トーマス・フレデリック・チーズマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Thomas Frederick Cheeseman

トーマス・フレデリック・チーズマン(Thomas Frederick Cheeseman、1845年6月8日1923年10月15日)は、イギリス生まれのニュージーランド植物学者である。海棲軟体動物の記載も行った。

略歴[編集]

ヨークシャーキングストン・アポン・ハルに生まれた。8歳で両親とともにニュージーランドに渡った。オークランドのセント・ジョンズ・カレッジで学んだ。ニュージーランドの植物の研究を始め、1872年にワイタケレ地域の植物相に関する研究を発表した。1874年にオークランド研究所の職員となり、設立まもないオークランド博物館の学芸員となった。チーズマンの努力で、博物館の標本は形成され、植物学、農学園芸学、森林学の分野で重要な論文を没するまで、継続して発表続けた。

何度もニュージーランド各地の採集旅行を行った。ネルソン地域、ケルマディックとスリー·キングス諸島、マンゴヌイから北島の最北端まで訪れた。高校時代からの友人アダムス(J.Adams)とともに採集旅行を行い、Senecio adamsiiElytranthe adamsiiの植物に、アダムスの名前を命名した。ポリネシアも訪れ、クック諸島ラロトンガ島植物相に関する論文をロンドン・リンネ協会の会報に発表した。

オークランド博物館の鳥類標本は弟のウィリアム・ジョセフ・チーズマンが捕獲し、妹のエンマ・チーズマンが整理分類した。

Cheesemanは、植物の学名命名者を示す場合にトーマス・フレデリック・チーズマンを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

著作[編集]

参考文献[編集]

  • Cockayne L. 1923. Thomas Frederic Cheeseman, 1846–1923. Transactions of the Royal Society of New Zealand, volume 54, page xvii-xix.
  • Gill, Brian (2012). The owl that fell from the sky: stories of a museum curator. Awa Press. pp. 57–63. ISBN 978-1-877551-13-0.