ドージンワーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドージンワーク
ジャンル ストーリー4コマ
漫画
作者 ヒロユキ
出版社 日本の旗芳文社
掲載誌 まんがタイムきららキャラット
まんがタイムきらら
まんがタイムきららフォワード
レーベル まんがタイムKRコミックス
発表号 2004年12月号 - 2008年10月号
巻数 全6巻
アニメ
監督 八谷賢一
シリーズ構成 國井玲
キャラクターデザイン きみしま幾智
アニメーション制作 REMIC
製作 ドージンワーク製作委員会
放送局 独立UHF局ほか
放送期間 2007年7月3日 - 9月18日
話数 全12話
小説
著者 坂東真紅郎
イラスト ヒロユキ
出版社 芳文社
発売日 2007年8月
巻数 全1巻
テンプレート - ノート 
ウィキプロジェクト 漫画アニメライトノベル
ポータル 漫画アニメ文学

ドージンワーク』は、ヒロユキによる4コマ漫画作品。『まんがタイムきららキャラット』(芳文社)において2004年12月号から連載を開始。『まんがタイムきらら』で数度のゲスト掲載を経て2006年4月号から、『まんがタイムきららフォワード』創刊号からストーリー形式と一時は3誌並行で連載されていた。『キャラット』での連載は2007年12月号にて終了。また2008年3月号には『きらら』でも終了となった。なお『きらら』では2008年5月号から10月号まで本編の数年後を舞台にした番外編がストーリー漫画形式で連載され、それの連載終了をもって完結となった。

2007年7月から同年9月にはアニメが放送された。

作品概要[編集]

ある日長菜なじみは、友人でクラスメイトの露理に誘われて同人誌即売会の売り子に行くことになる。そこで幼馴染のジャスティスと出会い、露理とジャスティスの二人が膨大な部数を売り上げていることを知り、自分も同人活動を始めることを決意した。

本作は、同人誌の制作現場、即売会での頒布模様、日常生活の主に3つの舞台で繰り広げられるコメディである。一部に不条理ギャグが含まれ、スラップスティック感は余りない。下ネタが非常に多いが、アニメ版では多少緩和されている。4コマ漫画では多用されるキャラクターのデフォルメや低頭身化をあえて行っていないのも特徴で、キャラクター達が時折見せるリアルな表情がギャグとして定番化している。

主な登場人物[編集]

