ドキュメンタリー人間劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドキュメンタリー人間劇場
ジャンル ドキュメンタリー番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ東京
プロデューサー 斎藤友護(テレビ東京)
火曜ゴールデンタイム時代
放送時間 火曜 21:00 - 21:54(54分)
放送期間 1992年10月13日 - 1994年3月22日
水曜プライムタイム時代
放送時間 水曜 22:00 - 22:54(54分)
放送期間 1994年4月6日 - 2000年3月29日

特記事項:
ATP賞(第12回ベスト20番組)2作品
ギャラクシー賞(第33回奨励賞)2作品
ATP賞(第14回ドキュメンタリー部門奨励賞)
ギャラクシー賞(第34回奨励賞)
ギャラクシー賞(第35回奨励賞)2作品
ATP賞(第15回情報・バラエティ部門奨励賞)
ATP賞(第16回ドキュメンタリー部門優秀賞)
ギャラクシー賞(第37回奨励賞)2作品
放送文化基金賞 受賞
テンプレートを表示

ドキュメンタリー人間劇場』(ドキュメンタリーにんげんげきじょう)は、テレビ東京系列局ほかで放送されていたテレビ東京製作のヒューマンドキュメンタリー番組である。テレビ東京系列局では1992年10月13日から2000年3月29日まで放送。

概要[編集]

演出家や監督たちがある特定の人物に密着取材したドキュメンタリー映像を競作していた番組である。そのため、スタッフも制作会社も毎回異なっていた[1]

テレビ東京系列局においては日本船舶振興会(後の日本財団)の一社提供で、『日本船舶振興会 ドキュメンタリー人間劇場』と題して放送。当初は火曜21:00枠で放送されていたが、『開運!なんでも鑑定団』の放送開始に伴い、1994年4月以降は水曜22:00枠で放送されるようになった。視聴率低迷により、7年半の歴史に幕。

放送時間[編集]

いずれも日本標準時

  • 火曜 21:00 - 21:54 (1992年10月13日 - 1994年3月22日[2]
  • 水曜 22:00 - 22:54 (1994年4月6日[3] - 2000年3月29日)

放送ライブラリー選定作品[編集]

神奈川県横浜市にある放送ライブラリーには、この番組の記録映像が21本保存されている[1]

放送日 サブタイトル スタッフ
放送日不明 ヤッサンの紙芝居がやって来た! 演出:小林周子 / 制作会社:えふぶんの壱 / 語り:なぎら健壱
1994年6月22日 我が家の出産日記 演出:佐藤真 / 制作会社:国際放映
1994年8月10日 6000人のユダヤ難民を救ったビザ 日本人外交官の決断 演出:鈴木久雄 / 制作会社:シルバーフォックス / 語り:梶原四郎
1994年11月2日 百歳の恋心 新内・岡本文弥の艶 演出:渋谷昶子 / 制作会社:東京ビデオセンター / 語り:大塚周夫
1995年7月19日 父から息子へはじめての手紙/シリーズ戦後50年〔1〕 演出:星野敏子 / 制作会社:オルタスジャパン / 語り:小倉一郎
1995年7月26日 消えゆくカンテラの灯 筑豊・三池炭鉱に生きた女 演出:森弘太 / 制作会社:国際放映
1996年3月13日 あのときめきを 遥かなる父の国へ 演出:星野敏子 / 制作会社:オルタスジャパン / 語り:ブラザー・コーン
1996年4月3日 みちのくのサリバン先生 涙の特訓・そして旅立ち 演出:橋本信一 / 制作会社:東京ビデオセンター / 語り:筧利夫
1996年6月19日 鳥のように 白香珠20歳の願い 演出:星野敏子 / 制作会社:オルタスジャパン / 語り:寺尾聰
1996年10月23日 耕さない田んぼ 制作会社:テレビ東京
1997年7月2日 青春ソーラン節 演出:斎藤耕一 / 制作会社:ワールドテレビジョン / 語り:羽佐間道夫
1997年9月17日 ルワンダに義足工場を! 真美さんの夢と挑戦 演出:正岡裕之 / 制作会社:東京ビデオセンター / 語り:倍賞美津子
1998年2月11日 頑固親父のおむつ日記 雪国の父子僧・痴呆介護の記録 演出:佐野岳士 / 制作会社:東京ビデオセンター
1998年4月29日 ぼくらみんな生きている 演出:近広史 / 制作会社:プラネット / 語り:渡辺徹
1998年8月12日 親父の海はゼニの海 さい果ての島、若い漁師の夏 演出:蔵原惟二 / 制作会社:ワールドテレビジョン / 語り:三ツ木清隆
1998年12月9日 いかなる星の下に ある家族の再生 演出:大森一樹 / 制作会社:東京ビデオセンター
1999年3月10日 天から降り注いだ歌 ジャズ歌手綾戸智絵・元気の贈りもの 演出:中山史郎 / 制作会社:ザ・ワークス / 語り:片岡鶴太郎
1999年7月14日 4000分の1秒に賭ける ワシ・タカを追う写真家の200日 演出:鈴木昭典 / 制作会社:ドキュメンタリー工房 / 語り:横内正
1999年10月6日 ねぶたに燃ゆ〜兄を超えたい!無冠ねぶた師の挑戦〜 演出:李憲彦 / 制作会社:ノマド
2000年3月8日 江戸彫金師のこだわり人生〜粋と意地をとおして〜 演出:高山陽一 / 制作会社:JVプロデュース / 語り:渡辺徹
2000年3月22日 生きるために 末期がん告知・妻を看取った外科医の実践 演出:佐野岳士 / 制作会社:東京ビデオセンター / 語り:段田安則 / 朗読:金野恵子

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 検索結果 - 放送ライブラリ公式ページ”. 放送ライブラリー. 2014年11月25日閲覧。
  2. ^ 読売新聞縮刷版』 読売新聞社1994年3月21日、18頁。22日朝刊は休みのため、当日の番組表は21日朝刊に掲載。
  3. ^ 『読売新聞縮刷版』 読売新聞社、1994年4月6日、32頁。
テレビ東京 火曜21:00枠
【本番組の放送期間中のみ日本船舶振興会単独提供枠】
前番組 番組名 次番組
浅草橋ヤング洋品店
(1992年4月14日 - 1992年9月22日)
【日曜21:00枠へ移動】
ドキュメンタリー人間劇場
(1992年10月13日 - 1994年3月22日)
開運!なんでも鑑定団
(1994年4月19日 - 2000年9月26日)
【6分拡大して継続】
テレビ東京 水曜22:00枠
【本番組の放送期間中のみ日本船舶振興会単独提供枠】
地球・知りたい気分!
(1991年4月10日 - 1994年3月30日)
ドキュメンタリー人間劇場
(1994年4月6日 - 2000年3月29日)
アスリート〜すべての挑戦者に捧ぐ
(2000年4月19日 - 2000年9月27日)
※22:00 - 22:28
ラブひな
(2000年4月19日 - 2000年9月27日)
※22:28 - 22:54