ドナルド・ウッズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドナルド・ウッズ
Zuidafrikaan Donald Woods op Schiphol in verband met Nederlandse vertaling van z, Bestanddeelnr 929-8037.jpg
1978年撮影
生誕 1933年12月15日
トランスカイ(現・南アフリカ共和国東ケープ州
死没 (2001-08-19) 2001年8月19日(67歳没)
ロンドン
国籍  南アフリカ共和国
出身校 ケープタウン大学
職業 ジャーナリスト

ドナルド・ウッズDonald James Woods, CBE1933年12月15日 - 2001年8月19日)は、南アフリカ共和国ジャーナリストイギリス系白人

来歴[編集]

トランスカイ(現・南アフリカ共和国東ケープ州)出身。ケープタウン大学卒業後、新聞記者となり、1965年からイースト・ロンドンで「デイリー・ディスパッチ英語版」の編集長を務め[1]アパルトヘイトに批判的な論陣を張る。

その過程で黒人の反アパルトヘイト活動家のスティーヴ・ビコと知り合い、親交を深めるが、1977年にビコが逮捕されその後獄死、ウッズ自身も軟禁された[2]。同年末、妻子と共にレソト経由でロンドンに亡命[3][4]、翌1978年にビコとの交流を描いた著書「ビーコウ アパルトヘイトとの限りなき戦い」(Biko)を発表。これともう1つの著書「トラブルを求めて」(Asking For Trouble)を原作に1987年に映画『遠い夜明け』が制作され[5]、ウッズは妻ウェンディと共に製作顧問を務めた[6]。映画ではケヴィン・クラインがウッズを、デンゼル・ワシントンがビコを演じた。

アパルトヘイト撤廃後の1994年、故国南アフリカに一時帰国、その後はイギリスと南アフリカを行き来しながら若いジャーナリストの養成に尽力した。

2001年8月19日がんのためロンドンで死去。67歳没[7][8][9]

著書[編集]

  • ビーコウ アパルトヘイトとの限りなき戦い Biko (常盤新平・訳、サンリオ、1980年、のち岩波同時代ライブラリー)
  • Woods, Donald (1981). Asking for Trouble: The Autobiography of a Banned Journalist. Atheneum. ISBN 978-0-689-11159-4. http://books.google.com/books?id=KIhRAQAAIAAJ 
  • Woods, Donald (1987). South African Dispatches: Letters to My Countrymen. Penguin. ISBN 978-0-14-010080-8. http://books.google.com/books?id=y46AQgAACAAJ 
  • ドナルド・ウッズのアパルトヘイト問題入門(天笠啓祐楠瀬佳子共訳、第三書館、1990年)
  • Woods, Donald (2000). Rainbow Nation Revisited: South Africa's Decade of Democracy. André Deutsch. ISBN 978-0-233-99830-5. http://books.google.com/books?id=2ftyAAAAMAAJ 

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]