ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドラゴンクエストシリーズ > ドラゴンクエストモンスターズ > ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー
ドラゴンクエストモンスターズ
ジョーカー
ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 ニンテンドーDS
開発元 トーセ
発売元 スクウェア・エニックス
人数 1人、2人(対戦・データ交換)
メディア DSカード
発売日 日本 2006年12月28日
北米 2007年11月6日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
売上本数 日本約151万本
その他 ニンテンドーWi-Fiコネクション
DSワイヤレスプレイ対応
テンプレートを表示

ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー』は、2006年12月28日スクウェア・エニックスから発売されたニンテンドーDSゲームソフト

概要[編集]

ゲーム中に登場するモンスターを育成するRPGであるドラゴンクエストモンスターズシリーズの第4作。タイトルロゴには暗めの色が多用され、従来のデザインの "DRAGON QUEST" ロゴではなく、略称の "DQM" が大きく書かれたロゴとなり、スピンオフ企画の要素を強く打ち出している。

前作とは違い、シナリオ&ゲームデザイン/ゼネラルプロデューサーに堀井雄二を起用し、キャラクター・デザイン鳥山明、音楽すぎやまこういちと、久々のドラゴンクエストシリーズの"黄金トリオ"での製作となっており、堀井によると本作での手応え(携帯機でも十分に楽しめる完成度、PlayStation 2より少ない開発費と開発期間)が、『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』をニンテンドーDSで製作する事の決め手になったという。出荷本数は前作の60万本の3倍以上となる190万本を記録している(2009年9月末時点)。

本作より、呪文の系統や種類が大幅に整理されており、属性の変更や新たな魔法が多数投入されたと同時に、ドラゴンクエスト第1作から存在したギラ系や、ゲームボーイ時代にバランスを指摘されたビッグバン、パルプンテなどが削除されている(呪文についての詳細はドラゴンクエストシリーズの呪文体系を参照)。

また、本作からドラゴンクエストシリーズで初めてインターネット対応をした初めての作品である。

2007年2月1日から2月14日の期間で、すれちがいバトル特別データとしてDSステーションとのすれちがい通信で「レオパルド」「トロデ」などの隠しモンスターが入手できるサービスを展開した。

TGS2007にて「日本ゲーム大賞2007」の優秀賞に選ばれた。

2010年4月28日には、続編である『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2』が発売された。

システム[編集]

ゲーム画面は移動画面・戦闘画面とも、『ドラゴンクエストVIII』と同様に、トゥーンレンダリングを用いた完全3D表現となっている。エンカウント方式は従来の作品(マップ上で敵の姿が見えないランダムエンカウント方式)と異なり、フィールド上に見えているモンスターの姿に接触すると戦闘が始まるシンボルエンカウント方式が採用されている。また、昼/夜の時間の流れも取り入れられている。ただし、本編ストーリー自体は他のシリーズに比べ短く、登場モンスターも全210種となっている。

なお、本作はシリーズ史上初めて、冒険途中のデータを格納するファイルの名前を『冒険の書』と呼ばずにそのまま『セーブ』としたタイトルでもある。

成長限界[編集]

本作ではモンスターごとに成長限界が設定されており、決められたステータス以上は上昇しなくなる(種、木の実を使っても)。スキルによる能力アップなら上限を超えることができるが、999以上にはならない。

特性[編集]

種族固有の特殊能力。特定の種類の技の威力を上昇させたり、会心の一撃が出やすくなるなど効果は様々。配合で別の種族に受け継がせることはできない。

耐性[編集]

種族固有の特技の効きやすさ。これまでのシリーズでは隠しステータスのような扱いだったが、本作からはステータス画面でモンスターの耐性を確認できるようになった。「○○に よわい」の場合、属性攻撃で大ダメージを受け、状態異常にかかりやすくなるが、軽減、半減と耐性が上がるにつれ、対応する属性の技が効きづらくなる。

スカウト[編集]

本作では主人公の持つ「スカウトリング」を使ってモンスターを仲間にするシステムである。スカウトリングの力を仲間モンスターたちに宿し、「スカウトアタック」を使用することにより、相手のモンスターをスカウトして仲間にすることができる。自分のモンスターが強いほど相手のモンスターが仲間になりやすい。

