ナイジェル・ブルース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ナイジェル・ブルース
Nigel Bruce
Nigel Bruce
真珠と未亡人』(1937年)予告編より
本名 William Nigel Ernle Bruce
生年月日 (1895-02-04) 1895年2月4日
没年月日 (1953-10-08) 1953年10月8日(58歳没)
出生地 メキシコの旗 メキシコバハ・カリフォルニア州エンセナーダ
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタモニカ
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 俳優
ジャンル 映画・舞台
活動期間 1920年 - 1952年
配偶者 ヴァイオレット・ポーリーン・シェルトン(1921年 - 1953年、死別)
著名な家族 ジュリアン・ギルビー英語版曾孫
ウィル・ギルビー英語版(曾孫)

ウィリアム・ナイジェル・アーンル・ブルースWilliam Nigel Ernle Bruce1895年2月4日1953年10月8日)はイギリスの俳優。舞台や映画で活躍した性格俳優である[1]ベイジル・ラスボーンシャーロック・ホームズを演じた映画シリーズラジオドラマシリーズでのワトソン医師役で知られている他、アルフレッド・ヒッチコック監督の『レベッカ』や『断崖』にも出演している。

略歴[編集]

第10代準男爵サー・ウィリアム・ウォーラー・ブルース(Sir William Waller Bruce、1856年 - 1912年)とその妻アンジェリカ(Angelica、? - 1917年)の次男。母アンジェリカはジョージ・セルビー(George Selby)将軍の娘。両親が休暇を過ごしていたメキシコバハ・カリフォルニア州エンセナーダで生まれる。スティーブニッジオックスフォードシャーで教育を受けた後、1914年に士官として第一次世界大戦に従軍するが、カンブレーの戦いで左足に11発の銃弾を受けるという大怪我を負い、その後の戦争中のほとんどを車椅子で過ごすことになる。

1920年5月20日にロンドンで初舞台を踏み、フットマン(召使)を演じる。同年10月にカナダに渡り、舞台『Eliza Comes』にモンタギュー・ジョーダン役で出演した後にイングランドに戻り、同じ作品の同じ役で旅巡業に加わる。以降はコンスタントに舞台に出演し、8年後にはサイレント映画にも出演するようになる。1934年にはハリウッドに渡り、その後、ビバリーヒルズに居を構える。

おどけた(buffoonish)ボケた(fuzzy-minded)紳士を演じることが多い。生涯で78本の映画作品に出演し、代表作には『宝島英語版』や『進め龍騎兵英語版』『レベッカ』『断崖』がある。

他にも2本の記念碑的な作品に出演しており、『虚栄の市』(1935年)はテクニカラーを使った初めての総天然色長編映画であり、また『ブワナの悪魔英語版』(1952年)は初の3D映画である。また、珍しく悪役を演じた『雨ぞ降る英語版』(1939年)は特殊効果オスカーを受賞した初めての映画である。

ワトソン役[編集]

最も有名な役は、親友であるベイジル・ラスボーンシャーロック・ホームズを演じ、1939年から1946年まで続いた映画シリーズでのワトソン医師役である。同映画シリーズの14作品、同じ配役のラジオドラマシリーズの200作品以上に出演している[2]。ラスボーンよりも年上に見られることが多いが、実際にはラスボーンよりも3歳年下である。

「ワトソン医師と言えばナイジェル・ブルース」と言われるほどの強い印象を残しているが、ホームズの熱心なファンは、原作での知的で有能な(傑出した探偵というわけではないが)ワトソンと異なり、ボケていてドジばかりしている人物として描かれていることに異議を唱えている(この描写によって「Boobus Britannicus(おバカさんなブリタンニクス)」というニックネームが付けられた[2])。ローレン・D・エスルマンはブルースについて次のように書いている。

If a mop bucket appeared in a scene, his foot would be inside it, and if by some sardonic twist of fate and the whim of director Roy William Neill he managed to stumble upon an important clue, he could be depended upon to blow his nose on it and throw it away.[3]
日本語訳
ある場面にモップバケツが現れたら、彼はそれに足を嵌めるだろう。そして皮肉な運命のいたずらとロイ・ウィリアム・ニール英語版監督の気まぐれによって彼が思いがけず重要な手がかりに出くわしてしまったとしても、彼はきっとそれで鼻をかんで投げ捨ててしまうだろう。

また、次のようなクレリヒュー(人物四行詩)がある。

Conan Doyle

said Watson was Holmes' foil;
but surely he need not
have made him such a clot.

