ドミトリ・チェチューリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドミトリ・チェチューリン: Дмитрий Николаевич Чечулин, 1901年-1981年)は、ロシア建築家

スターリンネオクラシシズムと、社会主義リアリズムの代表的建築家。ヴフテマス卒業生で、アレクセイ・シューセフに師事。卒業後の1945年から1949年まで、モスクワ主任建築家。1971年に、ソ連邦国民建築家の称号を授与される。

代表作[編集]

  • ロシア連邦政府ビル
  • コムソモーリスカヤ駅(放射状線)
  • コテーリニチェスカヤ河岸通りの構想アパート(アレクセイ・ロフトフスキーと共作)
  • チャイコフスキー・コンサートホール(オルローフとの共作)
  • ホテルロシア
  • 地下鉄ディナモ駅地上ホール
  • 全ソ連経済達成博覧会でのモスクワ州パヴィリオン など、多数。

参考文献[編集]

  • ロシア建築三つの旅 [ユーラシア・ブックレット] (No.61) 浜野アーラ著 浜野道博 訳 東洋書店 2004.6
  • 零の形態 [叢書・二十世紀ロシア文化史再考] マレーヴィチ/著 宇佐見多佳子/訳 水声社 2000.11
  • ロシア・アヴァンギャルド建築 (INAX叢書8) 八束はじめ INAX 1993.11
  • 木瓦と葱ぼうず [INAX booklet] (Vol.11 No.1) INAX 1992.1
  • ロシアビザンチン [建築巡礼] (19) 内井昭蔵 丸善
  • ロシアの木造建築-民家・付属小屋・橋・風車 A.B.オポローヴニコフ 井上書院 1986
  • 壊れかた指南/筒井康隆 文藝春秋 2006
  • 世界の歴史 11 井上浩一 中央公論新社 1998