スキル[編集]

『ドラゴンクエストVIII』と同様、仲間のレベルアップ時に得られる「スキルポイント」を、モンスターの持ついくつかのスキルに振り分けることで、成長の方向を変えることができる。(→ドラゴンクエストVIII スキル)また、配合で両親のスキルを子供に受け継がせることができ、特定のスキルを極めている場合、新たなスキルが生成されることもある。スキルを習得できるアイテムも存在する。

パーティ[編集]

モンスターのパーティは、他のドラゴンクエストモンスターズ作品と同様に最大3匹であるが、本作では戦闘に参加させる3匹の他に、控えのモンスターとしてもう3匹をスタンバイさせておくことができる。スタンバイしたモンスターとは移動中に入れ替える事ができる。

配合[編集]

ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド』や『ドラゴンクエストモンスターズ2 マルタのふしぎな鍵』と同様、2匹のモンスター(レベル10以上のみ)を配合するシステムが搭載されている。本作では配合結果が1組あたり最大3パターン存在し、その中から好きな配合結果をプレイヤーが選択することができる。 更に第3の性別「万能」が登場し、オス、メスどちらの性別とも配合できるが、万能同士で配合することができない。

四体配合[編集]

通常の配合と異なり、2つ前の世代が孫の種族を決定する配合。例えば、スライム同士の配合では通常はスライムが生まれるが、祖父母の代がスライム4匹ならキングスライムが生まれる。

神獣配合[編集]

神獣を親にする配合。相手の系統とランク、ゲームの進行状況に応じた神獣が生まれる。子供の性別は必ず万能になり、配合に役立つ杖の効果は無視される。配信限定のあるモンスターを配合すると、特殊な神獣が生まれる。

通信対戦[編集]

本作でも他プレイヤーとの対戦が可能。本作では次の3つの対戦形式が用意されている。

シングルマッチ
DSワイヤレス通信を使用し、他のプレイヤーと1対1の対戦プレイを行う。
勝ち抜き対戦
DSワイヤレス通信を使用し、通信範囲内にいる複数のプレイヤーと連続して対戦を行う。
すれちがい通信
チームの状態を「すれちがい状態」に設定することで、同様の設定を行っているプレイヤーとすれ違ったときにお互いのモンスターのデータをダウンロードし、対戦することができる。ただし、すれ違い通信でスカウトしたモンスターはゲスト扱いとなり、そのモンスターを配合して作ったモンスターもゲスト扱いになる。後述するジョーカーズGPへの参加は不可能になる。
ジョーカーズGP(サービス終了)
ニンテンドーWi-Fiコネクションを用いて、ジョーカーズGPのランキングにパーティを登録し、登録後、ランキングがキリバンのチームから5チーム選出され、下位から順に5回戦勝ち抜きの対戦を行うことができた。勝ち抜くごとにモンスターやアイテムが賞品として得られる。しかし、実際の強さとランキングが比例していないとの指摘、プロアクションリプレイ、ワザポンの改造機器の改造コード(不正フラグ解除)などを用いて改造モンスターを作成し不正フラグ解除のコードを使用して不正に上位に食い込む者がいるという問題が挙げられる。午前2時から10時30分までの間は参加できない。また、同じモンスターを2体以上パーティーに入れるとランキングに載らない。Wi-Fiに共通することだがフリーズに弱くデータが消える可能性がある。

2011年1月28日に本サービスを2011年3月31日をもって終了することが告知され、2011年3月31日24:00をもってサービスは終了された。

世界観[編集]

7つの島から構成される「グランプール諸島」が舞台となる。基本的な世界観は従来のドラゴンクエストシリーズ作品と変わらないが、島から島への移動手段として水上バイクが登場したり、デパートATMが存在するなど、一部では従来の中世ヨーロッパをイメージしたドラゴンクエストとは異なる近未来的な雰囲気も醸し出されている。

