ドックベストセメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

--ドックズベストセメント(Doc's Best Cement)とは、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストンに本社を置くCooley & Cooley社から発売されている歯科医療のう蝕治療で用いられるセメントの事、またそれを用いた治療法の事。銅の殺菌力により、従来であれば抜髄(神経をとる治療)になる症例で、神経を残すことができると期待される治療法である[1]ヒールオゾンと同様にミニマムインターベーションをコンセプトとする治療法である[1]。2011年現在、日本では薬事法の認可を受けていない。

概要[編集]

従来の治療法では、歯髄まで感染したう蝕は、暫間的間接覆髄法や直接覆髄法で対応できる限られたケース以外は原則的に抜髄となっていた。ドックズベストセメント法は感染歯質をすべて除去すると露髄する場合、感染歯質を残し薬効低下がなく半永久的に薬効が続くドックズベストセメントを置くことにより歯質内の病巣を無菌化し、軟化象牙質を硬化させ、歯髄を残し、治療を終了する治療法である[1]

有用性[編集]

in vitroでの実験では、アメリカモンタナ州立大学のsturmanとcostertonは2005年、滞留培養液におけるバイオフィルム形成のテストを行った結果、ドックズベストセメントを用いたものはバイオフィルム形成は見られなかったと報告している[1]

安全性[編集]

安全性に関してはローマリンダ大学のLi.Y、Zhang.W、Onyango.Oが2005年細胞毒素は認められないことを報告している[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Dental diamond第34巻5号P78-83(2009年4月1日発行)

関連項目[編集]