ドロソフィルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドロソフィルム
Drosophyllum lusitanicum a.JPG
Drosophyllum lusitanicum
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
: ウツボカズラ目 Nepenthales
: ドロソフィルム科 Drosophyllaceae
: ドロソフィルム属
Drosophyllum
: ドロソフィルム・ルシタニクム
D. lusitanicum
学名
Drosophyllum lusitanicum
(L.) Link
Drosophyllum map.png
ドロソフィルムの分布

ドロソフィルム (Drosophyllum lusitanicum) はスペインモロッコポルトガルに分布する植物の一種である。粘着式(鳥黐式)の食虫植物で、葉面の腺毛から分泌する粘液昆虫を捕らえ、消化吸収する。ポルトガルにはpinheiro-baboso (よだれを垂らす)、erva-pinheira-orvalhada (露を帯びた草になる松)、スペインではrosolí portugués (ポルトガルのモウセンゴケ)、liga (鳥黐)などの名がある。約250種知られている粘着式の中では屈指の大型種である。ユッカの葉をイトバモウセンゴケに置き換えて小さくしたような草姿を持つ。

分類[編集]

学名Drosophyllum lusitanicum (ドロソフィルム・ルシタニクム)。属名は「露」+「葉」、種小名は「ポルトガル産」を意味する。リンネの『Species Plantarum』(1753年) における原記載は、花に五本の雄蕊と五本の雌蕊を備える植物[1]の一属、モウセンゴケ属[2]Drosera lusitanica であった。

クロンキスト体系などではモウセンゴケ科に含めたが、APG植物分類体系では一属一種でドロソフィルム科を構える。和名はイヌイシモチソウ、イシモチソウモドキなどがあるが、イシモチソウナガバノイシモチソウよりはるかに大きい植物なので実態にそぐわず、全く使用されない。

形態[編集]

主に海に近い乾燥した荒地や崖で、一年を通して成長する多年生草本あるいは低木。日当たりの良い場所を好む。海霧から必要な水分の一部を調達すると言われている。 

は木質化して1mを越える。脇芽が何本も出て分岐するが、根元でも直径1.5cm程度しかないので、上部が重くなると倒れることが多い。倒れて地面に接触しても発根は見られない。また、地下部が新しい茎を出すことはない。は発芽直後は1本だがやがて細かく分かれて地中に伸び広がる。

は長さ30cm、幅0.5cmの線状で、断面はU字形ないし弦の中心が大きく窪んだ半円形、茎に密に互生する。茎の先端で、中心の反対側つまり外側に小さなコイルを形成していた葉は、順番に大きくなり伸長を始める。伸びきった直後は鉛直に立っているが、内側に次々新しい葉が出来るにつれ次第に押しやられて水平から下向きになる。枯れても茎から脱落せず、多数が長期間残って腰蓑の様相を呈する。生きている葉の数は一本の茎で数十に及ぶ。昆虫の目には、粘液を帯びた葉は、紫外線を吸収する枯葉を背景に輝きが一層際立つと考えられる[3]。腺毛(有柄腺)は先端が半球形で赤くコイルの側(外側)、断面で言うと円弧の側に並ぶ。花茎にも多数の腺毛があるがごく小さい。腺毛とは呼び難い無柄腺もありこれは葉の内側にも見られ、刺激を受けて初めて酸性消化液を分泌する。捕虫してもモウセンゴケ属のような葉身や腺毛の屈曲は発生しない。腺と粘液から人間にもはっきり嗅ぎ取れる甘酸っぱい匂いを放ち、多種多数の昆虫を捕らえるが、誘き寄せられる中にも含まれるという報告[4]がある。猫を消化吸収したという報告はない。

花茎は春に茎の先端から揚がり何度も分岐する。短い葉をまばらに数枚つけることがある。花は五弁からなりレモン色で直径4cm弱、雄蕊は十本以上あり花柱は五つに分かれる。苞を伴い花茎の先端で上向きに咲く。果実は蒴果で長さ3cm、半透明の細い五角錐で熟すと先端は裂開して反り返る。種子は果実一つにつき20粒以下、長さ3mmで黒く形は洋梨やイチジクの実にたとえられる。

栽培[編集]

日本には大正時代末に導入された。栽培困難というのが定説であったが、最近では容易という意見も多い。往年の栽培家の何人かは、諦めて打ち捨てた植木鉢で、いつの間にか発芽しているのを見出した経験を記している[5][6]。種子の寿命が長く、(少なくとも食虫植物としては)乾燥に強いことがうかがえる。

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

  • 石井勇義編 『園藝大辞典』第4巻 誠文堂新光社 1953年

脚注[編集]

  1. ^ 当時は科の概念がなかった。
  2. ^ 当時のモウセンゴケ属は全五種。本種、モウセンゴケ、アフリカナガバモウセンゴケ、ナガバノイシモチソウの四種に加えて、ナガバノモウセンゴケとナガエモウセンゴケが一種とされていた。
  3. ^ B. E. Juniper et al. 『The Carnivorous Plants』 Academic Press 1989年
  4. ^ ガーデンライフ編 『食虫植物』  誠文堂新光社 ガーデンシリーズ 1979年
  5. ^ 鈴木吉五郎 『食虫植物 採り方殖し方』 加島書店 1957年
  6. ^ 山川学三郎 『食虫植物』 保育社 カラーブックス 1978年