ドロ・ペッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドロ・ペッシュ
Doro Pesch
Doro Pesch 2013-12-14 Karlsruhe.JPG
ドイツ・カールスルーエ公演 (2013年12月)
基本情報
出生名 Dorothee Pesch
別名 DORO
生誕 (1964-06-03) 1964年6月3日(53歳)
出身地 ドイツの旗 ドイツ
ノルトライン=ヴェストファーレン州 デュッセルドルフ
ジャンル ハードロック
ヘヴィメタル
ポップロック
インダストリアル・ロック
職業 シンガーソングライター
音楽プロデューサー
女優
担当楽器 ボーカル
活動期間 1980年 - 現在
レーベル ヴァーティゴ
WEAインターナショナル
SPV/Steamhammer
AFMレコード
ニュークリア・ブラスト
共同作業者 Snakebite
Warlock
公式サイト Doro music
メンバー ドロ・ペッシュ(Vo)
ニック・ダグラス(B)
バス・マース(G)
ルカ・プリンシオッタ(G/Key)
ジョニー・ディー(Ds)
旧メンバー 以下を参照

ドロ・ペッシュDORODorothee Pesch1964年6月3日 - )は、ドイツ出身の女性シンガーソングライターロックミュージシャン

母国を代表するHR/HM系女性ボーカリストの先駆者、象徴的存在として知られる。米『LA Weekly』誌選出「女性メタル・シンガー TOP10」で2位。

ソロの活動名義である「DORO」も、この項目で説明する。

略歴・背景[編集]

デュッセルドルフ出身。幼少期から歌い始め、ピアノなどを習っていた。学生時代にはグラムロックなどのロック・ミュージックに興味を持つようになる。

1980年、地元のインディーズバンド「Snakebite」に加入し、ボーカリストとして音楽活動を始める。デモを作成するもデビューまでには至らず、翌年にバンドは解散。

ウォーロック期 (1982年 - 1989年)[編集]

[1]1982年、旧Snakebiteメンバーに加え、交流があったロックバンド「Beast」のメンバーらと、HR/HMバンド「ウォーロック(Warlock)」を結成。ソングライターとしても名を連ねる。

1984年、ラルフ・ヒューベルト(メコン・デルタ主宰)らがエンジニアを務めた1stアルバム『Burning the Witches』でデビュー。当時では希少だった、女性ボーカルを配するHR/HMバンドという事もあり、大きな注目を集めた。

翌年には大手レーベル「ヴァーティゴ」と契約し、2ndアルバム『Hellbound』でメジャーデビュー。1986年の3rdアルバム『True as Steel』に伴うライブでは、大型ロックフェス「モンスターズ・オブ・ロック」に女性アーティストとして初めて出演する。

同年に拠点をアメリカ合衆国に移して、新たなマネージメントと契約した翌1987年、4thアルバム『Triumph and Agony』を発表。これが全米ビルボードチャート80位にランクイン。全米ツアーも好評で、バンドは隆盛を極める。

しかし翌1988年、盟友マイケル・ユーリック(Ds)が脱退し、オリジナルメンバーは自身のみになる。更に旧マネージメント側とで権利問題が勃発。法廷闘争にまで発展し、ウォーロック名義が差し止められる。裁判は2011年まで続き、最終的には自身の権利を認められた。

ソロ活動 (1989年 - 2002年)[編集]

オランダ・ヘルモント公演 (2006年4月)

[2]1989年、ウォーロック名義の活動が頓挫したため、次作として予定していた『Force Majeure』をレーベルからの意向もあって、ソロ名義「DORO」のデビューアルバムとしてリリース。ウォーロック在籍メンバーも本作のみで解消し、パーソナルバンドを率いての活動に移行していく。

1990年、プロデュースにジーン・シモンズトミー・セイヤーらが関わった2ndソロアルバム『Doro』をリリース。事実上最初のソロ作として制作され、アメリカナイズされたハードロック、もしくはポップロックなスタイルに転向した。以降も、ほぼ同様な路線でコンスタントにリリースを重ねる。

2000年にリリースした7thソロアルバム『Calling the Wild』のゲストには、レミー・キルミスター, スラッシュ, スティーヴ・スティーヴンス, アル・ピトレリ, エリック・シンガー, ボブ・キューリック他、HR/HM系ミュージシャンの面々が多数名を連ね、原点のヘヴィ路線に回帰する。また、自身も初めてプロデュースに参画した。

2001年、同郷で同じ時代を体現してきた同世代の女性ボーカリスト、ザビーナ・クラッセン(ホーリー・モーゼス)と共演。以降、女性アーティスト達との関わりも意識し始める。

メタル・クイーンとして〜現在 (2003年 - )[編集]

