ドナティ彗星 (C/1858 L1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドナティ彗星
C/1858 L1 (Donati)
彗星
周期彗星の一覧 / 非周期彗星の一覧
CometDonati.jpg
発見
発見者  ジョヴァンニ・バッティスタ・ドナティ
発見日  1858年6月2日
符号・別名  1858 VI
軌道要素 - IAUNASA
元期 2400040.5
離心率 (e)  0.996
近日点距離 (q)  0.58 AU
軌道長半径 (a)  156 AU
遠日点距離 (Q)  311 AU
公転周期 (P)  1953
軌道傾斜角 (i)  117°
近日点引数 (ω) 
昇交点黄経 (Ω) 
前回近日点通過  1858年9月30日
次回近日点通過  3811年

ドナティ彗星(ドナティすいせい、符号:C/1858 L1またはC/1858 VI)は、イタリア人天文学者ジョヴァンニ・バッティスタ・ドナティによって1858年6月2日に発見された彗星。発見者の名前を取って命名された。ドナチ彗星と表記・発音される事もある。

概要[編集]

長周期彗星の一つであり、1811年の大彗星以来、19世紀に観測された最も輝かしい彗星とされている。写真に撮影された初の彗星でもある。1858年10月10日に最も地球に接近し、次に地球に接近するのは3811年と予測されている。 なお、京都岩倉実相院には幕末のドナティ彗星の観測記録が存在する。

美術[編集]

ドナティ彗星はウィリアム・ダイスによる絵画“ペグウェル湾-1858年10月5日の回想”において、夕空の中を流れる星として描かれている[1]

フィクション[編集]

八重の桜2013年大河ドラマ)第4話に登場した妖霊星は、年代的にこの彗星と思われる。ただしドラマの中では名前は出てこない。

関連項目[編集]

  • C/1857 V1 (C/1857 VI), ドナティ・ファン・アースデール彗星
  • C/1864 O1 (C/1864 III), ドナティ・トゥーサン彗星

脚注[編集]