声優はアニメ版のもの。

長菜なじみ(おさな なじみ)
声 - 浅野真澄
露理とジャスティスに影響されて同人活動を始める少女。サークル名は「ビューティーラブハウス」、ペンネームは「ビューティーラヴ」。
金にがめつく、露理やジャスティスが大量の同人誌を売っていながら利益を求めていないことに憤慨し、自分はそれで一生分の生活費を稼ごうとする。しかし、書き始めたもののお世辞にも絵はうまいとは言えず、売り上げは一桁部数どまり。露理いわく、マゾ。少女趣味があり可愛い服を着たいが恥ずかしがり手を出さなかったが、メイド喫茶でのバイトを始めることによりその願望を満足させた。ある即売会で隣となった二道かねるとライバルとなる。
露理(つゆり)
声 - 斎藤桃子
なじみのクラスメイトで、彼女が同人誌を描き始めるきっかけを作った少女。常にベレー帽をかぶり、サイハイソックスを身につけている。サークル名は「パンツ革命」、ペンネームは「ブルマ子」。
陵辱系の同人誌を描いており、描き始めた理由は気持ちいいから。快楽主義者で、ことが面白い方向へ進むような行動を好んでとる。周りの人間、主になじみを弄んで楽しむ。しかしなじみが可愛い服を着ようとするとひどい拒否反応をしめす。一見サドのように見えるが、本人いわくマゾでもあるらしい。基本的に何事も下ネタに絡める癖がある。生えてない
ジャスティス
声 - 安元洋貴
なじみの幼馴染の青年。同じ学校に通っているがクラスは違う。身長はかなり高く、私生活でも学校でも学校の制服ではなく常にスーツを着ている。サークル名、ペンネームともに「ジャスティス」。さらに本名もジャスティスであるといい、クラスメイトや教師、なじみの母からも実際にジャスティスと呼ばれている。存在そのものがジャスティスであり、配偶者もジャスティスになると主張する。
一回の即売会で3万部を完売する超人気同人作家だが、利益を求めていないため原価ぎりぎりで販売している。また同人ショップ「しりのあな」に同人誌を卸したり、クラスメイトにも新刊を配って感想を求めたりもしている。初めのうちは変態とも取れる行動をしていたが、途中からは落ち着いたキャラとなった。なじみとはなじみの母公認の仲で、毎朝ベッドまで起こしに行っているほど。星純一郎のなじみに対するストーカーまがいの行動を快く思っておらず、勘違いによるものを含め、妨害したり更生を勧めたりしている。
北野ソーラ(きたの ソーラ)
声 - こやまきみこ
ジャスティスの手に座っていることが多い小さな女の子。サークル名は「North sky」、ペンネームは不明。「ソーラのお部屋」というサイトを持っている。
初参加の同人誌即売会で偶然ジャスティスと出会い、好きになる。ジャスティスのファーストキスを奪うなど積極的なアプローチをし、更に休日デートに出かけたりと関係は良好。しかし、なじみや露理のこともジャスティスとの恋のライバルだと考えている。コスプレに興味があり、ジャスティスが作ったメイド服を着たことがある。作中では年齢を明らかにしていないが、作者によれば11歳くらいらしい。歳相応に夢見がちな面もあるが、経済感覚や周囲の人間への配慮などは意外にしっかりしている。実はメインキャラの中では一番の常識人。
二道かねる(にどう かねる)
声 - 阪田伊都
会社で働きつつ同人誌を描いている女性。サークル名、ペンネームともに不明。
絵のうまさはなじみと同レベルで、なじみ同様同人誌の売れなさを嘆いている。毎回、売り上げ部数をなじみと競うもいつも勝てずにいる。露理の影響で女性向けのエロ本(BL)を書くようになり、本人も段々そっちの方向に目覚めつつある。ジャスティスの大ファンで、サインをもらったときには周りの目を気にせずはしゃいでいた。よくいえば純粋だが、思い込みが激しく子供っぽい。どこか間が抜けており、社会人の大人ではあるが大人気ない側面も見られる。なじみと同じく、ソーラに多額の借金をしている。作中でソーラの母と同じ会社に勤めているかのような描写があった。
星純一郎(ほし じゅんいちろう)
声 - 波多野和俊
なじみが初めて参加した即売会で同人誌を買った唯一の人物。元々は大学生であったが、中退して同人ショップ「しりのあな」のバイトになった。
なじみのことが好きで、ストーカーまがいの行動を起こすこともある。なじみを目当てにして彼女のバイト先であるメイド喫茶の常連になったが、なじみにはメイド好きと勘違いされている。なじみがサイトを作成したときにも、信じられない早さで掲示板に書き込んだ。しかしその一途な想いはなじみには全く届いておらず、露理に弱みを握られて弄ばれたり、ジャスティスの怒りをかったりしている。なじみ、かねると同様にソーラに借金をしているが、返済したかどうかが3人の中で唯一不明である。高校時代は漫画研究会に所属しており、初めて作った同人誌で100部以上売り上げた。
星龍一郎(ほし りゅういちろう)
声 - 岸尾だいすけ
星純一郎の兄。美形で長髪、ネクタイファッションな所などから出版社に勤務しているにも関わらず、純一郎からはずっとホストをやっているのだと思われていた。
女性に免疫がなく、女性と会話をするだけで異様に緊張し、手を握られるだけで相手は自分に気があるのではないかと勘違いする。

番外編の登場人物[編集]

番外編の登場人物たちも本編と同じく正確な年齢は不明なのだが、作中で中学生との発言がある[1]

清水しず
番外編の主人公。ソーラとなおの同級生で友人。サークル名は「パンツ革命Jr」、ペンネームは「ザ・サイレント」。
露理に弱味を握られたせいで、約3年にわたりエッチマンガの描き方を叩き込まれることになる。中学生でありながらエロ同人作家としてデビューし、わずか数ヶ月後には2000部の売り上げを誇る大手サークルとなった。露理が絶賛するほど陵辱マンガの才能があるが、本人は陵辱同人作家であることを恥ずかしく思っており、当初は同人活動をしていることをひた隠しにしていた。ただし、その隠し方があまりに不自然なため周囲からは奇行癖があるように見られることもしばしば。同人活動がバレた後はソーラからも絵が上手だと尊敬されている。しかし褒め言葉に弱く調子に乗りやすい性格のため、カミングアウト後はズルズルとエロ同人作家として深みにはまっていくことになる。
七尾なお
しずとソーラの同級生で友人。勘の鋭い常識人で、しずが陵辱同人を描いていることをソーラよりも早く気付く。胸が小さいことをひどく気にしており、他人が胸の大きさを強調したり胸の話題を出されたりすると不機嫌になる。同人活動は行っておらず同人界にも不信感を抱いている。しかしなんだかんだいって楽しげにしているしずの姿を見て、最終話では同人活動に多少の興味を持った様子を見せている。
北野ソーラ
本編のソーラと同一人物。番外編は本編の数年後であるようで、身長体型ともに成長が見られる。しずとなおとは同級生同士。同人活動は現在でも継続中。

書誌情報等[編集]

