ナイキスト線図

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナイキスト線図

ナイキスト線図(ないきすとせんず、英語: Nyquist diagram)は、制御理論における周波数応答 G(j\omega) 実部を横軸に、虚部を縦軸にとる極座標系において、角周波数ωを0から∞まで変化させた軌跡を描いた線図。 ベクトル軌跡: vector locus)とも。 ナイキスト線図という名称は、ベル研究所の技術者であったハリー・ナイキストによって考案されたことに由来する。


制御系の安定性評価

ナイキスト線図は、フィードバックを有する制御系の安定性を評価する目安となる。判定の基準は、極座標平面上のIm=0,Re<0の軸と螺旋状のベクトル軌跡が交差する点に注目したときに、0>>Re>>-1の上にある場合に増幅器となり、Re=-1の点を通る螺旋ならば発振状態にあり、(図中赤線のように)Re<<-1を通る螺旋ならば拡散状態になる。

関連項目[編集]