日本語訳
コナン・ドイルは「ワトソンはホームズの引き立て役だ」と言った。
それでもドイルにとってはワトソンをそこまでの愚か者として描く必要などなかった。

その一方で、ラスボーンはブルースの演技を高く評価しており、ワトソンは映画の最も愛すべきキャラクターの1人であるとしている。ラスボーンとブルースのコンビによる映画シリーズは、1946年にプロデューサーで監督のロイ・ウィリアム・ニール英語版が亡くなったことで終了する。それ以降、特に1970年代以降は、アーサー・コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」シリーズの映像化をはじめとする主要な翻案作品のほとんどで、一般的に固定したイメージに意識的に反する形で、ワトソンを原作に忠実に有能で実行力のある人物として描いている。

家族[編集]

1921年にイギリスの女優ヴァイオレット・キャンベル(Violet Campbell、旧名:ヴァイオレット・ポーリーン・シェルトン、Violet Pauline Shelton、1892年 - 1970年)と結婚し、最期まで添い遂げた。彼女のことは常に愛情を込めて「バニー(Bunny、ウサちゃん)」と呼んでいた。2人にはジェニファーとポーリーンという娘がいる。ポーリーンは1946年にイギリスのエース・パイロットであるジェフリー・ペイジ英語版と結婚している。

晩年[編集]

友人からは「ウィリー(Willie)」と呼ばれ、ロサンゼルスのイギリス人映画集団の主要メンバーだった。また、(主にイギリス人からなる)ハリウッド・クリケットクラブ英語版のキャプテンでもあった。アメリカ合衆国で長く暮らしていたにもかかわらず、同年代の仲間たちと異なり、イギリス国籍を捨てることはなく、亡くなるまでロンドン紳士クラブ英語版に籍を置いていた。最後の映画は、亡くなった翌年1954年に公開された『World for Ransom』。

[編集]

1953年にカリフォルニア州サンタモニカ心筋梗塞により58歳で亡くなる。遺体は火葬され、遺灰はロサンゼルスにあるパインズ火葬場の礼拝所英語版の地下墓所に保管されている。

Games, Gossip and Greasepaint(ゲーム、ゴシップそしてドーラン)』のタイトルで自伝を執筆したが出版されることはなかった。しかし、抜粋が『Sherlock Holmes Journal』に掲載され、許可を得た上でオンライン上に投稿されている[4]

出演映画[編集]

