ドバイ・モール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドバイ・モール
Dubai mall indoor.JPG
ショッピングモール内部
所在地 アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦
ダウンタウン・ドバイ
座標 北緯25度11分51秒 東経55度16分45秒 / 北緯25.19750度 東経55.27917度 / 25.19750; 55.27917座標: 北緯25度11分51秒 東経55度16分45秒 / 北緯25.19750度 東経55.27917度 / 25.19750; 55.27917
開業 2008年11月4日
開発業者 エマール・プロパティーズ
施設管理者 Emaar Malls Group
施設所有者 エマール・プロパティーズ
設計 DP Architects Pte Ltd.
テナント数 1,200+
中核店舗数 2
総賃貸面積 3,770,000平方フィート (350,000 m²)
階数 4
駐車台数 14,000+
ウェブサイト www.thedubaimall.com

ドバイ・モール (The Dubai Mall, دبي مول‎) は、アラブ首長国連邦ドバイにあるショッピングセンター。2008年10月30日に、世界最大のショッピングモールとして開業した[1]

概要[編集]

ドバイ・アクアリウム&アンダーウォーター・ズーのシャーク・トンネル

ドバイ・モールは総面積約111.5万平方メートル、屋内フロア約55万平方メートル[2]で、カナダウェスト・エドモントン・モール中国華南MALL, フィリピンSMモール・オブ・アジアなどを上回る世界最大のショッピングモールである。ただし、建設中のドバイランドの中のシティ・オブ・アラビア地区にあるモール・オブ・アラビアが、完成後に世界最大となる予定である。

店舗は合計1,200店舗が入居。ほかに水族館やアイススケートリンク、ウォーターフロントアトリウム、22のスクリーンを持つ映画館があり、セガ・ライブクリエイションの屋内テーマパークである「セガ・リパブリック」や紀伊國屋書店[3]も展開されている。ブルジュ・ハリファの展望室の受付と入り口もこの施設内にあり、ブルジュ・ハリファとは地下道で繋がっている。開閉式のドームの中に、ロンドンリージェント・ストリートの町並みが再現されている地区もある。イギリスマークス&スペンサーに続き、2010年までにはさらにアメリカブルーミングデールズフランスギャラリー・ラファイエットと新たに2つの百貨店も進出する。

来店客数では初年度は3900万人だったが、2014年度には8000万人が来店した。

Statistics
2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015上半期
来店客数 3900万人[4] 4700万人[5] 5400万人[5] 6500万人[6] 7500万人[7] 8000万人[8] 6200万人[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “The Dubai Mall to open on October 30, 2008”. ArabianBusiness.com. (2008年7月30日). http://www.arabianbusiness.com/press_releases/detail/24500?ln=en 2008年8月11日閲覧。 
  2. ^ 「ドバイ・モール」、10月31日に正式オープンへ-UAE、WEB-TAB, 2008年8月4日更新。
  3. ^ 紀伊國屋書店ドバイ店、10月30日にプレオープン、新文化、2008年9月30日。
  4. ^ Press Release Detail”. emaar.com. 2015年9月17日閲覧。
  5. ^ a b Dubai Mall is world's most visited destination in 2011”. Arabian Business. 2015年9月17日閲覧。
  6. ^ Dubai Mall retail sales up 24% in 2012”. Arabian Business. 2015年9月17日閲覧。
  7. ^ 75 million visitors in 2013 puts Dubai Mall 'top of the shops'”. 7DAYS UAE. 2015年9月17日閲覧。
  8. ^ Dubai Mall Sees 80m Visitors in 2014”. Gulf Business. 2015年9月17日閲覧。
  9. ^ Paromita Dey. “Emaar Malls records 37% rise in H1 2015 profits”. constructionweekonline.com. 2015年9月17日閲覧。

外部リンク[編集]