ナイジェル・オーウェンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Nigel Owens
MBE
Rugby union pictogram.svg
Nigel Owens Welsh Rugby Union Referee.JPG
2009年のプレミアシップでのバースレスター・タイガースの試合で審判を務めるオーウェンズ
基本情報
生年月日 (1971-06-18) 1971年6月18日(48歳)
出身地 ウェールズの旗 ウェールズ
カーマーゼンシャーマニズクルリグ英語版
職業 ラグビーユニオンレフリー
ラグビーユニオン経歴
レフリー歴
大会 担当
2001–
2002–
2002–
2003–
2007–
2015
チャレンジ杯
チャンピオンズ杯
プロ14
テストマッチ
ラグビーワールドカップ
RWC優勝戦
9
98
149
76
87
1
更新日:  2017年4月12日
■テンプレート

ナイジェル・オーウェンズ MBE(Nigel Owens、1971年6月18日 - )はウェールズラグビーの審判員。ウェールズラグビー協会英語版所属のプロフェッショナルレフリー。

来歴[編集]

カーマーゼンシャー州・マニズクルリグ英語版出身。1987年からラグビーのレフリーを始め、カーマーゼンペンブルックシャーのU15試合が最初のレフリーとされる。2001年から欧州ラグビーチャレンジカップの国際レフリーを務め、ラグビーワールドカップでは2007年から4回連続でレフリーを担当。2015決勝ではレフリーを務めた[1]。これらが評価され、2015年の世界最優秀レフリーに選出[2]

私生活[編集]

2007年、新聞「Wales on Sunday」でのインタビューで同性愛を告白。26歳のとき自殺を図っていたという[3]

2016年に大英帝国勲章のメンバー (MBE) を叙されている。

ラグビー以外での活動[編集]

ウェールズのテレビ局・S4Cで放送されるウェールズ語によるトーク番組「Jonathan and Bwrw'r Bar ("Hit the Bar")」やクイズ番組「Munud i Fynd ("A Minute to Go")」に進行役として出演している[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Rugby World Cup: Nigel Owens confirmed as final referee”. bbc.co.uk (2015年10月26日). 2017年4月18日閲覧。
  2. ^ Rogers, Gareth (2015年11月2日). “Nigel Owens wins World Rugby Referee Award at post-World Cup ceremony”. 2017年4月18日閲覧。
  3. ^ Bevan, Nathan (2007年5月20日). “Ref's gay torment”. Wales on Sunday. オリジナルの2008年5月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080527220953/http://icwales.icnetwork.co.uk/news/wales-news/tm_headline%3Dref-s-gay-torment%26method%3Dfull%26objectid%3D19137450%26siteid%3D50082-name_page.html 2007年7月16日閲覧。 
  4. ^ Munud i Fynd - BBC - S4C”. BBC. 2018年4月6日閲覧。