邦題
原題
役名
1929 Red Aces Kinsfeather, T.B.
1930 The Squeaker Collie
Escape Constable
Birds of Prey Manager
1931 The Calendar Lord Willie Panniford
1932 The Midshipmaid Major Spink
Lord Camber's Ladies Lord Camber
1933 空襲と毒瓦欺
I Was a Spy
Scottie
着かない港
Channel Crossing
Nigel Guthrie
1934 Coming-Out Party Troon, the Butler
歓呼の嵐
Stand Up and Cheer!
Eustis Dinwiddle
Murder in Trinidad Bertram Lynch
宝島
Treasure Island
Squire Trelawney
The Lady Is Willing Welton
Springtime for Henry Johnny Jewlliwell
紅はこべ
The Scarlet Pimpernel
英国皇太子(後のジョージ4世)
1935 虚栄の市
Becky Sharp
ジョセフ・セドリー
洞窟の女王
She
Horace Holly
雁(かりがね)
Jalna
Maurice Vaughn
モンテカルロの銀行破り
The Man Who Broke the Bank at Monte Carlo
Ivan
1936 丘の一本松
The Trail of the Lonesome Pine
Thurber
二国旗の下に
Under Two Flags
Capt. Menzies
白衣の天使
The White Angel
Dr. West
Follow Your Heart Henri Forrester
進め龍騎兵
The Charge of the Light Brigade
Sir Benjamin Warrenton
1936 結婚劇場
The Man I Marry
Robert Hartley
1937 都会の雷鳴
Thunder in the City
Duke Of Glenavon
真珠と未亡人
The Last of Mrs. Cheyney
Lord Willie Winton
1938 The Baroness and the Butler Major Andros
魔城脱走記
Kidnapped
Neil MacDonald
スエズ
Suez
Sir Malcolm Cameron
1939 バスカヴィル家の犬
The Hound of the Baskervilles
ジョン・H・ワトソン医師
シャーロック・ホームズの冒険
The Adventures of Sherlock Holmes
ジョン・H・ワトスン医師
雨ぞ降る
The Rains Came
Lord Albert Esketh
1940 青い鳥
The Blue Bird
贅沢氏
ダイヤの冒険
Adventure in Diamonds
Col. J.W. Lansfield
レベッカ
Rebecca
ジャイルズ・レイシー少佐
Lillian Russell ウィリアム・S・ギルバート
Susan and God Hutchins Stubbs
ロイター特派員
A Dispatch from Reuter's
Sir Randolph Persham
1941 Hudson's Bay Prince Rupert
プレイ・ガール
Play Girl
William McDonald Vincent
Free and Easy Florian Clemington
This Woman Is Mine Duncan MacDougall
The Chocolate Soldier Bernard Fischer, Critic
断崖
Suspicion
ビーキー
1942 Roxie Hart E. Clay Benham
純愛の誓い
This Above All
Ramsbottom
荒鷲戦隊
Eagle Squadron
McKinnon
シャーロック・ホームズと恐怖の声
Sherlock Holmes and the Voice of Terror
ジョン・H・ワトスン医師
マーガレットの旅
Journey for Margaret
Herbert V. Allison
1943 Sherlock Holmes and the Secret Weapon ジョン・H・ワトスン医師
Forever and a Day Maj. Garrow
Sherlock Holmes in Washington ジョン・H・ワトスン医師
Sherlock Holmes Faces Death ジョン・H・ワトスン医師
家路
Lassie Come Home
Duke of Rudling
Crazy House ジョン・H・ワトスン医師(カメオ出演
1944 The Spider Woman ジョン・H・ワトスン医師
The Scarlet Claw ジョン・H・ワトスン医師
The Pearl of Death ジョン・H・ワトスン医師
Gypsy Wildcat High Sheriff
情炎の海
Frenchman's Creek
Lord Godolphin
1945 Sherlock Holmes and the House of Fear ジョン・H・ワトスン医師
小麦は緑
The Corn Is Green
The Squire
名犬ラッシー/ラッシーの息子
Son of Lassie
Duke of Radling
シャーロック・ホームズ 緑の女
The Woman in Green
ジョン・H・ワトスン医師
Pursuit to Algiers ジョン・H・ワトスン医師
1946 シャーロック・ホームズ 闇夜の恐怖
Terror by Night
ジョン・H・ワトスン医師
シャーロック・ホームズの殺しのドレス
Dressed to Kill
ジョン・H・ワトスン医師
1947 第二の妻
The Two Mrs. Carrolls
Dr. Tuttle
風雲児
The Exile
Sir Edward Hyde
1948 奥様武勇伝
Julia Misbehaves
Col. Bruce "Bunny" Willowbrook
1950 Vendetta Sir Thomas Nevil
1952 楽園の死闘
Hong Kong
Mr. Lighton
ライムライト
Limelight
ポスタント(興行主)
ブワナの悪魔
Bwana Devil
Dr. Angus McLean
1954 World for Ransom Governor Sir Charles Coutts

参考文献[編集]

  1. ^ Obituary Variety, 14 October 1953.
  2. ^ a b Matthew E. Bunson (1997). Encyclopedia Sherlockiana. Simon & Schuster. p. 38. ISBN 0-02-861679-0. 
  3. ^ Estleman, Loren D., "On the Significance of Boswells," introduction to Sherlock Holmes : The Complete Novels and Stories Volume I, Bantam Classic, page vii, ISBN 0-553-21241-9
  4. ^ Utechin, Nick ed.; Fanning, Stuart (poster) (Winter 1998). “Excerpts from Games, Gossip and Greasepaint”. Sherlock Holmes Journal 19 (1). http://scarletstreet.yuku.com/topic/1101/t/Games-Gossip-and-Greasepaint-Nigel-Bruce-s-Autobiography.html 2007年8月12日閲覧。. 
  • Parker, John ed. (1947). Who's Who in the Theatre (10th revised ed.). London: Pitman. pp. 341–2. OCLC 6344958. 
  • Townend, Peter ed. (1970). Burke's Peerage, Baronetage, and Knightage (105th ed.). London: Burke's Peerage. pp. 389. OCLC 8948585. 

外部リンク[編集]