ドゥビスラフ・フリードリヒ・フォン・プラーテン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドゥビスラフ・フリードリヒ・フォン・プラーテン
Dubislav Friedrich von Platen
DubislawPlaten.jpg
生誕 1714年8月24日
最終階級 大将
テンプレートを表示

ドゥビスラフ・フリードリヒ・フォン・プラーテンDubislav Friedrich von Platen、名はDubislaw(ドゥビスラウ)とも、1714年8月23日-1787年6月7日)は、フリードリヒ大王の軍に仕えたプロイセン士官である。騎兵大将であった彼はケーニヒスベルクの総督を務め、聖ヨハネ騎士団騎士にして黒鷲勲章英語版の受章者でもあった。フリードリヒ大王が遂行した全ての戦争第二次シュレーズィエン戦争第二次シュレーズィエン戦争七年戦争、最後にバイエルン継承戦争)における現役の騎兵士官として、その名は1851年に大王のフリードリヒ・ヴィルヘルム4世が建立させたフリードリヒ大王騎馬像英語版に刻まれ、記念されている。

家族[編集]

フリードリヒ・フォン・プラーテンは騎兵大将、ハンス・フリードリヒ・フォン・プラーテン英語版とヒュポリタ・ユリアーネ・フォン・ポーデヴィルス[1]の息子である。弟のレオポルト・ヨハン・フォン・プラーテンドイツ語版1780年12月22日に没した。フリードリヒ・フォン・プラーテンはプロイセンの法務大臣、ザムエル・フォン・コッツェーイドイツ語版の娘、ゾフィア・ズザンナ・シャーロッテ・フォン・コッツェーイと結婚した。夫婦は一男一女を儲けている[2]

軍歴[編集]

1723年6月5日、父の要請を容れたプロイセン国王フリードリヒ・ヴィルヘルム1世は、9歳のフリードリヒ・フォン・プラーテンを騎兵准尉英語版に任じた。1729年8月18日に少尉1730年7月7日には中尉に昇進する。そして1736年8月11日、第4「フォン・ゲスラー」胸甲騎兵連隊ドイツ語版で自身の中隊を託される。同年、ゾンネンブルク英語版で聖ヨハネ騎士団に参加した。「オーストリア継承戦争」とも呼ばれる第一次シュレーズィエン戦争の勃発時、彼はリットマイスター(Rittmeister)英語版、即ち騎兵大尉であった。その連隊モルヴィッツの戦いに間に合わなかったものの、1742年にはコトゥズィッツの戦いの真っただ中に投じられる。自身はカメンツ英語版への撤退が成功した時、果たした貢献に報いてプール・ル・メリット勲章を授かった。その後、少佐に昇進する。1744年にはボヘミアモラヴィアで戦った。1747年には中佐となり[2]1752年に有名なバイロイト竜騎兵連隊英語版に加わり、1755年第1「ノルマン」竜騎兵連隊ドイツ語版の次席指揮官に任じられた[1]

軍歴 [2]

  • 1723年:騎兵准尉
  • 1729年:少尉
  • 1730年7月7日:中尉
  • 1741年:大尉
  • 1744年:少佐
  • 1747年5月22日:中佐
  • 1757年3月4日:少将
  • 1759年5月12日:中将
  • 1787年6月7日:大将

七年戦争における働き[編集]

七年戦争において、フリードリヒ・フォン・プラーテンの連隊は1756年、ザクセンへ進軍した。1757年3月4日、インハーバー(連隊所有者)として第8「ランガーマン」竜騎兵連隊を受領し、少将に昇進する。続いて1757年4月15日にはグロース=イェーガースドルフの戦いに加わった。戦いの後、連隊はスウェーデン軍からポメラニアを防衛するべく同地へ移転し、シュトラールズントを攻囲した1758年初頭、ヒンターポンメルン英語版へ移ると、6月までロシア軍に対抗するべく連隊はその地に展開した。8月25日にはツォルンドルフで戦い、息子たちから2名を失っている。ロシア軍の撤退後、連隊はゴルノウグライフェンベルク英語版といった、ロシア軍に占領されていた町から残存部隊を駆逐する。続いてスウェーデン軍に抗して北方へ向かい12月、パーゼヴァルクの戦いの後、指揮下の連隊はプレンツラウ英語版を占領した。1759年1月17日、デンミーン英語版の攻略に参加すると、再びロシア軍に抗して今度はシュトルプ一帯に展開している[2]

