ドナルドのキツネ狩り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドナルドのキツネ狩り
The Fox Hunt
監督 ベン・シャープスティーン
製作 ウォルト・ディズニー
出演者 クラレンス・ナッシュ
配給 RKO Radio Pictures
公開 アメリカ合衆国の旗 1938年7月29日
上映時間 約8分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 ドナルドの少年団長
次作 ドナルドのゴルフデー
テンプレートを表示

ドナルドのキツネ狩り』(ドナルドのキツネがり、原題:The Fox Hunt)は、ウォルト・ディズニー・プロダクション(現:ウォルト・ディズニー・カンパニー)が制作したアニメーション短編映画作品である。

ドナルドダック・シリーズ第9作、ドナルド&グーフィー・シリーズ第2作。1931年に公開されたシリー・シンフォニー・シリーズの『キツネ狩り』 (The Fox Hunt) をディズニーキャラクターを交えてリメイクされたものである。

あらすじ[編集]

貴族たちは今日も朝早くからに乗り優雅にキツネ狩りに出る。犬番のドナルドはキツネ狩り用の猟犬を連れて行くが、まぬけな犬たちはまったくドナルドの言うことを聞かない。ドナルドのことも構わず沼の底を歩き出し、ドナルドをキツネと間違え臭いをかぎだす有様だった。一方、馬に乗り犬の後ろを行くグーフィーがキツネを発見し、キツネ狩りが始まる。キツネを追いかける犬たちを追ってグーフィーは馬を走らせるが、馬が生垣を飛び越えることができず急に立ち止まったため、グーフィーは飛ばされ生垣に突っ込んでしまった。仕方なくグーフィーは馬に障害の飛び越え方を教え始める。

その頃、ドナルドは穴に隠れたキツネをドナルドがラッパを吹いて穴から出させるも、穴から大量のキツネが出てきて、そのうち一匹の尻尾をつかみ引っ張られながらも、穴の開いた丸太の中へ追い詰めた。そこへ現れた貴族たちも大喜び。ところが、ドナルドが丸太の中から引っ張り出すと、それはキツネではなく、スカンクだった。丸太に入った時に、入れ替わっていたのだ。貴族たちはスカンクを見て逃げ出すが、ドナルドはその様子を見てきょとん顔。そして、ようやくドナルドもスカンクであることに気付き、逃げ出すのだった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

キャラクター 原語版 旧吹き替え版 新吹き替え版
ドナルドダック クラレンス・ナッシュ 関時男 山寺宏一
グーフィー ピント・コルヴィック 小山武宏 島香裕
ナレーション - 土井美加 -

ミッキーマウスミニーマウスクララ・クラックは最後の場面で、馬に乗る貴族として少しだけ登場している。

日本での公開[編集]

収録[編集]

外部リンク[編集]