ドイツ放射線防護協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドイツ放射線防護協会
ドイツ語: Gesellschaft für Strahlenschutz e.V.
略称 GS
設立年 1990年
目的 市民団体
位置
メンバー 約50人
会長 Sebastian Pflugbeil
ウェブサイト gfstrahlenschutz.de

ドイツ放射線防護協会 (Gesellschaft für Strahlenschutz, GS)は、1990年に設立された市民団体。ドイツを代表する科学研究組織であるドイツ研究センターヘルムホルツ協会や、その前身であるドイツ放射線研究会(Gesellschaft für Strahlenforschung, GFS)とは名前が似るが関係がない。目的は、電離および非電離放射線からの有害な影響から人間と環境を守るための最良の放射線防護を達成すること。

1999年以降、Sebastian Pflugbeilが会長である。他のボードメンバーは、Inge Schmitz-Feuerhake(副会長)、Helga Dieckmann、Edmund LengfelderおよびRoland Wolffである。

ドイツ放射線防護協会の公式ジャーナルとして、同協会主催会議の会議報告書であるオットーハグ放射線研究所レポート[1]などがある。

脚注[編集]

  1. ^ Berichte des Otto Hug Strahleninstituts

外部リンク[編集]