ドン・ファン (交響詩)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドン・ファン』(: "Don Juan", Tondichtung nach Nicolaus Lenau)作品20は、リヒャルト・シュトラウス1888年に作曲した交響詩[1]。初期の管弦楽曲でシュトラウスの出世作とされる。理想の女性を追い求めて遍歴を重ねるスペインの伝説上の人物、ドン・ファンを主題としたニコラウス・レーナウの詩に基づいている。

実際に作曲されたのは交響詩『マクベス』作品23より後であるが、『マクベス』は改訂を経ているため、『ドン・ファン』の作品番号が先になった。現在でも、シュトラウスの交響詩のなかでは演奏の機会は多いほうに入る[要出典]


作曲の経緯[編集]

シュトラウスがミュンヘンの宮廷歌劇場の第3指導者を務めていた時期にあたる[2]1887年から1888年にかけて作曲された。

初演[編集]

1889年11月11日ヴァイマルの宮廷オーケストラによって、作曲者自身の指揮で初演された。

日本初演は1927年11月22日日本青年館にて近衛秀麿新交響楽団によって行われた。

演奏時間[編集]

約17分

編成[編集]

3管編成の管弦楽を用いている。

曲の構成[編集]

一種のロンド形式ソナタ形式で構成されている[2]ホ長調

アレグロ・モルト・コン・ブリオ。冒頭、情熱的な弦の上昇音型で「悦楽の嵐」[3]のテーマが出る。すぐに木管の下降音型で理想の女性を表すテーマが出る(5小節目)。続けて弦と木管・ホルンでドン・ファンの行動力を表す第1のテーマが提示される(9小節目)。小休止の後、独奏ヴァイオリンの美しい旋律で最初の女性が提示され(D,2小節目)、木管が最初のランデヴーを表すが(D,19小節目)、音楽は次第に切迫感を高めていき、強烈な不協和音がドン・ファンの失望を表す(F,21小節目)。続いて、弦楽器で第2の女性が現れ、やがてオーボエの魅惑的な旋律[4]でランデヴーが展開される(L,4小節目)。ホルンの強奏による有名な[要出典]メロディーが出る(N,19小節目)。これはドン・ファンの第2のテーマ[4]彼の不満を表すとされる[要出典]。これまでのドン・ファンのテーマや女性のテーマが交錯し、女性を追い求め、満たされぬドン・ファンの苦悩と焦燥が描かれる。いったん静かになるが(V,10小節目)、再び冒頭のドン・ファンのテーマと第2のテーマが回帰し、絢爛たるクライマックスを築く(W)。三たび冒頭のテーマが出るが、音楽は速度を増し、壮絶なカタストロフがやってくる。全休止の後(Cc,17小節目)、曲はホ短調に変わり、ドン・ファンの悲劇的な死が暗示される。「薪は燃えつくし、炉は冷たく暗くなった」[3]のである。

(練習番号はアイプル社の総譜による)

出版[編集]

アイプル社(ミュンヘン、JOS AIBL VERLAG)

脚注[編集]

  1. ^ リヒャルト・シュトラウスは、フランツ・リストの「交響詩」(: "Symphonische Dichtung")と区別して、"Tondichtung"(音詩)という語を使用しているが、日本語では「交響詩」と訳される。
  2. ^ a b 『最新名曲解説全集(6)管弦楽曲III 』音楽之友社、1980年
  3. ^ a b レーナウの詩に登場する言葉である。(『最新名曲解説全集(6)管弦楽曲III 』音楽之友社、1980年)
  4. ^ a b これらの主題は、最後の交響詩である『英雄の生涯』作品40の「英雄の業績」において引用されている。

その他[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]