ナイショの話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ナイショの話
ClariSシングル
初出アルバム『BIRTHDAY
B面 I'm in love
本当は
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POPアニメソング
時間
レーベル SME Records
作詞・作曲 ryo
チャート最高順位
ClariS シングル 年表
nexus
2011年
ナイショの話
(2012年)
Wake Up
(2012年)
BIRTHDAY 収録曲
treasure
(10)
ナイショの話
(11)
zutto
(12)
ClariS ~SINGLE BEST 1st~ 収録曲
nexus
(3)
ナイショの話
(4)
Wake Up
(5)
テンプレートを表示

ナイショの話」(ナイショのはなし)は、ClariSの4枚目のシングル2012年2月1日SME Recordsから発売された。

概要[編集]

前作「nexus」から約5ヶ月ぶりのリリースとなる2012年1作目のシングル。表題曲「ナイショの話」は、テレビアニメ偽物語』のエンディングテーマに起用されている。初回盤・通常盤・アニメ盤(偽物語盤)の3仕様からなり、初回盤には「ナイショの話」のPVを収録したDVDが、アニメ盤には実際にアニメのエンディングで使われている1分30秒のバージョンが収録されている。

ジャケットは通常版には"ClariS"と書かれたアイスキャンディーが、アニメ盤には『偽物語』の登場人物の阿良々木火憐と阿良々木月火が右脚を上げている様子が描かれている。イラストレーションは渡辺明夫

チャート成績[編集]

2012年2月13日オリコンウィークリーチャートで3.5万枚を売り上げて2位を獲得し、グループ初となるトップ3入りを果たした[1]。また、2月2日付けオリコンデイリーチャートでは1位にランクインし、発売3日目でデイリー最高位を更新した。

キャンペーン[編集]

プレイステーション3用のカラオケソフト『JOYSOUND DIVE』にてキャンペーンが実施された。2012年2月1日から2月29日までの間に「ナイショの話」を歌い、80点以上を獲得しメールで応募すると、抽選で2名にClariSのサイン入りポスターがプレゼントされるというもの。

批評[編集]

hotexpressの棚橋寛は、「一緒にいながらも忘れ物をしたり、他の女の子に目移りしちゃうカレにヤキモキ・・・そんな甘酸っぱい想いが散りばめられている」と評した[2]。(ただし、歌詞は兄に対する妹の心情を表したものであって、所謂彼氏に対するものではない。)

収録曲[編集]

初回生産限定盤・通常盤[編集]

  1. ナイショの話 [4:21]
    • 作詞・作曲:ryo、編曲:ryo・TAKUYA
    • テレビアニメ偽物語エンディングテーマ
    • 作詞・作曲はsupercellのryoが担当しているが、これに関してはクララとアリスの2人も驚いており、特にアリスに至っては小学生時代から休み時間に友人と歌って踊る程のファンで、マネージャーにもしつこく確認を求めた[3]
    • 曲調はギターロックにスカを折り交ぜるた明るい楽曲に仕上がっている。歌詞はアリスによれば「イライラ」や「モヤモヤな気持ち」が込められている[3]
    • イントロはryoの提案により10人分で録るよう依頼されたため、いつもの自分ver、ブリッ子ver、ダミ声ver、ハイテンションな子ver、ノリノリな子verの計5役分をクララ、アリスの2人が演じている[3]
    • Aメロはロックテイストになっており、クララも阿良々木姉妹のことを歌った楽曲だという[3]
  2. I'm in love' [4:33]
    • 作詞・作曲・編曲:丸山真由子
    • アリス曰く「大好きな人に自分の気持ちを伝えたいけど伝えられない子を描いている」という[3]
  3. 本当は [4:09]
  4. ナイショの話 -Instrumental-
DVD(初回限定盤のみ)
  1. ナイショの話 (Music clip)

アニメ盤(偽物語盤)[編集]

  1. ナイショの話
  2. I'm in love
  3. 本当は
  4. ナイショの話 -TV MIX-
2012年3月までの期間限定生産。

収録アルバム[編集]

曲名 発売日 アルバム
ナイショの話 2012年4月11日 BIRTHDAY
2015年4月15日 ClariS 〜SINGLE BEST 1st〜
2016年1月6日 歌物語 -〈物語〉シリーズ主題歌集-

脚注[編集]

  1. ^ a b 現役中学生ユニット“ClariS”の4thシングルが初登場2位を記録!”. リッスンジャパン (2012年2月7日). 2012年2月7日11:29閲覧。
  2. ^ 山本純 (2012-01-30 10). “熱烈ANSWER”. hotexpress. プランテック. 2012年2月1日23:26閲覧。
  3. ^ a b c d e アニカン』Vol.104(2月号)、MG2、2012年1月18日、 11頁。

外部リンク[編集]