ドレッシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ドレッシング (dressing) は、着付け、着飾る事、あるいはや装いを意味する、動名詞または動詞

ゆえに、転じて企業・組織の財務状況を粉飾する行為、即ち「粉飾会計」「粉飾決算」の事を会計ドレッシング、或いは単にドレッシングとも呼ぶ。

また、英単語における[:en:Dress Dress]は、古語用法で「話す」や「語る」であった。後の時代に、「覆う」または「布」の意味を含むようになった。

  • サラダドレッシング - サラダへかけることが出来るタイプの調味料である。またはサンドイッチのパンに広げることが出来るソースを意味する。
  • ドレッシングは、布、あるいは保湿性の被覆材などで傷を覆うことを意味する医療行為の総称、もしくはその医療行為で使用される創傷被覆・保護材をさす。例として包帯湿潤療法などで用いられるハイドロコロイドを含む保護材などがある。
  • ドレッシングは、料理の下ごしらえ。例えば魚料理では内臓を取り除くことを、ローストターキーなど鳥料理では詰め物を意味する(詰め物のことをスタッフィング([:en:Stuffing Stuffing])またはファルスとも呼ぶ)。
  • ドレッシングルームは、更衣室楽屋または化粧室
  • 会計ドレッシングは、粉飾決算の事。

関連項目[編集]