ドルースキ (水雷艇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
記念艦
「ドルースキ」
艦歴
発注 フランス、シュナイダー社シャロン=シュル=ソーヌ造船所
起工 1907年
進水 同年8月
就役 1908年1月
退役
その後 1944年9月にロシア軍に鹵獲。1945年7月に返還。
除籍 1954年
クラス名 ドルースキ級水雷艇
性能諸元
排水量 常備:97トン
全長 38.0m
水線長 -m
全幅 4.4m
吃水 2.6m
機関 ノルマン式石炭専焼水管缶2基
+直立型レシプロ機関1基1軸推進
最大出力 1,950hp
最大速力 26.0ノット
航続距離 16ノット/500海里(石炭:11トン)
乗員 23~30名
兵装 オチキス 4.7cm(43口径)単装機砲3基
45cm水上魚雷発射管単装3基

ドルースキ (Дръзки) はブルガリア海軍のドルースキ級水雷艇の1隻。

艦歴[編集]

ドルースキは、フランスで建造されたブルガリア海軍の水雷艇6隻の内の1隻である。フランスのソーヌ川沿いのシャロン=シュル=ソーヌ造船所で建造された後にブルガリアに運ばれ、ヴァルナで竣工した。ドルースキは1907年8月23日に進水し、1908年1月5日に就役した。

1912年から1913年の第1次バルカン戦争黒海で活動。1912年11月20日、ドルースキは他の水雷艇2隻と共にヴァルナから出撃してエジプトの輸送船団の攻撃に向かった。11月21日夜、駆逐艦2隻を伴ったオスマン帝国海軍防護巡洋艦ハミディイェと遭遇。本艦を含むブルガリアの水雷艇4隻は魚雷攻撃を行い、ドルースキの発射した魚雷がハミディイェの艦首に命中し大きな損害を与えたが撃沈には至らなかった。

第一次世界大戦後、哨戒艇に艦種変更された。ブルガリアが第二次世界大戦に参戦すると、ドルースキは哨戒任務に従事した。1942年10月15日にヴァルナ港で弾薬庫の爆発により沈没したが、すぐに修理された。1944年にドルースキは標的艦となり、1950年代まで使用された。

1957年にドルースキを記念艦として保存することが決定されたが、その時既にドルースキは一部解体されていた。そこで、ドルースキの砲や煙突などを同型艦のストローギに移され、記念艦ドルースキとなった。

参考図書[編集]

  • 「Conway All The World's Fightingships 1906-1922」(Conway)

外部リンク[編集]