 アナトリー・マキシモフ
コンスタンティン・エルンスト
製作総指揮 ヴァルヴァーラ・アヴジューシコ
Aleksey Kublitskiy
出演者 コンスタンチン・ハベンスキー
マリア・ポロシナ
音楽 ユーリ・ポテイェンコ
撮影 セルゲイ・トロフィモフ
編集 ドミトリー・キセレフ
配給 アメリカ合衆国の旗 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
日本の旗 20世紀フォックス
公開 ロシアの旗 2004年7月8日
アメリカ合衆国の旗 2006年2月17日
日本の旗 2006年4月1日
上映時間 115分
製作国 ロシアの旗 ロシア
言語 ロシア語
製作費 $4,200,000
興行収入 $33,899,078[1]
次作 デイ・ウォッチ
テンプレートを表示

ナイト・ウォッチ』(ロシア語: Ночной дозор英語: Night Watch)は、2004年ロシアの映画。ロシアの作家セルゲイ・ルキヤネンコ同名のファンタジー小説を原作としている。

あらすじ[編集]

特殊な能力を持つ人間、アザーズ。そんな彼らは闇の勢力と光の勢力に別れ、争いを続けていた。だが争いから生まれるものはないと、光の勢力の王ゲッサーは停戦協定を結び、世界は平和に保たれていた。時は流れ、1992年のモスクワ。あるアパートで青年のアントンは魔女ダリアに妻の子を殺してくれと頼む。するとアザーズが現れ魔女を取り押さえはじめ、その様子が見えるアントンが同じくアザーズであることがわかり、彼はアザーズとして戦うことを余儀なくされる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え

参考文献[編集]

  1. ^ Night Watch (Nochnoi Dozor)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年3月18日閲覧。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]