ドリームシグナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドリームシグナル
Dream Signal 20080420P1.jpg
2008年4月20日 中山競馬場
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 2005年6月4日
死没 (存命)
登録日 2007年
抹消日 2010年6月10日
アグネスデジタル
ダイイチアピール
母の父 サンデーサイレンス
生国 日本の旗 日本北海道新冠町
生産 コスモヴューファーム
馬主 セゾンレースホース(株)
調教師 西園正都栗東
競走成績
生涯成績 19戦2勝
獲得賞金 8606万円
テンプレートを表示

ドリームシグナル (Dream Signal) は日本中央競馬会に登録されていた元競走馬である。半兄ホクトスルタン、近親にローゼンカバリーがいる。馬名の由来は冠名の「ドリーム」と両親の名前からの連想で熱い走りの信号を伝えたいを意味する「シグナル」が由来となっている。

経歴[編集]

2歳[編集]

2007年5月頃に入厩し7月8日にデビューしたが、デビュー戦は3着に終わる。なお、勝ち馬のアーネストリーが後に宝塚記念を勝ち、2着のトールポピーは後に阪神ジュベナイルフィリーズ優駿牝馬を勝ち、さらに8着のキャプテントゥーレは後に皐月賞を勝っている。その後2戦目は5着。少し間隔をおき、10月に行われた3戦目で初勝利を挙げる。続いて京王杯2歳ステークスに出走する。1勝馬というだけあって15頭中12番人気の低評価ではあったが、内側でしぶとく伸び外から伸びてきたアポロドルチェに交わされたものの2着に食い込み波乱を演出した。続く朝日杯フューチュリティステークスでも8番人気とそれほど評価は高くなかったがレースでは逃げ切ったゴスホークケンをはじめ先行勢有利の前残りの展開ながら後方から追い込んで4着と善戦し、同時に前走で敗れたアポロドルチェ(11着)に雪辱を果たした。

3歳[編集]

2008年、年明け初戦はシンザン記念。前走の成績や調教での動きが良かったことから1番人気に支持される。レースでは後方に待機し、スパートをかけるとハイペースながら直線でしぶとく粘るマヤノベンケイをあっという間に交わすと同じく後方から追い上げてきた同じ馬主のドリームガードナーら後続を2馬身半抑えて重賞初制覇を果たす。続くスプリングステークスからは吉田隼人の騎乗で出走するが6着だった。続く皐月賞は15着だった。その後NHKマイルカップに出走、13番人気という低評価だったが4着に入った。その後、初のダート戦となったユニコーンステークスに出走したが、9着に終わった。秋初戦は初の古馬との対戦となるポートアイランドステークス。しかし、13着に敗れる。続く富士ステークスでは10着だった。続くオーロカップでは13着と大敗した。次走のキャピタルステークスでは6着だった。

4歳[編集]

2009年、この年初戦は東風ステークス。人気通りの11着に敗れた。続くダービー卿チャレンジトロフィーでは終始後方のまま12着と大敗した。8ヶ月の休養後、12月の六甲アイランドステークスで復帰したが、終始後方のまま16着と大敗した。

5歳[編集]

2010年1月16日の石清水ステークスに出走。後方待機から一気に進出するも直線で失速して16着と殿負けに終わった。4ヵ月半の休養を挟んで6月5日の湘南ステークスに出走したが、見せ場なく人気通りの17着に敗れた。そして6月10日付でJRA競走馬登録を抹消された。今後は岐阜県羽島郡岐南町の笠松ライディングスクールにて乗馬となる。

