ドイツ週間ニュース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
「ドイツ週間ニュース」の原稿を読むアナウンサーのハリー・ギーゼ(1941年)

ドイツ週間ニュース』(ドイツしゅうかんニュース、ドイツ語: Die Deutsche Wochenschau)は第二次世界大戦中の1940年から1945年まで上映されたナチス・ドイツニュース映画である。ナチス・ドイツのプロパガンダを目的としていた。

ドイツ週間ニュースはそれまで4つあったニュース映画を1つに統合したもので、ウニヴェルズム映画株式会社の100%子会社であるドイツ・週間ニュース株式会社によって製作されていた。1938年からは、ドイツでは映画本編上映の前にニュース映画を上映することが義務付けられており、ドイツ週間ニュースも例外ではなかった。ドイツ週間ニュースは1940年の511号から1945年3月22日の755号まで続いた。最後のドイツ週間ニュースとなった755号ではアドルフ・ヒトラーヒトラー・ユーゲントの少年たちに鉄十字勲章を授与する様子が撮影されていた。

参考文献[編集]

  • 飯田道子『ナチスと映画』、中央公論新社、2008年。