ツォルンドルフの戦いにおけるフリードリヒ2世。そこでプラーテン息子たちから、2名が戦死している。

1759年5月12日、プラーテンは中将に昇進し、ザクセンで作戦中の王弟、ハインリヒ公子の軍で騎兵の指揮を託された。公子はプラーテンをフリードリヒ・ヴィルヘルム・フォン・クライスト英語版とともにバンベルク一帯への略奪行へ派遣し、成功を収めた。続いてプラーテンは国王の軍に加わり、クーネルスドルフの戦いで敗北を喫する。1760年5月、彼はゴットロープ・ハインリヒ・フォン・トートレーベン少将率いるロシア軍の、プロイセンへの進撃を阻止する命令を受け、フリードリヒ・ヴィルヘルム・クヴィリーン・フォン・フォルカード英語版中将とともにポメラニアのノイマルク英語版へ派遣された。その後、プラーテンはオーストリア軍とロシア軍のシュレーズィエンへの接近を妨害するべくランツベルクに配置された。なお、さらに重要だったのはブレスラウの町の防衛である。彼の尽力にも拘わらず1760年10月、トートレーベン少将並びにサハール・チェルヌイショフ英語版中将率いるロシア軍と、フランツ・モーリッツ・フォン・ラシー英語版伯爵大将指揮下のオーストリア軍はベルリンを占領した[2]

ロシア軍とオーストリア軍がベルリンから撤退した後、プラーテンは国王の主力軍に再合流し、11月3日にトルガウで戦う1761年9月10日、彼は軍を率いてロシア軍の兵站拠点を攻撃するべくポーランドへ進軍した。そしてケブリンでロシア軍の集積所を破壊する。9月15日にはゲスティーン英語版修道院の近くで荷車5,000台と兵員4,000名を伴うロシア軍の大規模な輜重部隊に遭遇した。「フォン・ローテンブルク」、「フォン・アルニム」、「ゲルネ」及び「フォン・ヴンシュ」各連隊に属する大隊とともに、彼はその輜重の鹵獲に成功する。そこから続いてポーゼンへ前進し、9月17日にもう一つの集積所を占領した[2]

その間にロシア軍はコルベルク英語版3度目の攻囲下に置いており、解囲を目指すプロイセン軍英語版の試みを全て妨害していた。ランツベルクにおける作戦行動中、ヴァルタ川に架かる主要なが破壊されていたので、プラーテンの部隊は浮橋を利用して渡河を行う。9月30日にはケルリーン英語版で、ロシア軍からパルセンタ川英語版に架かる手つかずの橋を奪還し、その時の戦闘で200名の捕虜を得ることに成功した。彼はそこから、パルセンタ川の岸に沿って攻囲下の要塞への接近を試みる。しかしコルベルクの南西8kmの地点で行われた3時間に及ぶ戦いを経て、ピョートル・ルミャンツェフ英語版率いるロシア軍がシュピー英語版村で進軍を阻止した[2]。プラーテンは10月17日、5,500名を率いてゴルノウへ突破し、そこから補給を確保しようと試みたが、ロシア軍のフェルモル将軍はイーナ川英語版の橋を挟んだ砲戦の末に彼を押し止める。最終的に要塞の救援は叶わず、コルベルクは1761年12月16日に降伏を余儀なくされ、守備隊はロシア軍の捕虜となった[2]

1762年1月、プラーテンはザクセンのハインリヒ公子の軍へ帰還した。指揮下の連隊はペーガウ英語版ツァイツ英語版に配置され、その年の戦いに参加することはなかった[2]

バイエルン継承戦争[編集]

バイエルン継承戦争においてプラーテンはハインリヒ公子の指揮下に軍団を率い、ペータースヴァルデ英語版ライトメリッツブディーン・アン・デア・エーガー英語版を経由しプラハへ迫った。1786年9月、国王フリードリヒ・ヴィルヘルム2世

「余りにも遅くなったが、余はその功績の有り難さを分かっている。」

という言葉とともに彼に黒鷲勲章を贈っている。同時に彼をケーニヒスベルクの総督に任じた。プラーテンは就任を望んでいなかったが、国王の説得に応じている[2]

1787年5月20日、プラーテンは騎兵大将に昇進して間もなく、同年6月7日に没した。その名はラインスベルクのオベリスクドイツ語版の正面と、フリードリヒ大王の甥の孫にあたるプロイセン国王、フリードリヒ・ヴィルヘルム4世が建立させたフリードリヒ大王騎馬像の銘板の一つに刻まれ、恒久的に記念されている[2]

文献[編集]

  1. ^ a b Unpartheyische Geschichte des bayerischen Erbfolgekrieges etc. 2., Kummer, 1781, von Platen
  2. ^ a b c d e f g h i j k Bernhard von Poten, Dubislaw Friedrich von Platen . Allgemeine Deutsche Biographie, herausgegeben von der Historischen Kommission bei der Bayerischen Akademie der Wissenschaften, Band 26 (1888), S. 249–251, Digitale Volltext-Ausgabe in Wikisource, (Version vom 13 January 2017, 20:15 Uhr UTC)