ドクター・モリスの島/フィッシュマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドクター・モリスの島/フィッシュマン
L'isola degli uomini pesce / Island of the Fishmen
監督 セルジオ・マルティーノ
脚本 セルジオ・ドナーティ
チェザーレ・フルゴーニ
セルジオ・マルティーノ
製作 ルチアーノ・マルティーノ
出演者 クラウディオ・カッシネリ
バーバラ・バック
リチャード・ジョンソン
ジョゼフ・コットン
音楽 ルチアーノ・ミケリーニ
撮影 ジャンカルロ・フェランド
製作会社 ダニア・フィルム=メデューサ・チネマトグラフィカ
配給 日本の旗 松竹富士
公開 イタリアの旗 1979年1月18日
日本の旗 1980年2月16日
上映時間 100分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語英語
テンプレートを表示

ドクター・モリスの島/フィッシュマン』(原題:L'isola degli uomini pesce / Island of the Fishmen)は、1979年制作のイタリア映画。映画『ドクター・モローの島』にインスパイアされて制作されたSFホラー映画

あらすじ[編集]

1891年カリブ海を1隻の救命ボートが漂流していた。乗っているのは、数日前に嵐で沈没した囚人護送船に収容されていた数人の囚人たちと軍医のクロードだった。ある夜、奇怪な物がボートを襲い、全員が海に投げ出された。

クロードが意識を取り戻すと、ある島の海岸に打ち上げられていた。クロードは4人の囚人たちと合流、5人は食料を探して島内をさまようが、得体の知れない生物に襲われ、囚人たちは次々と犠牲になっていく。

そして、クロードはアマンダという美しい女と出会うが、彼女はこの島から即刻立ち去るようにと警告する。彼女の後を追った彼らはとある農場に着き、不気味な原住民たちと暮らすエドモンドという男と出会う。エドモンドから夕食に招待されたクロードは妻としてアマンダを紹介されたが、クロードは2人に何か不自然なものを感じる。

やがて、この島の異常さを意識し始めたクロードはある日、半魚人に襲われるが、アマンダに助けられる。さらに、傷ついた老人を見つけたクロードは、その老人からこの島とエドモンドの驚愕の全貌を知る。

その老人はマーヴィンといい、アマンダの父であった。彼によると、エドモンドことドクター・モリスは学界を追われた狂気の科学者で、島の近海で見つかった幻の大陸アトランティスの遺跡から財宝を引き揚げるため、島の住民たちを半魚人に改造するという恐ろしいプロジェクトを実行していた。マーヴィンはモリスにアマンダを人質に取られ、プロジェクトに加担させられていたのだ。

モリスはマーヴィンを射殺、アマンダを拉致し、遺跡に向かった。彼らを追ったクロードはモリスと半魚人たちを倒し、アマンダを救出するのだった。

キャスト[編集]

吹替その他、青野武雨森雅司石井敏郎上田敏也沢木郁也

アメリカ公開版[編集]

アメリカでは、版権を買い付けたロジャー・コーマンがあまりの出来の悪さに、クリス・ウェイラスの造形で半魚人を新たに造り直し、ジョー・ダンテ監督により、キャメロン・ミッチェルメル・ファーラーをフィーチャーしたシーンを追加撮影、再編集して“Screamers”のタイトルで公開された[1][2][3]

関連作品[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]