芳文社より「まんがタイムKRコミックス」(小節版はKR文庫)として刊行されている。

単行本[編集]

  1. (2006年1月10日発行) ISBN 4-8322-7556-9
  2. (2006年8月11日発行)
  3. (2007年4月11日発行) ISBN 978-4-8322-7619-2
  4. (2007年8月11日発行)
  5. (2008年3月27日発行) ISBN 978-4-8322-7686-4
  6. (2008年10月27日発行) ISBN 978-4-8322-7741-0

アンソロジーブック[編集]

  1. (2007年8月27日発行) ISBN 978-4-8322-7649-9

小説[編集]

アニメ[編集]

2007年7月から9月にチバテレビUHF系及びAT-Xにて放送。全12話。番組自体は前半にアニメパート、後半に実写パートという構成。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「い〜じゃん!友情」
作詞 - すやまちえこ / 作曲・編曲 - 鈴木盛広 / 歌 - MAKI
エンディングテーマ「夢みる乙女」
作詞 - 有森聡美 / 作曲・編曲 - 迫茂樹 / 歌 - 水橋舞

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 予告イラスト
1 はじめての××× 國井玲 八谷賢一 岡村正弘 齋藤雅和 荒井チェリー
2 はだかのお嬢様 くるおひろし 水野和則 大河原晴男 湖西晶
3 私…うれごろ? 八谷賢一 岡村正弘 青野厚司 椿あす
4 おやめください、ご主人様 くるおひろし 清丸悟 高橋てつや
5 ふたりでしましょ♥ 土屋日 四辻たかお 山本径子 竹本泉
6 先に浴びちゃうね♥ 田中正弥 蕃納葱
7 素晴らしき哉、BaLaの香り 水野和則 古瀬真弓
齋藤雅和
みさくらなんこつ
8 全部見えちゃってる! しぎのあきら 馬引圭 江上夏樹 犬威赤彦
9 ポロリもあるよ!同人大会 山口頼房 森悦史
新号靖
大和田直之
武梨えり
10 こんなになっちゃった 土屋日 浅利藤彰 山本径子
半田大貴
白猫参謀
11 なじみ とんじゃう 岩間貴 石川敏浩 高橋成瀬 蒼樹うめ[2]
12 まだまだやりたい、もっとしたい 八谷賢一 山口頼房 江上夏樹
齋藤雅和
新号靖
きみしま幾智
大和田直之
-

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送区分 備考
千葉県 チバテレビ 2007年7月3日 - 9月18日 火曜 25:30 - 26:00 独立UHF局
埼玉県 テレ玉
愛知県 テレビ愛知 火曜 28:28 - 28:58 テレビ東京系列
神奈川県 tvk 2007年7月4日 - 9月19日 水曜 25:15 - 25:45 独立UHF局
兵庫県 サンテレビ 2007年7月5日 - 9月20日 木曜 26:05 - 26:35
日本全域 AT-X 2007年7月19日 - 10月4日 木曜 13:00 - 13:30 CS放送 リピート放送あり

原作との相違点等[編集]

  • なじみ・ジャスティス・露理は、原作では「高校のような感じの『学校』に通う18歳以上の『学生』」と設定されているが、アニメ版では大学生に設定されている[3]
  • とらのあなが製作委員会とスポンサーに入っているため同社をモデルとして原作に登場する同人誌書店「しりのあな」が「とらのあな」の実名で登場、なじみがバイトしているメイド喫茶も当時のとらのあな秋葉原店内にあったウィズキャットになっている。

実写パート[編集]

ももこときみこのドージンワクワク♥」と題し、露理役の斎藤桃子とソーラ役のこやまきみこの2人が、実際に同人誌を制作、最終的に即売会で販売するという企画を放送した。原作者の出身校である東京アニメーター学院の講師の指導などを受けながら、2人の同人誌は無事に完成。2007年9月にとらのあな秋葉原店にてで行われた即売会で販売し完売。第9回は原作者であるヒロユキが顔出し出演した。

ブルマくん
声 - 落合祐里香
2人のサポート役。
斎藤桃子やこやまきみこに見えるブルマくんは番組スタッフのため、斎藤桃子はブルマくんをおっさんと呼んでいた。
挿入歌「未来のために」
作詞 - 有森聡美 / 作曲・編曲 - 三留一純 / 歌 - 斎藤桃子

関連アニラジ[編集]

モーソーワーク
2007年6月15日よりインターネットラジオアニスタ.TVメディファクラジオにて配信されていた。パーソナリティはなじみ役の浅野真澄と露理役の斎藤桃子。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 6巻P81
  2. ^ ひだまりスケッチ』第1話の提供イラストをヒロユキが描いている。
  3. ^ アニメ版の公式ホームページより

外部リンク[編集]