ドルツク公国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ドルツク公国ベラルーシ語: Друцкае княства)はルーシの分領公国の1つである。ドルツクを首都とし、ドニエプル川の支流のドルツィ川上流域を領土とした[1]12世紀から14世紀にはポロツク公国の、14世紀から16世紀にはリトアニア大公国の分領公国となっていた[注 1]

(留意事項):リトアニア大公国編入以降の地名・人名などに関しても、便宜上、ロシア語からの転写表記に統一した。ベラルーシ語、リトアニア語、ポーランド語に準じた表記についてはリンク先等を参照。

歴史[編集]

ドルツク公国の位置
ポロツクとその分領公国
P:ポロツク公国
V:ヴィテプスク公国 L:ルコームリ公国
D:ドルツク公国 O:ロゴジュスク公国
M:ミンスク公国 IZ:イジャスラヴリ公国
G:ゲルツィケ公国 K:クケイノス公国
周辺の主な公国
S:スモレンスク公国 KI:キエフ公国
N:ノヴゴロド公国T:トゥーロフ公国
(ポイントは首都の位置のみ。国境線は2014年現在)

1101年ポロツク公フセスラフが死亡した後、ポロツク公国はその息子たちに分割相続された。ドルツク公国はそのうちの1つである。それ以来、ドルツク公国はログヴォロド(あるいはボリス)の子孫[注 2]によって統治された。1127年、初代ドルツク公ログヴォロド(ボリス)はポロツク公となり、次のドルツク公には、おそらくこの人物の子のログヴォロドが就いたと考えられる。しかし1129年に、キエフ大公ムスチスラフ1世の遠征軍によって、ポロツクの地の諸公は捕らえられ、ビザンツ帝国に送られた。二代目ドルツク公のログヴォロドもその中に含まれていたが、1140年に帰還し、再びドルツクを統治した。彼は1144年にポロツク公となり、ドルツク公位にはその子のグレプが就いたと考えられている。なお、ポロツク公となった後、ログヴォロドは1151年ポロツクの人々の反乱の結果、ミンスク公ロスチスラフに捕らえられた。ロスチスラフはドルツク公位に自身の子のグレプを据えた。しかし1151年にはドルツクのヴェーチェ(民会)はロスチスラフの子のグレプを追放し、再びログヴォロドを公に迎えた。この報復として、ドルツクはミンスク公・ポロツク公の攻撃を受けたが、1159年にはログヴォロドが再びポロツク公位を獲得した。その後、ログヴォロドは1162年より、自身4期目のドルツク公となり、1171年に死亡した。

上記のログヴォロド以降の、ドルツクの統治者に関する情報量は非常に乏しい。しかし近隣の諸公国に比べ、ドルツク公国は長期にわたって存続した。史料の1180年の記述では、ドルツク公にはログヴォロドの子のグレプが再度就いている。1196年にはボリス・フセスラヴィチどいう人物(おそらくログヴォロドの孫、グレプの甥)の名が見られる。このボリス・フセスラヴィチは、1215年から1222年にかけてポロツク公となったボリス・ダヴィドヴィチと同一人物とみなす説や[注 3]1217年の聖人に関する目録の中に言及があるという指摘がある[注 4]。ただし、キエフ大公国存続期のドルツク公についての記録を、1196年以降の史料上に見つけることはできない。ドルツク公国は13世紀末からはミンスク公国、14世紀初めからはヴィテプスク公国の影響下にあった。

なお、何人かの研究者は、16世紀以降に登場する貴族の家門であるドルツキー家(ru)を、初代ドルツク公ログヴォロドの子孫とみなしている[3]が、権威ある説としては、ドルツキー家はノヴォグルドク公ロマンダニール・ロマノヴィチの子)を起源とする家門であるとみなされている[4][5]

