トーレ・カハ・マドリッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Torre Caja Madrid
Torre Caja Madrid (CTBA) 10.jpg
トーレ・カハ・マドリッドの位置(マドリード内)
トーレ・カハ・マドリッド
トーレ・カハ・マドリッド
マドリード内の位置
旧名称 Torre Repsol
概要
用途 オフィス
所在地 Pº de la Castellana 259, CTBA, マドリード, スペイン
座標 北緯40度28分32秒 西経3度41分16秒 / 北緯40.47556度 西経3.68778度 / 40.47556; -3.68778座標: 北緯40度28分32秒 西経3度41分16秒 / 北緯40.47556度 西経3.68778度 / 40.47556; -3.68778
着工 8 October 2004
完成 2008
所有者 カハ・マドリッド
管理運営 Gerens Hill[1]
高さ
屋上 250 m (820 ft)
技術的詳細
階数 45
設計・建設
建築家 ノーマン・フォスター
デベロッパー Repsol YPF
構造技術者 Halvorson and Partners
主要建設者 FCC and Dragados

トーレ・カハ・マドリッド(Torre Caja Madrid)は、スペインマドリードCTBAにある超高層ビル。高さ250mでスペインで最も高いビルである。

概要[編集]

マドリードのCTBA地区(Cuatro Torres Business Area)に2008年に完成した。高さ250m、45階建てで、同じCTBAに同じ年に完成したトーレ・デ・クリスタル(249.5m。設計はシーザー・ペリ)を抜いて、スペインで最も高いビルとなった。CTBA地区は、この2つの超高層ビルの他にトーレ・エスパシオ(236m)、トーレ・サシール・バジェエルモーソ(236m)という4つの超高層ビルが建設された新しいビジネス街である。

設計は、イギリスノーマン・フォスター。当初、レプソル YPFが本社ビルとして計画したため「トーレ・レプソル」という名前であったが、建設中にレプソルは本社を別の場所に建設することを決定、ビルを金融機関の「カハ・マドリッド」に売却したため、現在の名前で完成した。

脚注[編集]