ドム・ヘミングウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドム・ヘミングウェイ
Dom Hemingway
監督 リチャード・シェパード英語版
脚本 リチャード・シェパード
製作 ジェレミー・トーマス
出演者 ジュード・ロウ
リチャード・E・グラント
デミアン・ビチル
エミリア・クラーク
音楽 ロルフ・ケント
撮影 ジャイルズ・ナットジェンズ英語版
編集 ダナ・コンドン
配給 イギリスの旗 ライオンズゲート
世界の旗 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
公開 カナダの旗 2013年9月8日
第38回トロント国際映画祭
イギリスの旗 2013年11月15日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 94分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
興行収入 $1,307,599[1]
テンプレートを表示

ドム・ヘミングウェイ』(Dom Hemingway)は、2013年イギリスで制作されたブラックコメディクライムドラマ映画英語版リチャード・シェパード英語版が監督と脚本を務めた。

日本では劇場公開はされず、2015年2月4日にソフトレンタルが開始され[2]、2015年7月3日にソフト発売がなされた[3]

ストーリー[編集]

凄腕の金庫破りとしてその名を轟かせていたドム・ヘミングウェイは、ボスの身代わりとして入った刑務所での12年の刑期を終え、久しぶりに外の世界に舞い戻ってきた。早速ドムは、相棒のディッキーと共にボスの元へと向かい、身代わりとなった報酬をいただくのであった。そしてその夜、久しぶりの自由を楽しむかのようにドムは盛大に遊びまわるが、それも束の間、ドムは隙を突かれて報酬を持ち逃げされてしまう。こうして無一文となったドムは、疎遠となっていた娘のエヴリンを頼るために、親子関係の修復を図るが、長年の溝はそう簡単に埋まるものではないのであった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え

参考文献[編集]

  1. ^ Dom Hemingway” (英語). Box Office Mojo. 2014年11月20日閲覧。
  2. ^ ドム・ヘミングウェイ レンタル” (日本語). 20世紀フォックス. 2014年11月20日閲覧。
  3. ^ ドム・ヘミングウェイ セル” (日本語). 20世紀フォックス. 2015年5月20日閲覧。

外部リンク[編集]