14世紀の半ばに、ドルツク公国はリトアニア大公国に編入された。編入当初にヴァシリーとセミョーン兄弟(上記のロマンの子)によって分割統治され、15世紀にはさらに細分化された。ドルツク公国の相続人の1人であるヴァシリーの孫のアンドレイは、1399年のヴォールスクラの戦い(ru)で死亡し、アンドレイ領は1411年に、リトアニア大公ヴィータウタスによって教会管区(ヴィリニュス管区(ru))に譲渡された。ただし1508年の段階でも、ドルツクはいまだドルツク公(分領公)が統治していた。この時のドルツク公ヴァシリー、アンドレイ、ボグダンらは、リトアニア大公国からモスクワ大公国へと去り、ヴァシーリー3世に仕えた(このときより、上記のドルツキー家が登場する)。

また、リトアニアへの編入時に2つに別れた家系のうちの片方は、さらに複数に分家した。ドルツキー・ソコリンスキー家(ru)、コノプリ・ソコリンスキー家(ru)、プチャーチン家(ru)、バビチェフ家(ru)、ドルツキー・リュベツキー家(ru)などである[注 5]

16世紀にドルツク公国は廃止され、ドルツク公は一般的な地主となった。とはいえ、彼らは公(クニャージ)の称号を有し続けていた。リトアニア大公国の行った、1564年から1565年にかけての行政改革によって、ドルツク公国の領域はヴィテプスク県のオルシャ郡(ru)となった[注 6]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ リトアニアへの編入を13世紀半ばとみなす文献もある[1]
  2. ^ なお、フセスラフの子として名前の挙がる、ログヴォロドとボリスが同一人物か否かで論がわかれているが、「ログヴォロド」が実際にドルツクを所領したということを指摘する研究者の文献がある[2]
  3. ^ L.ヴォイトヴィチの説による。
  4. ^ V.タティシチェフ(ru)の指摘による。
  5. ^ この段落の家門名はロシア語からの転写による。
  6. ^ 「ヴィテプスク」「オルシャ」はロシア語からの転写による。また「県」はロシア語: воеводство(ru)、「郡」はロシア語: повет(ru)からの訳による。

出典[編集]

  1. ^ a b Друцкое княжество // Большая советская энциклопедия
  2. ^ Алексеев Л. В. Полоцкая земля (очерки истории северной Белоруссии) в IX — XIII вв. — С. 253.
  3. ^ Войтович Л.Князі друцькі // КНЯЗІВСЬКІ ДИНАСТІЇ СХІДНОЇ ЄВРОПИ— Львів: Інститут українознавства ім. І.Крип’якевича, 2000.
  4. ^ Савелов Л. М. Родословные записи. (Опыт родословного словаря русского древнего дворянства) / Историко-родословное о-во в Москве. Вып. 1-3. СПб., 1906—1909.
  5. ^ Дворянские роды Российской империи. Том 1. Князья. — С. 103—104.

参考文献[編集]

  • Иллюстрированная хронология истории Беларуси: С древности и до наших дней/ редкол.: Г. П. Пашков и др.; Авт.-сост. И. П. Ховратович. — 3-е изд.,доп. — Минск: БелЭн, 2002.
  • Алексеев Л. В. Полоцкая земля // Древнерусские княжества X—XIII вв. — М., 1975.
  • Алексеев Л. В. Полоцкая земля (очерки истории северной Белоруссии) в IX — XIII вв. / Ответственный редактор академик Б. А. Рыбаков. — М.: Наука, 1966.
  • Славянская энциклопедия. Киевская Русь — Московия: в 2 т. / Автор-составитель В. В. Богуславский. — М.: ОЛМА-ПРЕСС, 2001.
  • Войтович Л. Ізяславичі полоцькі // КНЯЗІВСЬКІ ДИНАСТІЇ СХІДНОЇ ЄВРОПИ — Львів: Інститут українознавства ім. І.Крип’якевича, 2000.
  • Рыжов К. Все монархи мира. Россия — М.: Вече, 1998.

関連項目[編集]