アルカポリス島
バトルGPの拠点。様々な施設があり、多くのマスターの拠点となる。
ノビス島
弱いモンスターが生息しており、駆け出しのマスターがよく訪れる島。
サンドロ島
辺り一面砂漠のすり鉢状の島。
デオドラン島
マダム・デオドラが所有する島。島一面彼女の庭となっており、自由に島を行き来するには彼女の試練をクリアする必要がある。
ヨッドムア島
かつて災厄に見舞われたとされる島。現在は寂れており、訪れるマスターも少ない。
レガリス島
遺跡の島。様々なマスターがここを訪れ、マスター同士の戦いが盛ん。
モルボンバ島
密林に覆われた島。地形は複雑で、生息するモンスターも強い。

登場モンスター[編集]

??ランク(神獣)[編集]

  • スペディオ
  • ガルハート
  • グラブソン
  • ディアノーグ
  • キングスペーディオ
  • クインガルハート
  • グラブソンジャック
  • ディアノーグエース
  • デモンスペーディオ
  • JOKER

SSランク[編集]

  • ゴールデンスライム
  • トロデ
  • りゅうおう
  • りゅうじんおう
  • レオパルド
  • レティス
  • ゾーマ
  • デスタムーア
  • あんこくのまじん
  • デスピサロ
  • エスターク
  • オルゴ・デミーラ
  • ガルマッゾ
  • ラプソーン(小)
  • ラプソーン(大)

Sランク[編集]

  • メタルキング
  • スライムマデュラ
  • グランスライム
  • ブラックドラゴン
  • ギガントドラゴン
  • はくりゅうおう
  • ヘラクレイザー
  • だいおうイカ
  • オセアーノン
  • アトラス
  • ドン・モグーラ
  • ミルドラース
  • ドルマゲス
  • トラップ・ボックス
  • キラーマシン
  • バベルボブル
  • カンタダ
  • おにこんぼう
  • シドー
  • デュラハーン
  • キャプテン・クロウ
  • ワイトキング

Aランク[編集]

  • バブルキング
  • メタルカイザー
  • グレイトドラゴン
  • メカバーン
  • ワニバーン
  • エビラ
  • オーシャンクロー
  • ガルーダ
  • ギガンテス
  • アンクルホーン
  • モヒカント
  • バッファロン
  • バズズ
  • ゴーレム
  • うごくせきぞう
  • ブル
  • バル
  • ベル
  • ジャミラス
  • グラコス
  • まおうのつかい
  • ベリアル
  • フラワーゾンビ
  • なげきのぼうれい
  • ピサロナイト
  • しにがみきぞく

Bランク[編集]

  • ダークスライム
  • ダークナイト
  • スライムベホマズン
  • アルゴングレート
  • ヘルダイバー
  • シャークマジュ
  • リザードファッツ
  • ギガントヒルズ
  • かぶとこぞう
  • デスファナーレ
  • コングヘッド
  • キラーアーマー
  • なぞのしんかん
  • アークデーモン
  • ボストロール
  • ボル
  • ミミック
  • ソードファントム
  • しりょうのきし
  • ボーンナイト
  • エビルスピリッツ
  • おおがらす
  • バードファイター
  • シルバーデビル

Cランク[編集]

  • スライムブレス
  • キングスライム
  • べホマスライム
  • はぐれメタル
  • バトルレックス
  • かいりゅう
  • ドラゴンソルジャー
  • メタルドラゴン
  • ヘルコンドル
  • じんめんじゅ
  • キラーパンサー
  • はさみくわがた
  • サイレス
  • おおドラキー
  • オクトセントリー
  • あくましんかん
  • どろにんぎょう
  • リンリン
  • メタルハンター
  • パペットこぞう
  • くさったしたい
  • さまようよろい
  • ダースウルフェン
  • リリパット
  • ガーゴイル
  • マーマン
  • サイコロン
  • ダンビラムーチョ

Dランク[編集]