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名


オッズ
(人気)
着順 騎手
距離(馬場) タイム
(上り3F
勝ち馬(2着馬)
2007 7. 8 阪神 2歳新馬 15 7 12 26.1(6人) 3着 幸英明 54 芝1800m(稍) 1.49.0 (36.0) 0.3 アーネストリー
7. 28 新潟 2歳未勝利 17 2 3 4.3(2人) 5着 石橋脩 54 芝1600m(良) 1.35.6 (34.1) 0.5 ショウナンアルバ
10. 21 京都 2歳未勝利 12 5 6 4.7(2人) 1着 幸英明 55 芝1600m(良) 1.35.5 (35.6) -0.2 (キャッツインブーツ)
11. 10 東京 京王杯2歳S JpnII 15 4 7 45.2(12人) 2着 小林淳一 55 芝1400m(稍) 1.23.0 (35.1) 0.3 アポロドルチェ
12. 9 中山 朝日杯FS JpnI 16 2 4 13.4(8人) 4着 C.ルメール 55 芝1600m(良) 1.34.1 (35.4) 0.6 ゴスホークケン
2008 1. 13 京都 シンザン記念 JpnIII 16 3 5 2.9(1人) 1着 岩田康誠 56 芝1600m(良) 1.35.4 (35.6) -0.4 (ドリームガードナー)
3. 23 中山 スプリングS JpnII 16 6 12 8.5(3人) 6着 吉田隼人 56 芝1800m(良) 1.49.3 (35.5) 0.4 スマイルジャック
4. 20 中山 皐月賞 JpnI 18 7 13 33.9(13人) 15着 吉田隼人 57 芝2000m(良) 2.03.2 (36.0) 1.5 キャプテントゥーレ
5. 11 東京 NHKマイルC JpnI 18 4 7 29.9(13人) 4着 吉田隼人 57 芝1600m(稍) 1.35.4 (35.1) 1.2 ディープスカイ
6. 7 東京 ユニコーンS JpnIII 16 6 12 9.3(4人) 9着 吉田隼人 56 ダ1600m(良) 1.36.9 (37.6) 1.8 ユビキタス
10. 5 阪神 ポートアイランドS OP 18 1 2 15.9(8人) 13着 和田竜二 54 芝1600m(稍) 1.36.1 (34.4) 1.4 マイネルレーニア
10. 25 東京 富士S GIII 18 4 8 34.3(11人) 10着 吉田豊 55 芝1600m(良) 1.33.4 (34.4) 0.7 サイレントプライド
11. 16 東京 オーロC OP 18 7 15 13.1(5人) 13着 吉田隼人 53 芝1400m(良) 1.21.8 (34.0) 1.3 ヤマニンエマイユ
11. 29 東京 キャピタルS OP 18 7 15 31.7(11人) 6着 丸田恭介 56 芝1600m(良) 1.34.0 (34.7) 1.0 タマモサポート
2009 3. 14 中山 東風S OP 16 1 2 28.1(11人) 11着 内田博幸 56 芝1600m(不) 1.39.0 (39.0) 2.5 ショウワモダン
4. 5 中山 ダービー卿CT GIII 15 5 10 52.2(14人) 12着 石橋脩 54 芝1600m(良) 1.34.2 (34.6) 0.5 タケミカヅチ
12. 12 阪神 六甲アイランドS 18 5 10 66.1(11人) 16着 安部幸夫 57 芝1400m(良) 1.23.2 (35.7) 1.6 エーシンフォワード
2010 1. 16 京都 岩清水S 16 2 4 96.9(12人) 16着 池添謙一 57 芝1600m(良) 1.36.5 (36.2) 2.1 デリキットピース
6. 5 東京 湘南S 18 5 10 243.4(17人) 17着 石橋脩 57 芝1600m(良) 1.34.7 (35.6) 3.0 スピリタス

エピソード[編集]

セゾンカードの2008年のCMに出演している馬はドリームパスポートとドリームシグナルの馬体のデータを参考にして作られた。これは旧ジョイ・サラブレッドクラブの経営権をクレディセゾンが取得した縁によるものである。

血統表[編集]

ドリームシグナル血統ミスタープロスペクター系 / Hail to Reason 4×5=9.38%, In Reality 4×5=9.38%, Northern Dancer 6.25% 5×5=6.25% (血統表の出典)

*アグネスデジタル
Agnes Digital
1997 栗毛
父の父
Crafty Prospector
1979 栗毛
Mr.Prospector
1970 鹿毛
Raise a Native
Gold Digger
Real Crafty Lady
1975 栗毛
In Reality
Princess Roycraft
父の母
Chancey Squaw
1991 鹿毛
Chief's Crown
1982 鹿毛
Danzig
Six Crowns
Allicance
1980 鹿毛
Alleged
Runaway Bride

ダイイチアピール
1996 鹿毛
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
母の母
ダイイチリカー
1990 黒鹿毛
*リアルシャダイ Roberto
Desert Vixen
ダイナフェアリー *ノーザンテースト
ファンシーダイナ F.No.9-f

半兄に目黒記念を制したホクトスルタン、おじに若葉ステークス勝ちがあるダイイチダンヒルがいる。

外部リンク[編集]