ドナウ川のさざなみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
『ドナウ川のさざなみ』
ルーマニア語: Valurile Dunării
Valsul "Valurile Dunarii".jpg
ピアノ譜の表紙

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。
ジャンル 管弦楽曲ワルツ
作曲者 ヨシフ・イヴァノヴィチ

ドナウ川のさざなみ』(ドナウがわのさざなみ、ルーマニア語: Valurile Dunăriiドイツ語: Donauwellen)は、ルーマニアの作曲家ヨシフ・イヴァノヴィチ1880年に作曲したワルツ

1880年にブカレストのコンスタンティン・ゲバウアー社から出版された[1]

エミール・ワルトトイフェルが1886年ごろに編曲した版が[2]1889年に開催されたパリ万国博覧会で演奏され[3]、その哀愁を帯びた旋律、オーケストレーションの見事さなどから、東ヨーロッパの作曲家のワルツ作品としては世界的に有名になった[4]

その他[編集]

日本では、田村貞一が作詞した『ドナウ川の漣』が1902年明治35年)に慶應大学斉唱された[5]

近畿日本鉄道近鉄名古屋駅では大阪上本町大阪難波行き特急アーバンライナーが発車する際の発車メロディとして用いられている。

日本統治下の朝鮮では1926年に玄界灘に身投げして情死したソプラノ歌手の尹心悳 (ko:윤심덕の歌による『死の賛美』が大阪の日東レコードから発売されて流行した[6][7][8]

1946年に公開されたアル・ジョルスン伝記映画ジョルスン物語』では「Anniversary Song」の題で歌詞をつけて歌われている[2][9]

2000年のマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督のアニメーション映画岸辺のふたり』のBGMとして使われている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]