  • スライムファング
  • スライムナイト
  • メタルスライム
  • メタルライダー
  • エンゼルスライム
  • もりもりスライム
  • もりもりベス
  • ドラゴン
  • スカルゴン
  • ドラゴンバケージ
  • ギャオース
  • ダースドラゴン
  • ベビーパンサー
  • ヘルホーネット
  • あばれうしどり
  • おおうつぼ
  • デザートデーモン
  • びっくりサタン
  • くびかりぞく
  • レッサーデーモン
  • ひとくいばこ
  • ばくだんいわ
  • さつじんいかり
  • ゴールドマン
  • メタッピー
  • ぼうれいけんし
  • ハエおとこ
  • がいこつ
  • コサックシープ
  • かくとうパンサー
  • よるのていおう
  • とらおとこ
  • ブラウニー

Eランク[編集]

  • スライムベス
  • ドラゴスライム
  • スライムカルゴ
  • いっかくりゅう
  • ドラゴンブッシュ
  • デンデンりゅう
  • アルミラージ
  • プチアーノン
  • プリズニャン
  • ベビーサタン
  • ドルイド
  • じんめんガエル
  • おどるほうせき
  • わかめおうじ
  • おばけキャンドル
  • マドハンド
  • エビルドライブ
  • ミイラおとこ
  • スキッパー
  • サーベルきつね
  • ワンダーフール
  • オーク

Fランク[編集]

  • スライム
  • バブルスライム
  • スライムつむり
  • ホイミスライム
  • コドラ
  • リザードキッズ
  • いばらドラゴン
  • アルゴリザード
  • くしざしツインズ
  • ポグフィッシュ
  • おおさそり
  • ぐんたいがに
  • キメラ
  • ドラキー
  • リップス
  • おおめだま
  • シーメーダ
  • わらいぶくろ
  • シャドー
  • フレイム
  • ブリザード
  • シャイニング
  • ゴースト
  • メラゴースト
  • きりかぶおばけ
  • おばけきのこ
  • ももんじゃ
  • いたずらもぐら
  • プークプック
  • おおきづち

登場キャラクター[編集]

