ドナルド・ブラッドマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
No image.svg ドナルド・ブラッドマン Cricket pictogram.svg
DonaldBradman.jpg
個人情報
本名 ドナルド・ジョージ・ブラッドマン
生誕 (1908-08-27) 1908年8月27日
オーストラリアの旗 オーストラリア
ニューサウスウェールズ州クータマンドラ
死去 2001年2月25日(2001-02-25)(92歳)


オーストラリアの旗 オーストラリア
南オーストラリア州ケンジントン・パーク

愛称 ザ・ドン
身長 1.70 m (5 ft 7 in)
打撃スタイル 右打ち
投球スタイル 右投げ・レッグブレーク
守備位置 バッツマン
代表情報
代表 オーストラリア
初テスト(cap 124) 1928年11月30日 対 イングランド
最新テスト 1948年8月18日 対 イングランド
所属チーム
チーム
1927–34 オーストラリアの旗 ニューサウスウェールズ
1935–49 オーストラリアの旗 南オーストラリア
選手成績
試合 テスト FC
出場試合 52 234
得点 6,996 28,067
打率 99.94 95.14
100s/50s 29/13 117/69
最高得点 334 452*
アウト数 160 2114
ウィケット 2 36
防御率 36.00 37.97
1イニング5ウィケット 0 0
1試合10ウィケット 0 0
最優秀投手成績 1/8 3/35
捕球/スタンピング 32/– 131/1
出典: Cricinfo - 2007年8月16日

サー・ドナルド・ジョージ・ブラッドマン, AC英語: Sir Donald George Bradman, AC1908年8月27日2001年2月25日)は、オーストラリアニューサウスウェールズ州クータマンドラ出身のクリケット選手。「クリケット史上最高の選手」と評され[1][2]ペレモハメド・アリ等と共に20世紀を代表するスポーツ選手の一人である[3][4]。愛称はザ・ドン(The Don)。

略歴[編集]

最も偉大なバッツマンの一人であり[5]、特にテスト・クリケットでの通算打率99.94は歴代選手の中でも抜きんでており、最高のバッツマンの座を確固たるものにしている[6]。また、彼が若いころはひとりでクリケットスタンプとゴルフボールを使い練習していたという話はオーストラリアの伝承の一つに数えられており[7] 、目覚ましい活躍からわずか2年でオーストラリアのテスト・クリケットチームに加入した。22歳の誕生日を前に多くの高得点の記録を残し(現在も一部の記録は破られていない)、当時大恐慌に襲われていたオーストラリアにおいてスポーツ界のヒーローとなった。約20年間の選手生活において、常に安定して高得点を残したことから、彼の前のオーストラリア代表キャプテンビル・ブラウンは「オーストラリアの打者三人分の価値がある」との言葉を残している[8]。また、クリケットの戦術の一つボディライン英語版は、イングランドチームが彼のバッティングに対抗して編み出した戦術である。

1987年にはオーストラリア国内で初めて存命中の人物を記念する博物館としてニューサウスウェールズ州ボーラルブラッドマン博物館英語版が設立された。2008年8月27日には彼の生誕百周年を記念して、王立オーストラリア造幣局が彼の肖像の5ドル記念金貨を発行した[9]。 また、2009年国際クリケット評議会名誉殿堂英語版が設立されると、その初期メンバーに列せられた。

2000年に100人の専門家による委員会によって、「20世紀最高のクリケット選手」に最多得票数で選出された[10]2013年にはクリケットのバイブルとして知られるウィズデン・クリケッターズ・アルマナックによって、150年間の歴代ワールドイレブンに選出された[11]

画像[編集]

出典[編集]

  1. ^ The Greatest Cricketer of All Time – your votes revealed! BBC. 2020年6月15日閲覧。
  2. ^ Kohli can be the best after Sir Don Bradman Hindustan Times. 2020年6月15日閲覧。
  3. ^ The Independent's 100 sportsmen and women of the 20th century The Independent. 2020年6月15日閲覧。
  4. ^ Pele tops sportsman of the century poll IOL. 2020年6月15日閲覧。
  5. ^ Sir Donald Bradman player profile”. Cricinfo. 2008年5月18日閲覧。
  6. ^ Hutchins, Brett (2002). Don Bradman: Challenging the Myth. Cambridge University Press. pp. 21. ISBN 0521823846 
  7. ^ Legislative Assembly of ACT”. Hansard (2001年2月28日). 2008年8月23日閲覧。
  8. ^ The Sports Factor (transcript)”. ABC Radio (2001年3月2日). 2008年8月23日閲覧。
  9. ^ The Don celebrated on commemorative $5 coin
  10. ^ BBC News | CRICKET | Widen's cricketers of the century
  11. ^ WG Grace and Shane Warne in Wisden all-time World Test XI BBC. 2020年6月20日閲覧。

外部リンク[編集]