ナイトメア・クリーチャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ナイトメア・クリーチャーズ』 (Nightmare Creatures) とは、1998年2月26日PlayStationにて、ソニー・コンピュータエンタテインメントから発売され、フランスKalisto Entertainment1997年に開発した、ホラー調の3Dアクションゲームである。海外ではNINTENDO64版やPC版も出ている。

概要[編集]

ゴシックホラー調の19世紀のイギリスロンドンが舞台。プレイヤーは正義のために闘う英国教会の神父イグネィシャス・ブラックワードと、ロンドンを闇に染めようと企む黒魔術師アダム・クロウリーに父を殺されて復讐に燃えるアメリカ人女性ナディア・フォートスミスの男女どちらかの主人公を選び、クロウリーを倒して野望を阻止するため、モンスタークリーチャーゾンビなどの敵を倒し、クロウリーの後を追って行く。

銃器などを用いて異形の敵を退治するという点においては、同時期に発売された『バイオハザード』に似ているが、本作は主人公別に使用する武器が異なるうえ、通常技以外にもコマンド入力で特殊技やコンボを繰り出すといった、対戦型格闘ゲームに近い要素も含んでいる[1]

流血シーンやコンボ攻撃で敵を倒す際に肉体をバラバラに切断するなどのグロテスクなシーンがあり、CERO区分はCEROD(17才以上対象)だった。

続編[編集]

日本未発売だが、『ナイトメア・クリーチャーズ II』 (Nightmare Creatures II) がPlayStationとドリームキャスト(PS版とDC版、共にコナミから日本でも発売予定はあったが[2]、キャンセルされて発売されなかった)にて発売されている。

2002年に3作目となる『Nightmare Creatures III: Angel of Darkness』の開発が始まり、2003年頃にPlayStation 2ゲームキューブXbox、PCにてリリース予定されていたが、開発元のKalisto Entertainmentが倒産したために開発中止となり、発売されることはなかった。

2017年9月3日、Albino Moose Gamesはリブート版を制作することを正式に発表した[1]。同年9月2日に開催されたPAX West英語版でのパネルディスカッションにてリブートに至った経緯について説明されており、パネルディスカッションに参加したRely on HorrorのCJ Melendezによると、Albino Moose GamesのスタッフのSheena Perezが弁護士に頼んで権利を調べてもらった結果、北米版の販売権を持っていたアクティビジョンがすでに手放していたことから誰のものでもなくなったため、本作の権利がAlbino Moose Gamesに無料で渡ったということである[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]