主人公
「スカウトリング」と呼ばれる指輪を身につけた少年。15歳。神に選ばれたモンスターマスター。ギルツの息子である。バトルGP参加マスターのメンバーでは唯一経歴が不明である。しかし、序盤でアロマと邂逅したときは彼女に経歴を気づかれた節があり、クリア後に自身の父親が彼女にギルツであることを知っていたことを告白されている。
ノビス島で神獣と邂逅(この時はアロマにスカウトされかけていた)したのを切っ掛けに行動を共にし、「グランプール諸島」の7つの島々を冒険していき、サンドロ島でのカルマッソとの対決を経て、10個のマデュライトを集め、バトルGP参加マスターの中で5番目(つまり最後)にバトルGP本部にある鐘を鳴らし、第7回バトルGPに参加。アロマ以外のマスター3人を撃破し、決勝戦でアロマと激突するも、アロマが神獣に対して暴行(未遂)を働いた(「ゲブズリン」と呼ばれたことが原因)ため、不戦勝となり、優勝する。その後、会長室に呼ばれ、神獣にマ素を浴びせられ、神獣を奪われる。マ素に染まった神獣(デモンスペーディオ)を止めようとするも攻撃され、気を失う。アロマの呼びかけで目を醒まし、マ素に染まった神獣(デモンスペーディオ)とカルマッソを追って、ヨッドムア島へと向かい、マ素に染まった神獣(デモンスペーディオ)と激突し、勝利、神獣を奪還する。ヨッドムア島の頂上にて、カルマッソ(姿はガルマッゾ)と最終決戦を繰り広げ、死闘の末に勝利。カルマッソ(ガルマッゾ)から宝具を取り戻す。そして、宝具を使い、JOKERの姿となった神獣を見送り、ノビス島にて、神獣(この時はキングスペーディオの姿)と再会する。アルカポリス島ではスラムの端にある閉ざされた扉の奥で眠っていた魔物エスタークを仲間にし、アロマGPではアロマとの対決にも勝利し、様々な人から、「歴代最強のチャンピオンの誕生か」や「カルマッソ前会長と対決したら、どうなっていたか」等と言われるまでになった。
神獣
神の系統を継ぐといわれる特殊なモンスターで、プロテクターを身に纏っている。猿のような姿をした「グラブゾン」、鷹のような姿をした「ガルハート」、狼の姿をした「スペディオ」、龍の姿をした「ディアノーグ」、最終進化系の「キングスペーディオ」が存在し、配合するとクインガルハート、グラブゾンジャック、ディアノーグエースが完成する。さらにイベントで手に入るモンスターと神獣を配合すると、デモンスペーディオ、JOKERが誕生する。口調は一人称が「我」、二人称は「汝」など威厳あふれるものであるが、つりばしが苦手で主人公に先に渡らせようとする一面もある。神獣の名前には、トランプの名称が入っている[1]
ノビス島で主人公と邂逅(この時はアロマにスカウトされかけていた)したのを切っ掛けに行動を共にし、「グランプール諸島」の7つの島々を冒険していき、姿を変化させてゆく。
第7回バトルGP後、カルマッソによってマ素を浴びせられ、主人公を攻撃し、気を失わせ、カルマッソとヨッドムア島に向かう。その後、追ってきた主人公とヨッドムア島で激突し、正気に戻り、改めて、主人公と行動を共にする。カルマッソ(ガルマッゾ)撃破後、宝具を使い、JOKERの姿となり、「さよならは言わない」と主人公に告げ、空へ帰っていき、ノビス島にて、主人公と再会する。
アロマ=ゲブズリン
スカウトリングをつけたモンスターマスターの少女で、デオドラン島のマダム・デオドラの娘。17歳。主人公にライバル意識を抱く。彼女は、誰かから「ゲブズリン」と呼ばれると急にキレ出す。そのせいで、第7回バトルGPは4人目として登場するが、反則負けとなってしまう。カルマッソ会長失踪後の新会長に就任し、アロマGPなるものを開催する。
3DS版『ドラゴンクエストモンスターズ2 イルとルカの不思議なふしぎな鍵』にて、イベントバトルの対戦相手としてゲスト出演。その際の使用モンスターはデモンスペーディオとガルマッゾ。こちらでもゲブズリンの名を呼ばれているが怒りだす様子はなく、「デリカシーがない」と言っていた。
ギルツ
主人公の父親。モンスターの生態を研究する機関「ジェイル」の創設者にして統主。「ジェイル」の本来の目的は、モンスターのマ素を消し去ることである。
カルマッソ
バトルGPの協会会長であり、高名な医師でもある男。見た目に似合わない子供のようなしゃべり方が特徴。「スカウトリング」の開発者。普段は人前に姿をほとんど現さない。温厚で気さくな性格で、モンスターが大好きでありバトルGPを開催できるのはモンスターがいてこそと考えている。だが、彼の真の目的は伝説の神獣に魔界の門を開かせこの世をモンスターの楽園(つまり魔界)にする事であり、GP参加マスター達に、マデュライトを集めさせたのもマ素を集め神獣を我が物にするためである。その後、ヨッドムアで災厄を起こし主人公達と対立する。神獣に大量のマ素を浴びせて一時は自分の支配下におくが、主人公によって、神獣が奪還され、もう一度神獣に大量のマ素を浴びせて、支配下に置こうとするも自分がマ素を浴びてしまい、怪物化する(下記のガルマッゾ)。そして、主人公と最終決戦を繰り広げ、死闘の末に敗北。死の間際まで、この世をモンスターの楽園(つまり魔界)することをあきらめておらず、そのことを口にし、消滅した。
死後、宝具は神獣によって、回収された。カルマッソが災厄を起こしたことは世間では知られておらず、『カルマッソ会長は災厄を止めるために命を落とした』ということにされている。
なお、作中の登場人物の中で唯一の死亡者である。
ガルマッゾ
カルマッソが大量のマ素を浴びて怪物化した姿。ピンク色の芋虫のような体から掌の形をした頭が生え、その中央に顔があるというグロテスクな外見をしており、体表やその周囲にはマ素の結晶と思しき黒い物体が出現している。当人はこの状況を悲観するどころか「大好きなモンスターになれた」と喜んでいる。本作のラストボス。配合で生み出すことも可能だが、その手順は困難を極める。
マダム・デオドラ
デオドラン島の屋敷の主で、アロマの母親。大陸では名の通ったファッションデザイナーであり、潤沢な資金で今回のバトルGPおよびアロマGPのスポンサーを務める。「汗を流して走り回る人を見るのが好き」という趣味を持ち、島を訪れたマスターに屋敷の庭園「マダムン・ガーデン」を開放し、走り回る姿を眺めて楽しんでいる。
エスターク
スラムの閉ざされた扉の奥で眠っている魔物。かつてカルマッソによって生み出されたが、その強力さ故にカルマッソ自身の手にも負えず、封印されていた。本編クリア後に条件を満たすと戦うことが可能で、倒すと1度だけ仲間になる。元は『V』に登場したボスキャラクターである。

