ドミトリー・ノソフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
ロシアの旗 ロシア
男子 柔道
オリンピック
2004 アテネ 81kg級

ドミトリー・ノソフ(Dmitry Yuryevich Nosov、1980年4月9日- )はロシアチタ州(現・ザバイカリエ地方)出身の柔道選手。階級は81kg級。身長176cm[1]

人物[編集]

2004年に地元で開催されたロシア国際で国際大会初優勝を飾ると、続くドイツ国際でも優勝を果たした。ヨーロッパ選手権でも3位となった。アテネオリンピックでは準決勝でギリシャのイリアス・イリアディス背負投からの横四方固で敗れたが、この際に左肘を脱臼するケガを負った。しかし、その状況にもめげず3位決定戦に登場して、アゼルバイジャンのメフマン・アジゾフと対戦することになった。中盤に掬い投げで技ありを取ったものの後半追い上げられたが、ポイントを守りきって銅メダルを獲得した[1]。翌年の世界選手権では7位に終わった。2006年のワールドカップ国別団体戦では決勝でグルジアに敗れて2位だった。

その後引退すると、社会活動に取りくむ一方で、俳優としてテレビや映画に出演することにもなった[2]。2011年1月には結婚して娘をもうけた。さらに12月にはロシア自由民主党所属のロシア下院議員になった[3][4]

2013年2月に「日本・ロシアフォーラム」に出席するために来日した際には、「柔道や空手道弓道など日本発祥の武道は共通の『道』を求める心がある。ロシアでも、柔道はメダルを取るために強化するだけでなく、競技の精神も理解されている」と発言した[5]

主な戦績[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]