ドラウニング・プール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドラウニング・プール (Drowning Pool) はアメリカヘヴィロックバンドである。

経歴[編集]

2001年のデビューアルバム「Sinner」がいきなりミリオンセールスを記録する快挙を遂げている。しかし2002年8月14日ツアーバスでボーカルのデイヴが突然死。死因は心臓疾患とされている。ボーカルの突然の死にバンドは再起不能との声も囁かれたが新ボーカルにジェイソンを迎えて2004年「Desensitized」で完全復帰を遂げる。同アルバムのシングル「Step Up」が映画パニッシャーのサウンドトラックに起用されたほかアメリカのプロレス団体WWEの年間最大のPPVイベントレッスル・マニアのイメージソングとしても起用された。しかし2005年にボーカルのジェイソンが突然の脱退。バンドはまたしてもボーカルを欠くことになってしまったが新ボーカルにライアンを招き活動中である。

メンバー[編集]

  • Ryan McCombs - ボーカル
  • C.J. Pierce - ギター
  • スティーブ・ベントン(Stevie Benton) - ベース
  • マイク・ルース(Mike Luce) - ドラム

過去のメンバー[編集]

  • デイヴ・ウィリアムス(Dave Williams1972年2月29日 – 2002年8月14日) - ボーカル(1999年 - 2002年)
  • ジェイソン”ゴング”ジョーンズ(Jason Jones) - ボーカル(2004年 - 2005年)

ディスコグラフィー[編集]

サウンドトラック[編集]

備考[編集]

  • バンドはアルバムを出すごとにボーカルが変わっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]