ドメニコ・サッロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドメニコ・サッロ(Domenico Sarro, 1679年12月24日 - 1744年4月26日)は、ナポリ楽派に属するイタリア作曲家。ナポリ風にドメニコ・サッリ(Domenico Sarri)ともいう。

生涯[編集]

トラーニ出身。ナポリの聖オノフリオ音楽院で学んだ後、1703年ナポリ王国宮廷楽長の職に応募した。他の応募者にはガエターノ・ヴェネツィアーノフランチェスコ・マンチーニらがいた。結局、楽長にはヴェネツィアーノが就任したが、サッロは翌年に副楽長に就任した。しかしスペイン継承戦争中の1707年オーストリアがナポリを占領するとヴェネツィアーノとサッロは解任された。

サッロは1718年から精力的にオペラ作曲したが、中でも1724年の『捨てられたディドーネ』は台本作家ピエトロ・メタスタージオの処女作ということで知られている。1725年にナポリ宮廷の副楽長に復帰し、1728年からはナポリ大聖堂の楽長も兼ねた。1737年、宮廷楽長のマンチーニが死去するとサッロが楽長に昇格した。同年にサン・カルロ劇場のこけら落としとしてオペラ『スキュロスのアキレウス』を作曲した。

参考文献[編集]

  • Giorgio Chatrian, Il fondo musicale della Biblioteca Capitolare di Aosta, Torino 1985, pp. 56-57
  • Robinson, Michael F. (1972) Naples and Neapolitan Opera. Clarendon Press, Oxford. ISBN 0-19-816124-7.