トールシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トールシ
Mixed Pickles (9370-72).jpg
トールシの一例
トールシの概要
フルコース オードブル
主な材料 野菜ニンニク塩水あるいは
テンプレートを表示

トールシ(Tursu、ترشىترشىトルコ語: turşuギリシア語: τουρσίブルガリア語: туршия)は、バルカン半島中東で食べられる酢漬けの野菜(ピクルス)である。語源は、イラン語で「酸っぱい」を意味するtorshである。

アフガニスタン料理イラン料理クルド料理パキスタン料理イラク料理イスラエル料理トルコ料理中近東料理アルバニア料理アルメニア料理ギリシア料理ブルガリア料理マケドニア料理セルビア料理ボスニア料理等では一般的に用いられる。

トルコのトールシ販売店

イランでは、地域の習慣や行事ごとに非常に多くの種類のトールシがある。家庭によっては、トールシがテーブル上にない食事は考えられないところもある。ブルガリア料理では、tsarska turshiya(王のピクルス)とselska turshiya(国のピクルス)に人気がある。伝統的なメゼであり、ラクウーゾチプロラキヤ等の酒とともに供される。トールシ水(turşu suyu)も飲むことができ、トルコでは非常に人気がある。

大きな都市であっても、家庭でのトールシ作りは今でも秋季の伝統として広まっている。レストランで出されたり、出来合いのものをスーパーマーケットで購入することもできる。

作り方[編集]

トールシは、ニンニク唐辛子セロリカリフラワーニンジンテーブルビートエシャロットキャベツナスやその他の野菜と酢に漬けた乾燥ハーブ、塩、黒コショウを含む様々なスパイスショウガ等を材料として作られる。殺菌効果を持たせるために、ペルシャでは酢を多く入れるが、トルコでは塩を多く入れる。

Torshi litehはナスとハーブ(パセリコリアンダーミントタラゴンバジル)から作る。ナスをオーブンで焼いてハーブ、酢とともにガラス瓶に詰め、冷たく乾燥した場所に2-3ヶ月置く。

Tsarska turshiyaはカリフラワー、赤唐辛子、ニンジン、セロリから作る。野菜に塩と砂糖を混ぜて一晩置き、翌日、汁と酢を混ぜて数分煮る。野菜をガラス瓶に詰め、桜の枝と丸い川の石でプレスする。

Selska turshiyaは緑唐辛子、緑トマト、ニンジン、カリフラワー、キャベツ、セロリから作る。野菜を容器に詰めて枝と石でプレスし、塩、酢、水のマリネ液を注ぎ、発酵させる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]