呪文[編集]

主人公呪文[編集]

ルーラ
前行ったGピットに行く。
リレミト
ダンジョンから脱出。
くちぶえ
モンスターを呼び寄せる。
ステルス
透明になり、敵に見つからない。

攻撃呪文[編集]

今回、ギラ系は存在しない(『2』で復活している)。

メラ系[編集]

メラ
火の玉で敵1体を攻撃。
メラミ
少し大きな火の玉で敵1体を攻撃。
メラゾーマ
大きな火の玉で敵1体を攻撃。
メラガイアー
とてつもなく大きな火の玉で敵1体を攻撃。

イオ系[編集]

イオ
爆発で敵全体を攻撃。
イオラ
少し大きな爆発で敵全体を攻撃。
イオナズン
大きな爆発で敵全体を攻撃。
イオグランデ
とてつもなく大きな爆発で敵全体を攻撃。

バギ系[編集]

バギ
敵全体を小さな竜巻で攻撃。
バギマ
敵全体を中程度の竜巻で攻撃。
バギクロス
敵全体を大きな竜巻で攻撃。
バギムーチョ
敵全体を特大の竜巻で攻撃。

ヒャド系[編集]

ヒャド
小さな氷塊を落とす。
ヒャダルコ
ツララで敵グループを貫く。
マヒャド
大きなツララで敵グループを貫く。
マヒャデドス
巨大な氷の柱で敵を貫く。

デイン系[編集]

デイン
敵1体を小さな光で攻撃。
ライデイン
敵1体を中程度の光で攻撃。
ギガデイン
敵1体を大きな光で攻撃。
ジゴデイン
敵1体を特大の光で攻撃。

ドルマ系[編集]

ドルマ
敵1体に小さな地獄の雷で攻撃。
ドルクマ
敵1体に中程度の地獄の雷で攻撃。
ドルモーア
敵1体に大きな地獄の雷で攻撃。
ドルマドン
敵1体に特大の地獄の雷で攻撃。

回復呪文[編集]

ホイミ
味方1人のHPを30~回復。
ベホイミ
味方1人のHPを80~回復。
ベホマ
味方1人のHPを全回復。
ベホマラー
味方全員のHPを100~回復。
ベホマズン
味方全員のHPを全回復。
リホイミ
行動するたびに最大HPの10%回復。
ザオラル
1/2の確率で生き返り、その時のHPも最大の1/2。
ザオリク
必ず生き返り、HPは最大まで。

攻略本[編集]

  • Vジャンプブックスゲームシリーズ ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー 最速!モンスター育成スーパーブック(ISBN 978-4-0877-9404-5)
  • SE-MOOK ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー 公式ガイドブック(ISBN 978-4-7575-1915-2
  • SE-MOOK ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー 最強データブック(ISBN 978-4-7575-1980-0
  • SE-MOOK ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー 超通信対戦ガイドSP(ISBN 978-4-7575-2023-3

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ スペディオ=スペード、グラブゾン=クラブ、ガルハート=ハート、ディアノーグ=ダイヤ、キングスペーディオ=スペードのK(キング)、クインガルハート=ハートのQ(クイーン)、グラブゾンジャック=クラブのJ(ジャック)、ディアノーグエース=ダイヤのA(エース)、JOKER=ジョーカー

外部リンク[編集]