ドロレス・オリオーダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドロレス・オリオーダン
The Cranberries en Barcelona 2.jpg
2010年にバルセロナで公演するオリオーダン
生誕ドロレス・メアリー アイリーン ・ オリオーダン(Dolores Mary Eileen O'Riordan)
(1971-09-06) 1971年9月6日
アイルランドの旗 アイルランドリムリック県バリーブリッケン
死没2018年1月15日(2018-01-15)(46歳)
イングランドの旗 イングランドロンドンメイフェア
職業
  • シンガーソングライター
配偶者
ドン・バートン
(m. 1994; 離婚 2014)
非婚配偶者オレ・コレツキー
子供3人
音楽家経歴
ジャンル
担当楽器
  • ボーカル
  • ギター
  • キーボード
  • ベース
活動期間 1990年–2018年
レーベル
共同作業者
署名
Dolores O'Riordan Signature 2.jpg

ドロレス・オリオーダン英語: Dolores Mary Eileen O'Riordan1971年9月6日 - 2018年1月15日)は、アイルランドミュージシャンロックバンドクランベリーズのリードシンガー。ソロ歌手としても活動した。

生涯[編集]

アイルランドのリムリックの労働者階級の家庭にて、9人兄妹の末子として生まれる。兄弟のうち2人はドロレスが生まれる前に死亡している[1]

死去[編集]

2018年1月15日、レコーディングのためロンドンに滞在中、宿泊先のロンドン・ヒルトン・オン・パークレーンの浴室で亡くなっているのが発見された[2][3]

目立った外傷はなく、血中からは処方されていた薬以外の成分は検出されなかったが、基準値の4倍を超えるアルコールが検出されたため、最終的な死因は「急性アルコール中毒で泥酔した事による溺死」と診断された[4]

訃報を受け、アイルランドのマイケル・D・ヒギンズ大統領は「彼女の死を知って大きな悲しみを抱いている。アイルランドの音楽界にとって大きな損失だ」と声明を出した[5]

楽曲内容、およびパフォーマンス・スタイル[編集]

レッドブルのルース・サクセルビー(Ruth Saxelby)は、オリオーダンの歌い方について、女性が死者に対する悲しみを表現するキーニング英語版に似ていると指摘している[1]。 サクセルビーはオリオーダンの独特の歌い方についても言及しており、たとえば「Ode To My Family」という歌の"Do you like me?"(私のことが好き?)の"like"の部分については「低く角の取れた歌い方」だとし、「[前略]どういう答えが返ってくるか分からないが、とにかく問いかけてみようという響きがある。」と評している[1]

「The Icicle Melts」の"I should not have read the paper today / “Cause a child, child, child, child / He was taken away"(新聞なんて読まなければよかった。子ども、子ども、子ども、子ども、あの子の命が奪われるなんて)という部分については、"Child"(子ども)の部分をだんだん激しくしながら繰り返し歌うことによって怒りの境地に達する様子を表現しているとサクセルビーはみている[1]。 また、「The Icicle Melts」は人工妊娠中絶反対派から支持されているが、オリオーダン自身はジェームス・バルガー事件に触発されたと1994年にオーストラリアの雑誌からのインタビューに対して答えている[1]

サクセルビーはオリオーダンの楽曲のテーマには、オリオーダン自身が子どものころに友人から性的暴行を受けていたことが源流にあるのではないかとみている[1]

ソロ・ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

タイトル アルバムの詳細 チャート最高順位 認定
アイルランド
[6]
ベルギー
[7]
フランス
[7]
ドイツ
[7]
イタリア
[8]
スイス
[7]
イギリス
[9]
アメリカ
[10]
アー・ユー・リスニング?
  • 発売: 2007年5月4日
  • レーベル: サンクチュアリ
  • フォーマット: CD、デジタルダウンロード
15 38 11 39 2 10 28 77
ノー・バゲッジ 80 75 30 77 6 25
  • ヨーロッパ: 3万枚[11]
"—"はチャート入りしなかった作品または発売されなかった作品であることを示している。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f ルース・サクセルビー (2018-12-28), さようなら Dolores O’Riordan, http://www.redbullmusicacademy.jp/jp/magazine/good-bye-dolores-oriordan 2020年12月9日閲覧。 
  2. ^ クランベリーズのボーカル、死因は入浴中の水死”. AFPBB News (2018年9月7日). 2019年12月18日閲覧。
  3. ^ Beaumont-Thomas, Ben (2018年1月15日). “Cranberries singer Dolores O'Riordan dies aged 46”. ガーディアン. オリジナルの2018年1月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180117100306/https://www.theguardian.com/world/2018/jan/15/cranberries-singer-dolores-oriordan-dies-aged-46 2018年1月20日閲覧。 
  4. ^ Cranberries singer O'Riordan died by drowningBBC 2018年9月6日
  5. ^ Kreps, Daniel (2018年1月16日). “クランベリーズのドロレス・オリオーダンが死去”. ローリング・ストーン. http://rollingstonejapan.com/articles/detail/27938 2018年1月20日閲覧。 
  6. ^ Discography Dolores O'Riordan”. irish-charts.com. 2018年1月15日閲覧。
  7. ^ a b c d Are You Listening? (Album)”. charts.org.nz. 2018年1月15日閲覧。; No Baggage (Album)”. charts.org.nz. 2018年1月15日閲覧。
  8. ^ Dolores O'Riordan”. italiancharts.com. 2018年1月15日閲覧。
  9. ^ Dolores O'Riordan”. オフィシャル・チャート・カンパニー. 2018年1月15日閲覧。
  10. ^ Dolores O'Riordan”. ビルボード. 2018年1月15日閲覧。
  11. ^ New IMPALA Awards”. IMPALA (2010年10月5日). 2018年1月15日閲覧。

外部リンク[編集]