ドンピエール=シュル=ヨン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Dompierre-sur-Yon
Lac et rortheau.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏Blason région fr Pays-de-la-Loire.svg
(département) ヴァンデ県Blason département fr Vendée.svg
(arrondissement) ラ・ロッシュ=シュル=ヨン郡
小郡 (canton) ラ・ロッシュ=シュル=ヨン1小郡
INSEEコード 85081
郵便番号 85170
市長任期 フィリップ・ガボリオー[Note 1] · [1]
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:La Roche-sur-Yon Agglomération
人口動態
人口 4144人
2013年
人口密度 123人/km2
住民の呼称 Dompierrois
地理
座標 北緯46度44分14秒 西経1度23分07秒 / 北緯46.7372度 西経1.3853度 / 46.7372; -1.3853座標: 北緯46度44分14秒 西経1度23分07秒 / 北緯46.7372度 西経1.3853度 / 46.7372; -1.3853
標高 平均:m
最低:56m
最高:94m
面積 33.60km2
Dompierre-sur-Yonの位置(フランス内)
Dompierre-sur-Yon
Dompierre-sur-Yon
公式サイト Site officiel
テンプレートを表示

ドンピエール=シュル=ヨンDompierre-sur-Yon)は、フランスペイ・ド・ラ・ロワール地域圏ヴァンデ県コミューン

地理[編集]

ボカージュ・ヴァンデン地方の心臓部にあり、レ川の支流であるヨン川の谷に位置する。ラ・ロッシュ=シュル=ヨンの8.5km北にあり、町は中心部と多くの散在する集落で構成されている。

歴史[編集]

新石器時代とその後のケルト人の痕跡は、コミューン最古の時期の人の定住を証明している。ドンピエール=シュル=ヨン創設初期はローマ時代であり、多くの集落が成長していった。町の中心は19世紀に形成され、20世紀になるまでゆっくりと成長していった。20世紀終わりから今世紀初めまで、ラ・ロッシュ=シュル=ヨンに近いために人口が増加しており、町の中心部には新たな区画が建設されている。

国内のドンピエール[編集]

ドンピエール=シュル=ヨンは、フランス国内にあるドンピエールの名を冠した23のコミューンで構成されるドンピエール・ド・フランス協会に加盟している。毎年開催地をかえて祭りを行っている。ドンピエール=シュル=ヨンは、1996年と2006年にいとこ関係にあるドンピエールっ子たちの祭りの開催地となった。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2008年 2013年
1354 1339 1547 2358 2975 3191 3946 4144

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[2]、2004年以降INSEE[3][4]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

ノート[編集]

  1. ^ Réélu en 2014.