トーマス・スティーブンソン (毒性学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Thomas Stevenson
Thomasstevensontox.jpg
トーマス・スティーブンソン
A. G. Witherby による風刺画
生誕 1838年
イングランドヨークシャー州レイントン
死没 1908年1月18日
イングランドロンドンストリーサム
居住 Flag of England (bordered).svg イングランド
国籍 Flag of England (bordered).svg イングランド
研究分野 毒性学
研究機関 内務省
ガイ病院
出身校 ロンドン大学
ガイ病院
博士課程
指導教員
スティール
博士課程
指導学生
フレデリック・ホプキンズ
プロジェクト:人物伝

トーマス・スティーブンソン(Thomas Stevenson, 1838年 - 1908年)はイギリス毒性学者法化学者内務省に分析専門家として従事した。また、ピムリコ・ミステリーメイブリック事件ジョージ・チャップマンの事件など、イギリスの有名な多くの毒殺事件では鑑定人として貢献した。

1957年ブラッドフォードのスティールの下で医学生になる。1859年ガイ病院キングス・カレッジ・ロンドン)医学部に入学し、1863年ロンドン大学で医学士号、1864年に医学免許を取得した。学生の間に多くのゴールドメダルを受賞。1864年MRCP1871年FRCPになった。1864年にガイ病院で応用化学の実験講師に就任した後、1870年から1898年まで化学の講師、1878年から1908年まで法医学の講師を歴任した。

現代では、スティーブンソンの名はノーベル生理学・医学賞を受賞したフレデリック・ホプキンズの師として最も知られている。

参考文献[編集]

  • Dictionary of National Biography, Smith, Elder & Co., 1908-1986, 1901-1911, pp. 414-415
  • Brit. Med. J. 1908, 2, pp. 361-362.

外部リンク[編集]