ドラーアカデミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Dollar Academy
Dollar Academy mainbuliding.jpg
1818年に建てられた本校舎
モットー Juventutis Veho Fortunas
(Latin: "I bear the fortunes of youth")
創設 1818
種別 インデペンデント・スクール
Rector David Knapman
理事長 John Cameron of Balbuthie CBE
創設者 Captain John McNabb
所在地 Academy Place
ドラー
クラックマナンシャイア
FK14 7DU
スコットランド 座標: 北緯56度09分58秒 西経3度40分14秒 / 北緯56.166225度 西経3.67059度 / 56.166225; -3.67059
学生数 c. 1250
性別 共学制
年齢 5–18
  Atholl
  Marr
  Stewart
  Argyll
スクールカラー           Navy Blue & White
出版 Fortunas (biannual publication)
学校新聞 The Galley Student Newspaper
Former pupils Old Academicals
ウェブサイト www.dollaracademy.org

ドラー・アカデミー ( Dollar Academy )は、イギリススコットランドクラックマナンシャイアに位置する、スコットランドで一番古い寮制インデペンデント・スクール(私立校)である。1818年にキャプテン・ジョン・マクナブによって設立された。イギリスで最も古い男女共学のパブリックスクールとしても知られている。

本校の生徒は5歳から18歳までの合計約1300人、そのうち約90人がで生活している。その他の生徒は学校の近くに住んでいて歩いて登校するか、バスを使用する。主にスターリングファイフパースなどから通っている生徒が多い。ドラーアカデミー校は5歳から10歳までが通う小学校 (Prep School) 、11歳、12歳の中学校 (Junior School) と、13歳から18歳までが通う高校 (Senior School) の3つに分かれており、小学生をPrep I-V、中学生をJunior I、II、高校生をForm I-VIと呼ぶ。Form IVからForm VIの生徒はスコットランド資格機関(Scottish Qualifications Authority又はSQA)の試験、スタンダードグレイド、ハイヤーズまたはアドバンスド・ハイヤーズを毎年5月から6月に受験する。学費はスコットランドの学校の中で学費が16番目、SQAの試験を行っている学校の中では8番目に高く[1]、年間約7,300ポンドから9,800ポンド、寮生は学費も含め約18,000ポンドから21,000ポンドとなっている。

本校は計8つの校舎、体育館テニスコートのほか4つの寮(男女2つずつ)を所持しており、合計面積は70エーカーに上る。

岩手県九戸郡九戸村と交流があり、毎年日本からのホームステイなどを通して交流を続けている。

イギリス紙スコッツマン (The Scotman) [2]によると、2007年のハイヤーズ(高校2年生 (Form V) が受ける試験)に合格した生徒の率がスコットランドのパブリックスクールの中で最も高く、95%であった。

学校の生活[編集]

本校は3学期制で、それぞれの学期をTermと呼ぶ。Term 1は8月下旬から12月中旬、Term 2は1月上旬から3月下旬、Term 3は4月下旬から6月下旬までで、それぞれの学期の間はChristmas holiday, Easter holiday, Summer holidayの長期休暇がある。また、10月中旬と2月中旬にはOctober break, February breakと呼ばれる1週間ほどの短期休暇もある。それぞれの休みには寮生が自宅に帰り、長期休暇の期間は寮に泊まることは不可となっている。寮生がいるため、基本的にイギリスの祝日には学校を休みはしないが、長期休暇などに休まなかった分の休日を補うため、公立学校よりも多少休みが長いことがある。

朝は午前8時45分から始まり、生徒がそれぞれのクラス (Registration) に行き、それぞれの担任が出欠席をとる。その後、月・水・金は午前8時55分から午前9時15分までの集会 (Assembly) に行き、その他の日は午前9時10分から1時間目が始まる。1日に授業が5コマあり、1コマ60分(教室移動時間を含める)である。2コマ目と3コマ目の間(午前11時15分から午前11時30分)に15分の中休み (Break time) があり、3コマ目終了後(午後12時30分)に55分の昼休みがある。4コマ目は午後1時25分から始まり、学校が終わるのは午後3時25分となっている。放課後はラグビークリケットなどのスポーツ系や合唱オーケストラなどの芸術系の部活動がある。部活動に所属していない生徒も多く、また部活の活動日も部活や学期によって大きく異なる。

昼休みに高校生(Form I からForm VI)は学校の食堂 (Dinning Hall) に行くか、街 (Downtown) の店まで買いに出ることが多い。弁当を持参する生徒も多い。小・中学生(Prep I からJunior II)は基本的に街に行くことは許されておらず、弁当を持参するか食堂で食べる。

制服は男子はブレザー、ネクタイ、白いYシャツ、ズボン、黒靴下、女子はブレザー、白いブラウス、ネクタイ(長袖のブラウスの時のみ)、キルト、タイツ、そして男女共に黒い靴を履く。場合によっては紺のセーターを着ることも許されている。

年間行事[編集]

Term 1: Sponsored walk、Form VI dinner (Form VI のみ)、Halloween Disco(Junior school又はForm I のみ)、Christmas concert(ここ3年、学校から約一時間ほどのところにあるパースコンサートホールで行っている)Christmas Dance

Term 2: Form VI play(Form VI のみが出演する演劇)、Burn's supper(Form VI のみ)、Entrance Exam(毎年1月に行われる入学試験)

Term 3: Junior School Musical、Senior School Musical、Teddybear's picnic(Prep I とForm VI のみ)、Summer ball(Form VI のみ)、Prize Giving

Sponsored walk, Halloween disco, Teddybear's picnicはチャリティーイベントである。

Junior School MusicalとSenior School Musicalは毎年演目が異なり、これまでアニーコパカバーナマイ・フェア・レディー屋根の上のバイオリン弾きなどが上演された。

出身者[編集]

卒業生の中にはジェイムズ・デュワーなどをはじめ、多くの著名人がいる。

脚注[編集]

  1. ^ Wikipedia - "List of independent schools in Scotland"
  2. ^ スコッツマン, 2007年12月15日付 - "Top Dollar: academy leads the independent sector"

外部リンク[編集]