ドロプルトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ドロプルトン(dropleton)または量子液滴(quantum droplet)[1]は、半導体中の電子正孔から構成される人工の準粒子である。ドロプルトンは、液体のように振る舞う初めての既知の準粒子である[2]。ドロプルトンの形成は、2014年2月26日にネイチャーに報告され、ヒ化ガリウム量子井戸内に超短レーザーパルスを照射することによって、電子-正孔プラズマのドロプルトンが形成された証拠が示された[3]。ドロプルトンの存在は、この実験が行われる前には予測されていなかった。

約25ピコ秒という比較的短い寿命にも関わらず、ドロプルトンは研究を行うのに十分な安定性を持つ[2]。ドロプルトンは、量子機構の研究を行うのに好都合な性質を持つ。幅は約200nmで、最も小さな細菌と同程度の大きさである。この事実により、発見者らは、いつか実際に量子液滴を観測できるかもしれないという希望を抱いている[4]

出典[編集]

  1. ^ http://www.afpbb.com/articles/-/3009454?ctm_campaign=txt_topics
  2. ^ a b Clara Moskowitz (2014年2月26日). “Meet the Dropleton?a “Quantum Droplet” That Acts Like a Liquid”. Scientific American. 2014年2月26日閲覧。
  3. ^ Quantum droplets of electrons and holes”. Nature (2014年2月26日). doi:10.1038/nature12994. 2014年2月26日閲覧。
  4. ^ Clara Moskowitz, 2014, February 26, "Meet the Dropleton-a Quantum Droplet That Acts Like a Liquid", Scientific American