ドイツの国立公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シュヴァルツヴァルト国立公園の一風景
ドイツの国立公園の地図

ドイツの国立公園(ドイツのこくりつこうえん、ドイツ語:Nationalparks in Deutschland)は、国際自然保護連合の国際的に認められたカテゴリーによるカテゴリーIIの保護地域であり、主に大規模な自然および近自然地域と大規模な生態学的プロセス(プロセス保護)を保護するために設置されている。連邦自然保護法(BNatSchG)の24節(2)によると、これらの保護地域は、1つ以上の生態系の生態学的完全性を確保すると同時に、自然、研究、教育、レクリエーションを体験する機会を促進することを目的としている。

現在の状況[編集]

ドイツの国立公園は16か所あり、その総面積は1,050,442ヘクタールになる(2020年10月現在)。しかし、北海バルト海の海域を除くと、208,238ヘクタールしかなく、これはドイツの陸域のわずか0.6%に相当する。対照的に、2017年末のドイツには8,833の自然保護区があり、総面積は2,627,510ヘクタール(排他的経済水域(EEZ)と北海とバルト海の12海里ゾーンを含む)である。これはドイツの面積の6.3%に相当する。[2]

一覧[編集]

ドイツの国立公園をいくつか挙げる(設立年順)。[1][2]

参照項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]