ドイツ・ゲルゼンキルヒェン公演 (2015年5月)
ドイツ・ローレライ公演 (2016年6月)
ドイツ・ラジオ局「1LIVE」主催表彰式にて (2014年12月)

[3]2003年/2004年、デビュー20周年時期のライブで、旧ウォーロック・メンバーと共演。アコースティック/シンフォニックに再録した9thソロアルバム『Classic Diamonds』のコンセプトに伴い、「The Classic Night Orchestra」を率いたショーなどを展開した。また、この頃からファン・コミュニティらの間で"メタル・クイーン"と呼ばれ始め浸透していく。

その後、映画に出演し女優業にも進出。そのサウンドトラック曲も収録した節目の10thソロアルバム『Warrior Soul』を2006年にリリース。映画のプロモーションも兼ね、世界各地をライブツアーで周る。

2008年末、デビュー25周年を記念した地元デュッセルドルフのISSドーム・ライブに、ザビーナ・クラッセン(ホーリー・モーゼス),リヴ・クリスティン(リーヴズ・アイズ),ターヤ・トゥルネン(元ナイトウィッシュ),フロール・ヤンセンアフター・フォーエヴァー),ジーン・チョウクリプテリア)ら女性ボーカリスト、また、クラウス・マイネ, ルドルフ・シェンカー, アクセル・ルディ・ペルら母国の重鎮達、旧ウォーロック・メンバー他多数のミュージシャンが祝うために集結した。この模様はライブ作品『25 Years in Rock... and Still Going Strong』として2010年に発表。

2009年、母国最大のHR/HMフェス「ヴァッケン・オープン・エア」の開催20周年を記念した楽曲制作を担当。シングル・リリースもされ、同フェスで披露した。11thソロアルバム『Fear No Evil』のゲストにザビーナ・クラッセン, ターヤ・トゥルネンのほか、アンジェラ・ゴソウアーチ・エネミー)が参加し話題となる[4]。翌2010年には初来日公演を果たす。

2010年代に入ると、女性ロック界のレジェンドとして認識され始め、各地で表彰されるようになる。2013年、英『METAL HAMMER』誌選出による「Golden God Legend award」を受賞。米『LA Weekly』誌の「女性メタル・シンガー TOP10」では2位に選出された[5]

2014年、デビュー30周年記念のライブを開催し、それに伴うコンピレーション作品『Strong and Proud』を2016年にリリース[6]ウリ・ジョン・ロート, ウド・ダークシュナイダーら母国の重鎮が参加した[7]

DOROバンド・メンバー[編集]

2016年のグループショット

現ラインナップ[編集]

  • ドロ・ペッシュ Doro Pesch - ボーカル (1989- )
  • ニック・ダグラス Nick Douglas - ベース/キーボード (1990- )
  • バス・マース Bas Maas - ギター (2008- )
  • ルカ・プリンシオッタ Luca Princiotta - ギター/キーボード (2009- )
  • ジョニー・ディー Johnny Dee - ドラムス (1993–1995, 1998- )
        
ドロ・ペッシュ(Vo) 2016年
ニック・ダグラス(B) 2016年
バス・マース(G) 2016年
ルカ・プリンシオッタ(G) 2016年
ジョニー・ディー(Ds) 2013年

旧メンバー[編集]

  • ジョン・レヴィン Jon Levin - ギター (1989)
  • トミー・ヘンリクセン Tommy Henriksen - ベース (1989)
  • ボビー・ロンディネリ Bobby Rondinelli - ドラムス (1989)
  • ポール・モリス Paul Morris - キーボード (1989-1990)
  • トーマス・ジュード Thomas Jude - ギター (1990)
  • トム・クームス Tom Coombs - ドラムス (1990)
  • マイケル・ティレル Michael Tyrrell (Michael Shawn) - ギター (1991-1992)
  • ジェフ・ブルーノ Jeff Bruno - キーボード/ギター (1991-1992)
  • トニー・マック Tony Mac - ドラムス (1991-1992)
  • クリス・ブランコ Chris Branco - ドラムス (1993)
  • ジミー・ディレラ Jimmy DiLella - キーボード/ギター (1993-1995)
  • ジョー・テイラー Joe Taylor - ギター (1993-2009)
  • ラス・アーウィン Russ Irwin - キーボード/ギター (1995-1996)
  • フランク・フェラー Frank Ferrer - ドラムス (1995-1996)
  • マリオ・パリッロ Mario Parillo - キーボード/ギター (1998-2001)
  • オリバー・パロタイ Oliver Palotai - キーボード/ギター (2001-2011)
  • Robert Katrikh - ギター (2008)
  • ハリソン・ヤング Harrison Young - キーボード/ギター (2009-2015)

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

スタジオアルバム
ライブアルバム
コンピレーション
ほか

ライブビデオ[編集]

ウォーロック名義[編集]

アルバム
ライブビデオ

脚注[編集]

外部リンク[編集]